JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

母名義の家に私の弟が一人で住んでいます。 20年前まで母と私も住んでいました。 母はまだ健在ですが、母がお金が

解決済みの質問:

母名義の家に私の弟が一人で住んでいます。 20年前まで母と私も住んでいました。

母はまだ健在ですが、母がお金が必要で名義を弟名義にするので、私の分の半分を現金で

用意してほしいと頼みましたが、お金がないとのことです。 そして弟の言い分は長年住んで

いるから名義はどうでもよく、ずっと住む権利があるとのことで、売らしてくれそうにありません。

家賃などは母に渡したこともありません。 私の取り分はどうなるのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 4 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

 

お母様がご自分名義の不動産を息子さんに売却(お金が必要で名義変更するということなので)するということでしょうか?

 

そういうことであればその売却代金がお母様が亡くなった際の相続財産ということになりますので、お母様が亡くなればその1/2を取得する権利がでてきます。

 

ここで注意してほしいのは、お母様の財産を取得できる権利は、お母様が亡くなって初めて発生するということです。

 

ですので、お母様がご健在で自分の資産を処分する際に、ご質問者様が現状で金銭を請求するということは、残念ながら現時点では法律上の権利として認められていないということです。

 

また、弟様が現在家を使っていることに対し、それを許すか否か、無償か有償で住ませるかも現時点ではお母様のご意思次第ということもあります。

質問者: 返答済み 4 年 前.

弟は長年住んでいるので、ずっと住む権利があると主張しているのですが、


法律でそうなっていると言っていました。  母が売却する権利がないと言っているのかよくわかりませんが、 長年住んでいれば売却の権利がなくなるのですか? 以前、居住権がどうのとか言っていました。

専門家:  kanekiyo 返答済み 4 年 前.

弟様のおっしゃっていることに法的な根拠はございませんのでご安心ください。

先にも述べたとおり、お母様が所有者であるかぎりそれをどう使うかはお母様のご意思次第です。

 

弟様とお母様の間で無償で住んでも良いという合意があったのであればいざ知らず、そうでないならお母様が望めば退去を請求することが可能です。

 

そこに住む居住権というものは、そこを借りている(お母様が貸すと約束している)場合に発生するものですので、その合意自体がない場合には主張できるものではありません。

 

※要はお母様が、弟様の居住を認るのか否かで相手の主張が正当かどうかも変わってくるということになります。

kanekiyoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問