JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4635
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

お忙しい折失礼いたします。 1年半ほど前に中古の物件を購入しその後リフォームを行いました。その際業者の判断によ

解決済みの質問:

お忙しい折失礼いたします。

1年半ほど前に中古の物件を購入しその後リフォ ームを行いました。その際業者の判断により、相談がないまま家の歪みをとったとのことで柱を数センチ持ち上げたとのことでした。そのすぐ2~3ヶ月後すぐに窓の淵から雨漏りがしてきました。業者にその事を相談し一応の処置として壁のひび割れの補修をしてもらいましたが雨漏りは止まりませんでした。業者に対し「歪みを取ったことから生じた可能性はないか?」と確認をしたところ「そのことも考えうる」との回答でした。その回答から私は業者側に問題がありただ単に経年劣化によるものだけではないことを再三確認をしてきました。それから今日に至るまで業者に雨漏りの原因の調査と考えうる補修をお願いしてきましたが効果的な対応はされず、しびれを切らし実際に見積もりをとりその後お互いの負担割合を話し合って示談しようとしたところ我社に一切の責任はないと反応されました。一世一代をかけ開業に踏切り開業当初から雨漏りに対する不安、対応の無さへのいらだちで気がおかしくなりそうです。
相手側に損傷部分の補修と私に対する精神的な慰謝料は支払いを求めることができるものなのでしょうか?法的な観点があるかは存じませんがご助成いただけるとありがたく思います。よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、中古不動産と言うことで、新築と比べ経年劣化等の問題はありますが

リフォームをされたと言うことで、その費用が仮に安価であったとしても

住宅を住宅としての機能をもたせるようにしていなくてはなりません。

それがリフォーム後に雨漏りを生じたとなると、大変な問題と言えます。

雨漏りが、これまで無かったのか、あるいは、今回のリフォームで初めてなったかに

関わらず、雨漏りの場合は、壁の中を雨がどうつたわってきたかによりますが

内部が腐っている場合もあり得ます。それは一度壁などを解体しないと

わかりませんが、そんな大げさなことをするのは不経済と言えますから

債務不履行による解除および損害賠償請求の対象となります。

それほど、雨漏りは大変な状況と言えます。

以前は、認められていませんでしたが、最近ではリフォームも瑕疵担保責任を認めて

損害賠償請求もあり得ます。

いずれにしても、法的な対応になりますので、弁護士の先生に代理交渉して

いただいた方が、業者側になめられずに済むでしょう。

ただ、精神的な問題は、ご相談者様が、今回の件が元で、心療内科等で

うつ病などの診断を受けないと、そのことに対する慰謝料は難しいかもしれません。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.

supertonton様


この度はご回答いただきましてありがとうございます。


先日業者側に実際の外壁補修費用を確認したところ50万前後であることがわかりました。その事を踏まえ業者側、私側に支払いが生じる場合どのくらいの割合が相場となるのでしょうか?


 


全額を業者側が持つべきであるのか、私側にあるのか、50%ずつであるとか、大まかで構いませんので参考までにご教示いただけると助かります。


よろしくお願いいたします。

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

本来は、業者側のミスから生じたことでありますし

もともと、雨漏りがするような不良物件であれば、業者の責任と言えます。

これまでのお話からでは、ご相談者様に一切の過失は無いものと思われます。

そう言う意味では、堂々と全額を請求されて良いと思います。

とは言え、その手の業者は、悪質とまでは言わなくても、こういうご時世ですから

お金を払いたがりません。ご相談者様の親切心を利用して補償割合を

誤魔化そうとするのは大いにあり得ます。

とりあえずは、全額請求して、法的にはそれは問題ないのですが

トラブルを抱えたいと思わないのであれば、ご相談者様の譲歩できる範囲で

譲歩されても良いかもしれません。

50万円程度ですと、専門家が入ると赤字になる可能性も出て来ます。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.

supertonton様


 


ご親切なご対応誠にありがとうございます。


いかにトラブルになろうともこんな時世であるからこそ間違いを犯した方に屈する気はありません。


 


先生のご回答によりたいへん勇気が持てました。


存分に戦って行きたいと思います。ありがとうございました。

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

少しでもお役に立てれば幸いです。

よろしれば評価の方をお願い致します。

また、いつでもお気軽にご相談下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問