JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
mezasesakurasakuに今すぐ質問する
mezasesakurasaku
mezasesakurasaku, 平成25年6月末弁護士登録抹消確定
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 271
経験:  平成25年6月末まで弁護士業務(以降退会)
69318065
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
mezasesakurasakuがオンラインで質問受付中

55歳の男性。最近、脳血管の病気になりましたが、治りました。ただ、将来、脳血管の出血などで、意識が戻らず、植物状態に

解決済みの質問:

55歳の男性。最近、脳血管の病気になりましたが、治りました。ただ、将来、脳血管の出血などで、意識が戻らず、植物状態になってしまった時は、延命治療をしないで、死なせて欲しいと思います。遺言書のように、そういう意思をはっきり書面などに残したいと思います。どの様な方法がよいでしょうか?また、書面などを作成しておけば、医師は従ってくれますか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

はじめまして、弁護士をしております。

 

そういうことでしたら、いわゆるリビングウィルというものを作成しておくというのはいががでしょうか。

http://www.songenshi-kyokai.com/songenshi%20towa.html

このような感じですが、ようは、あなたの意思お気持ちがしっかり書かれていれば問題ありません。

 

なお、できれば、延命治療にもいろいろありますので、一言で延命治療と書くよりも、特にこのような延命治療は絶対にやめてほしい、といったことを書くほうが望ましいです。

 

なお、できれば、あなたの意思をくんで、あなたがそのような状況になった場合に、医師にあなたの作成した書面を見せて話をしてくれる人を、代理人とし、その人にも、書面に一緒に署名押印等をしてもらうのが望ましいですね。

 

 

そして、医師が従うかの話なのですが、これは、ケースバイケースとしかいいようがないのですが、基本的に、治療の内容を決定するのは医師であること、そして、場合によって「殺人罪」にとわれてしまうことから、従ってはくれない、とお考えになったほうがいいかと思います。

 

つまり、延命治療を中止して患者が死亡すると、基本的には殺人罪が成立してしまい、

本人に激しい痛みがあり治療より死なせてあげたほうがましであり、かつ、今後回復の見込みがなく、さらに、本人がそれを望んでいるという限定的なケースのみ、殺人罪が成立しないということになるのです。

患者さんの意思をくんであげたいとは思っても、殺人罪にとわれるかもしれない状況で、普通が患者さんのリビングウィルに従ってくれるかと言うと、答えはNOだと思います。

 

ですので、先ほど書きましたように、できるだけ、延命治療の種類も書くことによって、できるだけあなたの意思が医者に伝わるようにしたほうがいいのでは、と考えます。

 

 

ひとまず回答は以上なのですが、不明な点等は、返信機能をご利用くださいね。

mezasesakurasakuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問