JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

私は運送業を営んでおります。 業務内容はA社と契約し、A社の依頼でお客様の荷物を配送します。 請求はA社との

解決済みの質問:

私は運送業を営んでおります。

業務内容はA社と契約し、A社の依頼でお客様の荷物を配送します。
請求はA社との契約に基づき定められた金額を請求します。この時請求する金額は有料道路通行料込の料金である ため、有料道路通行料の請求はしません。A社もお客様に有料道路通行料の請求はしません。

また、A社とお客様の契約で、有料道路使用料金を別精算する場合があります。

A社は私が使った有料道路の領収書を付けて、お客様に運送料金とは別に有料道路使用料金を別に請求します。この場合でも、私には有料道路使用料は支払われません。A社と私との契約は有料道路料金込の料金であるとの理由です。

ご相談したいことは、A社が私の領収書を使って請求し、得た料金は着服したことにならないのか。
又この行為は法律上問題はないのか、お教えください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.
あなたとA社の間の契約と、A社とお客様の間の契約は別個のものですので、一方において料金を有料道路通行料込とし、他方において有料道路通行料は別精算とすることも自由であり、特に違法な行為ではありません。
有料道路通行料込ということはA社から受け取る代金に有料道路通行料が含まれているということですから、A社はあなたに有料道路通行料を支払っていることになりますので、着服ということにはならないですね。
もし同じ条件の仕事で有料道路の使用の有無にかかわらず同じ代金なのであれば、実際には有料道路通行料がかかった件については報酬から有料道路通行料分が減額されているのと同じことですから、疑問を持ったり、納得がいかないとお考えになるのも無理はないと思います。
しかし有料道路通行料込の契約として自ら合意している以上は、現状の方法は違法なものとは言えないのです。
異義を述べたいとすれば、たとえばお客様と別精算の場合はあなたにも別精算するというような契約を結ぶ必要があります。
AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問