JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

mezasesakurasakuに今すぐ質問する

mezasesakurasaku
mezasesakurasaku, 平成25年6月末弁護士登録抹消確定
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 271
経験:  平成25年6月末まで弁護士業務(以降退会)
69318065
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
mezasesakurasakuがオンラインで質問受付中

昨日もアドバイスありがとうございました。 息子には本日謝罪文を書くように申しました。弁護士さんからも書くように言っ

質問者の質問

昨日もアドバイスありがとうございました。
息子には本日謝罪文を書くように申しました。弁護士さんからも書くように言って頂ける。主人の手紙も被害者の方にお渡しいただけ るとのことでした。
息子がどのような謝罪文を書いているか、わかりませんが、弁護士さんにお任せした方がいいですね。
本日ご質問しているのは、先ほど大学の研究室の先生(担任?)よりお電話がありました。
先週から欠席しているが、親御さんはご存じですか?と聞かれました。
知っている、ちょっと体調を崩していると申しますと、本人はいますか?病院に行っておられる?などと質問されて、動揺し、「体調が悪いのと少し事情があって今しばらくは出席出来ない」と言ってしまいました。
入院していると嘘はつけないし、本人の携帯にも電話をかけていただいてるようなので、それにも出ないということを裏付ける話が思いつきませんでした。
先生としてはこのまま休み続けると単位を落とす科目があるとのことで、とりあえずはちゃんとした答えにはなっていないけれど、「親が休んでいることは知っていてずる休みではない、近いうちに出席するつもり」ということを先生方に伝えてほしいとお願いしておきました。

この先どうなるかわからないのに「いついつ出られる予定」とかいえず歯切れが悪かったので何か疑われたかもしれません。
逮捕されたことがばれることはないと思いますが、復帰したときのことも少しは考えて起きたいのが親心でしょうか。
病院にいって精神的な病気(パニック障害や適応障害)などの病名をつけてもらうことは可能なのでしょうか?
すみません、本当はもっと反省すべきところだと思うのですが、こういうことも気になり始めると何も手につかなくなるのでお伺いしております。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

いえいえ、とんでもないです。

息子さんが謝罪文を書く心境になっているということでひとまずは安心ですね。

 

謝罪文の内容は、弁護士に任せて安心ですから、大丈夫ですよ。

ご安心を。

 

 

うーん、病院に行ってなっていない病気の病名をつけてもらう、もしくは診断書をもらう、ということは、できないですね…

 

ただ、「ここだけの話なんですけど、息子の名誉の問題もありますので…その、言いにくいんですが…その、精神的にちょっと…なので、いついけるかはっきりしたことがわからないんです…」といった感じでにごして、(言葉は悪いかもしれませんが)ごまかしてしまってはいかがですか?

 

つまり、本人に非常にショックなつらいことがあり(この問題は先生でも申し上げられない) 、それを引き金にして、精神状態がよくなく、とても大学にいけるような状況ではない、けれど、現時点では病院には行っていない、今後様子をしっかり見てから対処したい、といった方向で説明してしまえばいかがでしょうか?

決して嘘ではないですし、親としては、本当のことを言うべき義務も別にないですからね。

(さらに言うなら別に嘘をついてもまったく問題ないですし。)

 

そうすれば、調子が悪くても病院に行っていなくても不自然ではなく、かつ、電話がかかってきたときもなんだか歯切れの悪いことを言ってしまってもおかしくないかと思いますよ。

 

 

親がお子さんが復帰した後、社会によりスムーズに戻ることができるよう、配慮してあげようと思うのは当然のこと、親の愛と優しさですから、お気になさらず。

高校や中学ではなく大学ですので、上のような対応で、十分対処できるはずですから、そんなに心配しなくてよいですよ。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答頂いていたのに返答が遅くなり誠に申し訳ありません。


先日は私の身勝手なご相談(息子の審判後についての悩み)にもご丁寧に、またご親切にご回答頂き感謝しております。


その後、弁護士、家裁の調査官とお会いしました。


お二人ともに同じことをおっしゃっておりました。


息子は口では反省しているように言っているが、真の反省にはまだほど遠い。なぜ盗撮がいけないか、なぜ幼児だとさらにいけないか、真意がわかっていない。とおっしゃいました。


