JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

初めまして。自分では解決することが出来ず、専門家の方々にご意見等含め、解決策を見出して戴きたく質問いたします。 以

質問者の質問

初めまし て。自分では解決することが出来ず、専門家の方々にご意見等含め、解決策を見出して戴きたく質問いたします。
以前お付き合いをした方と半年間ほど同棲していました。同棲前から飼っていた犬も一緒に同棲生活を始めたのですが、彼とはお別れすることになりました。その為、犬も連れて同棲していた家を出て行ったのですが、その当時は犬を飼える家がなかった為、自分の父に少しの間面倒をみてもらたいとお願いし、預けていました。数日後、犬は以前お付き合いをした彼のところにいると知らされました。
お付き合いをしていた彼に犬を返してほしと言ったのですが、返してもらえませんでした。現在は犬をちゃんと育てられる家もあり、環境は整っています。その犬は自分の実家から連れてきた犬で、自分にとっても家族にとっても大切な犬です。
どうしたら、犬を取り戻せますか?
彼はプロの格闘家なので、頭に血がのぼると力ずくで抑えることもあり、同棲期間はとても恐い経験もありました。犬に危害をくわえるなどは、起こりえないと願いたいのですが、何をするか判らないそんな彼のもとに、10年もの長い間可愛がっていた犬を置いておくのは、とても不安があります。
どのようにしたら、犬は返ってきますか?法律で解決する方法はございますか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

こんにちは、1点大事なことがあるので確認させてください。

>自分の父に少しの間面倒をみてもらたいとお願いし、預けていました。数日後、犬は以前お付き合いをした彼のところにいると知らされました。

とあるのですが、なぜ、お父様に預けていたところから、元彼のもとに犬が渡ってしまったのでしょうか。
ここのやりとりによって、犬の所有権の所在が変わってきます。
質問者: 返答済み 4 年 前.

数日後に私が聞いた話では、彼とはいわば喧嘩別れのようだったので、彼は父に、犬を引き取りにきたと言い、父には何も言わずに犬を預けていたので、そのまま渡したようです。

質問者: 返答済み 4 年 前.

数日後に私が聞いた話では、彼とはいわば喧嘩別れのようだったので、彼は父に、犬を引き取りにきたと言い、父には何も言わずに犬を預けていたので、そのまま渡したようです。

質問者: 返答済み 4 年 前.

数日後に私が聞いた話では、彼とはいわば喧嘩別れのようだったので、彼は父に、犬を引き取りにきたと言い、父には何も言わずに犬を預けていたので、そのまま渡したようです。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
なるほど。

まず、犬の所有権(動物に所有権という言葉は冷たいようですが、法律上そうなっているのでご容赦ください。)は、質問者様にあったわけです。

これはどんな経緯があろうと、基本的には失うものではありません。
お父様が彼に犬を渡してしまったとはいえ、それは所有権そのものを渡したのではありません。所有者でもないお父様が、犬の所有権を譲渡できるはずがないですよね。

というわけで、質問者様が犬の所有者なのです。
ですから、質問者様は彼に犬を返還するよう求めることが可能です。


では、その返還請求をどうするかですが、
まずはご自分で犬を返すよう連絡するのが手っ取り早いです。
ここで勝手に犬を連れ帰ってしまうと、形式上は窃盗罪が成立してしまいます(所有者でも成立するんです。)。
彼が返還に応じない場合には、訴訟です。
ただ、訴訟となると、ストレスもかかり、時間も長くかかりますから、まずは彼との直接交渉で話をまとめるのがいいです。
彼が怖いということであれば、第三者の目があるところで話し合うなどしてください。

法律 についての関連する質問