JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4761
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

はじめまして。 夫のことでご相談があり、質問させていただきます。 先日我が家に大手銀行のカードローンについての督

質問者の質問

はじめまして。
夫のことでご相談があり、質問させ ていただきます。
先日我が家に大手銀行のカードローンについての督促状が届きました。
返済遅延のため、遅延損害金を振り込んでください、という内容でした。

本人にそのことを聞くと、草野球のチームメイトにだまされて借金をしてしまった、
というのです。
今、その人は別件で警察に拘留されているらしく、本人とは連絡がつきません。

どんな経緯があったにせよ、夫が契約した借金なので、返済の義務が夫にあるのは
わかっているのですが、どうにかしてそのお金を返してもらう手立てはないでしょうか。
その人の奥さんや親御さんとは、近々話し合いの場を設けるようです。

今回夫を含めてわかっているだけでも4人の被害者がおり、
夫の被害額だけで、430万円という金額です。
私たち夫婦にもまだ小さい子どもがいて、去年家を購入したばかりで、
とても困っています。

具体的に何から始めればいいか、お教え願えませんでしょうか。
よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お困りのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、ご不明な点は多数ありますが、わかる範囲でアドバイスできればと思います。

まず、どのような内容・目的の借金かわかりませんが

何か、草野球のチームメイトに投資するような話なのでしょうか?

別件でその方が警察に拘留されていると言うことですが

どのような犯罪を犯したのでしょうか。仮に刑事告訴されて有罪となると

借金の返済自体が絶望的になることもあります。

何人も被害者がいるとなると、何らかの組織的な詐欺でしょうか。

いずれにしても、借金としての契約書が無いのでしょうか?

契約書が無い場合は、早々に作成すべきです。

返済方法を、公正証書で金銭消費貸借契約書にするべきです。

公正証書にすれば未払いの場合、強制執行が可能です。

また、本来は、加害者のご親族が立て替えて借金を支払うことは必要ありませんが

身内から犯罪者を出すと言うのは問題ですから、ご親族と示談をされるでも良いと思います。

立て替えないなら、詐欺罪で刑事告訴すると主張されても良いでしょう。

いずれにしても、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生に立ち会ってもらっての

話し合いが良いでしょう。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.

こんにちは。


わかりやすい回答、ありがとうございました。


こちらの説明不足で、ご不明の点多々あったと思います。


すみません。


さらに何点か質問させてください。


 


別件で拘留という件については、


警察には理由を教えてもらえなかったそうで、


親族の方もわからないようです。


 


借金に至る経緯ですが、相手が大手銀行の銀行員で(名刺あり)、


自分に融資してほしい。仕事の実績が必要、などと言われ


最初は断っていたそうです。


それが、些細なことでチームメートがその人に借りを作ってしまい、


チームメートに頼み込まれて、その銀行のカードローンを


利用した、と言うようなことらしいんです(チームメートは審査に通らなかったので、代わりに頼む、と)。


チームメート氏いわく「責任は俺が取るから、俺からも頼む」


こんな言葉を信用した夫もどうかとは思うのですが、


この口約束を元に、チームメートを訴えることはできるのでしょうか?


もし、相手の親族と示談交渉がまとまらなかった場合、


最悪そのチームメートに責任を取らせる、と夫は言っているのですが。


 


 


そして借用書は作成していないと思うのですが、


相手方が拘留されていて、連絡の取れない状況でも


作ることはできるのでしょうか?


 


相手の親族と話し合いをする場合、


やはり行政書士や弁護士の先生に同席していただくほうがいいのですね。


どちらにせよ、相手の誠意を信じるしかないのでしょうが、


悪く言えば、ないところからは取れない、


と言うことになりますよね。


 


私としては、そのお金さえ返ってきたらいいので、


その可能性が少しでも上がるように、と思っています。


 


不安と動揺で、またよくわからない文章になってしまいましたが、


ご返答お待ちしております。


よろしくお願いいたします。


 


 


 

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

この手の詐欺まがいの案件は、やはり、全くの他人であれば怪しいと引っかかることは

無いのですが、友人などからのご紹介やご依頼だと、どうしても敷居が低くなり

騙された形になることも多いようです。あまり、ご主人様を責めない方が良いでしょう。

また、相手方も銀行員となると、会社の金の横領などが考えられます。

横領の場合も、たいていは会社と示談することで不起訴はあり得ます。

とりあえず、お金がどこにあるかです。

相手方の銀行口座等にあれば、返還請求はやり易いと思いますが

あまりにお金を横領しすぎて、それも既に無い場合が、自己破産などされると

怖いですね。

ポイントはやはり、相手のご親族からの返済にかけるしかありません。

会社よりも、個人の迷惑を優先していただくようにお願いすることです。

会社の方は、ある程度のお金が横領されても雑損で何とかなりますが

個人は何ともなりません。

そこを強調していただくことです。

そうですね。やはり専門家を同席させた方が安全でしょう。

相手が返済する約束をされても、ご親族様に連帯保証人になっていただくのは

仕方が無いことです。

当日は録音や記録はされて下さい。

大変でしょうが、頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


親身にお教えいただき、ありがとうございます。


とにかく動き出すしかないですので、頑張ります。


 


今夫から聞いたところ、相手の親族が弁護士を立てており


弁護士を通して話をする用意があるようです。


 


急にまた、ファイトがしぼんでいくような・・・。


 


そして、野球チームの4人が被害者なのですが、


この場合連盟で弁護士の先生にお願いするのがいいのか、


夫が単独で依頼したほうがいいのか、


結論が出せずにいます。


更なる質問で申し訳ありませんが、


お知恵を貸していただけませんでしょうか。


よろしくお願いします。

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

問題が問題だけに、相手が弁護士の先生をつけるのは仕方が無いかもしれません。

そうなると、弁護士の先生にご相談者様側もいずれはお願いするとしても

第1回目の話し合いはご相談者様達だけで様子見で良いかもしれません。

何らかの提案がされるはずですから、その場では、録音等して

絶対に返事はしないことです。一度持ち帰らせてもらって

再度、協議するように提案して下さい。

その場合、相手の弁護士の先生が手ごわそうだと、弁護士の先生にご依頼するか

民事調停で、裁判所で調停委員に判断してもらうか考えるべきです。

弁護士の先生にご依頼する場合は、複数の被害者がいる場合は、利益相反の問題が

あるので、本筋は、別々の弁護士の先生が良いと言うのはありますが

それでは、不経済で面倒でもあります。

つまり、利益相反、具体的には、返還額が少ない時に、誰かが得をしたりで

不公平が生じるかもしれないことを理解した上で、一人の先生に共同で

お願いすることは可能です。そちらが一般的です。

とにかく、初回の協議は様子見で構いません。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.


おはようございます。


初回は様子見でいいということで、とりあえず相手の親族との協議の機会を


早急に設けてもらうようにしたいとおもいます。


 


今回相談に乗っていただいたことで、ポイントを抑えるこができたと思います。これを元に、弁護士さんに相談に行こうと思います。


 


ありがとうございました。

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

少しでもお役に立てて幸いです。

また、いつでもお気軽にご相談下さい。

法律 についての関連する質問