もうすぐ20歳になるような年なのだから、自分でそのことに気づかなければならない。とおっしゃっていました。


真の反省を促すためには何をしたらいいのか?悩ましいですが、調査官は「一人で考えさせてください」とあまり頻繁な面談をしないように、言われてしまいました。

私ども夫婦としては、社会復帰した際には小さい女の子から息子を遮断、遠ざけること。ネットの世界からは離れることを強制して行かなければと考えます。調査官も同意見でした。


 


本人の真の反省が見えなければ少年院かもしれません。


この先、審判までの2週間たらず、どのように過ごせばよいか、悩んでおります。


なにかアドバイスを頂ければ幸いです。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

いえいえ、とんでもないです。

 

法的なお答えはできないのですが、ちょっと私の経験談もふまえて、お話させてくださいね。

 

裁判官も調査官もそういうということは…あなたがご心配されているように、現時点はかなりきびしいということです。

たいていの場合、捕まると、自分がしたことが悪いことであると自省するのですが、そこまで深い自省を実は求めていないのです。

自省というのを他人がはかることは難しく、深い自省を求めると、みんな少年院にはいってもらわなくていけなくなってしまいますからね。

というわけですから、そのような前提でも、裁判官も調査官も同じように言うということは…厳しい評価です。

 

どうやって反省をさせればいいのか、これは、もう残念ながら、きっかけはあたえられていて、あとは本人にまかせるしかないです。

これは、効果があるかどうかはわかりませんが、とある少年が、私に、「父親が自分のことで泣いた、自分が本当に悪いことをしたのだと分かった。」と言っていたことがあります。

…盗撮というのは、あなたがおっしゃるとおり、性癖の問題もありまして、他の非行は親の関心をひくために行うものが多く、父が泣くことで本当に反省することになったケースは親の関心をひくための非行の場合でしたから、必ずしも役に立つというわけでもないとは思います。

けれどためす価値はあるかと。

 

調査官は教育のプロ(先生だった人や心理学を専攻した人など)ですから、

調査官が言うならあなたが頻繁に言って息子さんに会うことで反省を促すことは逆効果なのだと思います。

 

ご主人、お仕事で忙しくてこれまで息子さんをかまってやれなかったといったことはありませんか?

もしそうであるなら、一度、お仕事をなんとかして休んででも、面会に行って、腹をわって話すなり、泣いて説教をするなり、することで、光が見えるかもしれません。

質問者: 返答済み 4 年 前.

早速ご回答いただきありがとうございます。



意見が一致しているのは裁判官と調査官でなく、弁護士と調査官です。たぶん書き間違いだとは思いますが。。


 


調査官と会ったのは本日ですが、最初はとても心証を悪くみられていたようで、「どうして二度同じ罪を犯すのか、親としてどうですか?」ときつく言われました。が、最後には「これだけ子供のことを考えてる親はそんなにいない。」と言っていただき、警察の取り調べの記録(両親について述べている箇所)なども見せていただきました。


 


主人としては、そんなに悪い印象で終わったわけではない。と申しております。


 


また鑑別所の担当心理官とも主人は面会してきましたが、本人に関しては「考え方が堅く、視野がせまいようだ。ストレスを受けた時の発散の仕方が下手だった」「対人関係を広げていってはどうか?」と好意的なお話をいただきました。


 


もちろん厳しい結果になるやもしれませんが、本人の自覚をとにかく待つしかありませんね。


 


主人も本人にはもう2度ほど会っております。


息子曰く甘い親だったようで、猛省しております。


もちろん私よりも息子への愛情がなにより深いです。


ただ、自分(主人)は母親だけで育ったので父親のイメージを描きにくいようです。理解ある優しい父親を目指していたのでしょう。


しかし、それが今回裏目に出たということで大変落ち込み、なんとか息子を更正させようとがんばっております。


そのことが息子に届けばいいのですが・・・


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


関係


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

すみません、おもいっきり読み間違えておりました、弁護士さんと調査官ですね、私のミスで不必要な心配をさせてしまいました。

先ほどの内容は忘れて下さい。

 

教育のプロである調査官があなたがよい親であると認めてくれたのであれば、

かなり安心ですよ。

調査官は鑑別所の担当者からの調書等もふまえて、最終的に、裁判官に意見を行います。

この意見がとても重要なのですが、その意見書というのは、どのような親なのか本当にその子を親にまかせてよいのか、そのようなことを考慮した上、このような処遇がいいのではないかという意見を行うものです。

ですから、あなたが親として立派である、そしてご主人も悪い印象をあたえていないということは、息子さんにとってかなりいい方向で意見書が書かれることになると予想されるからです。

 

それに、そのような事情でしたら、きっと、今回こそは、ご主人の気持ちも伝わるのではないでしょうか。

あなたとご主人のお子さんですよ、そこまで、鈍くないですよ、きっと。

 

そして、そういうご事情でしたら、あとは息子さんを信じるしかないですね。

 

質問者: 返答済み 4 年 前.

読み間違えておられたとのことで少し安心いたしました。


もちろん、だからといって審判はどうか、本人の反省が進むかという問題は別なのでしっかりと状況を見守り、息子とも接していきたいと思います。また審判までに色々お聞きするかもしれません。


なにとぞよろしくお願いいたします。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

 

おつらい状況ですのに、私のそそっかしいミスでお気持ち乱してしまって、本当にすみません。

 

はい、そうされてください。

 

審判まであと2週間、これまでのやりとりから心配はしていませんが、がんばってくださいね。

調査官が言ったように、私もあなたは息子さんのことをすごくかんがえていらっしゃる素敵なお母様だと思います。

 

何かありましたら、もちろん、聞いて下さい。

弁護士がついていても、夜分ですと電話したりもできませんしね。

mezasesakurasaku, 平成25年6月末弁護士登録抹消確定
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 271
経験: 平成25年6月末まで弁護士業務(以降退会)
mezasesakurasakuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

ひとつひとつ解決しても決して拭えない不安な日々が続きます。


昨日は調査官と弁護士の面談でした。



主人が電話で面談の様子を聞いてくれました。


 


主人のメールより、、


 


「基本的に息子がどれだけ被害者の事を思いやれるかがポイントになるみたいです。調査官は年齢から考えて成人と同じように考えておられ、更正まで数年かかると見られているようです。


ただ、だからといって施設送りかどうかはまだ決まっておらず、これからの息子の反省次第のようです。」


 


弁護士も始めは「保護観察」が妥当だと思う。とおっしゃっておられましたが、なかなか反省の度合いが進まないのか、調査官よりの意見になっているようです。


 


もちろん、反省が足りないと思っているのは私や主人も同じですが、面会もままならず、もんもんと一週間を過ごすのがとてつもなく苦しいです。


 


何か訴えたい。私の気持ちを聞いてほしい。


そう思っても主人は「調査官が審判で一番力を持っている」「調査官が一人で考えさせろ」と言っているのに、面会に行ったら心証が悪くなる。それが怖い。というのです。


 


私は昔から「やらないで後悔する」のが一番嫌いな性格です。


手紙ならいいのでは?と主人がいうのでとりあえず手紙を書こうと思いますが、どう書いたら息子が気がついてくれるのか。。


 


自分から気付く(更正)するのは何年もかかると言われているのに、一週間でどうやって気付かせればいいのか。。


 


心理学を勉強していれば多少はわかるのでしょうか。。


 


息子のことを一番わかっているのは私なのに、、という思いでいっぱいです。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

こんばんは。

 

ご主人のおっしゃることは確かにそうですね、もちろん心証が悪くなるとまではいかないでしょうが、調査官の意見が一番審判に影響を与えるのは確かです。

裁判官(もちろん弁護士もですが)は法律の専門家ですからね。

 

ぜひ、手紙にしてください。

手紙でしたら問題ないですよ。

調査官はあまり「会い」に行くなと言っているのですから。

 

 

更生に数年かかるといっても、審判で、施設にいくか、保護観察となるかは、「更生できているか」ではないですよ。

 

施設にいかないと更生できないのか、それとも、いかなくても更生できそうなのか、つまり、反省の芽吹きとでもいうのでしょうか、それを感じることができるかどうかなのです。

 

息子さんのことをこの世で一番知っているのは、あなたがおっしゃるとおり、あなたです、きっと息子さんは自分でも自分のことがよくわからない状況(たいていの人間というのは自分のことはわからないものだとは思いますが…)だと思います、

そして、1週間でできるだけのことをする、今はそれしかありませんよ。

質問者: 返答済み 4 年 前.

すみません。


先生の個人のページから質問を新たにしようとしたら文字が多すぎて入りませんでした。次の質問からは別のスレッドからにさせて頂きますが、今回だけこちらから質問させて頂いてかまいませんでしょうか?


先週は息子に一度も面会に行っておりません。


手紙を書きましたが、やはり不安です。


本日、付添人弁護士さんが息子に会いにいってくれます。


そのときに、被害者の方への謝罪文(2度目)をチェックして頂く、さらに深く反省を促す、処分後にカウンセリングなどを用意している、見た目にも反省が伝わるように髪を切ることを勧めて頂く、など


お願いしております。


しかし、ネットなどで「性依存」を調べると、なかなか反省しなさいといっても難しい局面も見えてきます。


性依存の人にとっては、息子の場合だと、息子が盗撮している瞬間というのは、罪の意識は薄く、ストレスから逃げるためにはそういう方法で自分を解放している。


これは、全てを失って「底付き」の状態にならないと治らない、そこから更正や治療が始まると。


専門家でも治療は難しく、カウンセリングよりも同じ悩みを持つ人の集まりに参加して、自分の事をさらけ出すのが良いとする意見も多くありました。


何にしろ、少年院に入るより、自分たちで考え、治していきたいのですが、なにしろ時間がありません。


主人は更正計画を必死で考えております。私は審判で今後どうしたいか?どうしたら息子が更正するか、どう言ったら息子をこの手にできるか、そればかり考えております。


ただの愚痴のようになってしまいました。


こんな依存症は少年院でなおるのでしょうか?私にはそうは思えません。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


付き


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


度目


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

 

端的に申し上げますと、あなたがお考えのとおり、少年院で治るとは限りませんよ。

もし、少年院に行けば治るのであれば、お子さんのことをこころから考えているあなたに対して、私は、少年院に行ったら治るからそれがお子さんのためです!と言います。

前歴よりなにより、このようなことを今後しないで、人生を生きていくことこそが、息子さんのためなのですから。

そして、もし、少年院に行けば更生できるのであれば、保護観察なんて処分はすべてなくして、みな少年院に入れますよ、なぜならば、少年法は、「少年に罰を与えるためのものではなく少年を保護するためのもの」なのですから。

ですから、社会的に考えても、決して、 少年院にいけば大丈夫というわけではないのです。

 

ただ、少年院では、性犯罪専門の更生プログラムも用意されていまして、そこでは、専門家によるカウンセリングだけでなく、グループでの話合いもします。

グループでの話合いというのは、自分のことを、円になって座って、順番に話していく(ある意味それだけ)のですが、近年、統計の結果を分析したところ、「依存症に効果」があり、「再犯防止」つまり更生に役立つと言われるようになりました。

覚せい剤や麻薬、酒といったものへの依存症は、そういった公の施設だけでなく、市民グループ(NPO法人など)が、そういう機会を提供してくれることがあります。

ただ…盗撮等の依存は、薬物系よりもあたらしく認識されるようになったものですから、そのような機会が少ないかもしれません…

けれど、統計的に効果があるのは確かですから、ひとまずそういうところを探して、ためしてみるというのは手ですね。

 

旦那さまもあなたも、必死になって、お子さんのための計画をたてようとされているのですから、少年院ではなく、家で、旦那様とあなたの目がすぐ届くところにいるほうが、更生できる、私としては、そう確信しています。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3395
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3395
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    444
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee さんのアバター

    srlee

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    43
    早稲田大学卒業。1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    27
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    1629
    東京司法書士会所属
 
 
 

法律 についての関連する質問