JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

一年半前に協議離婚しました際、息子の学資保険の満期金だけは頂く約束をメール上でしましたが、今年満期を迎えた際、何も連

解決済みの質問:

一年半前に協議離婚しました際、息子の学資保険の満期金だけは頂く約束をメール上でしましたが、今年満期を迎えた際、何も連絡が無いので、メール、電話で度々連絡していた所、やっと先週連絡が取れました。
ところが、約束 した学資保険の満期金を自己都合の借金の返済に充ててしまったとの事でした。
元夫は専門職であり、ある顧問先の事件を機会に働かなくなり、DVとあまりのお金の使い方で私と息子は実家に身を寄せました。
恐ろしくて、離婚時の取り決めも何も無く、私が調停を起こすとメールで話したところ協議の離婚に応じ、学資保険だけは渡すという約束は、その時も現在(先週)も、変わらず、責任を取ると言っていますが、何も具体的にしてくれません、取り返せるでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 4 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

 

学資保険も離婚時の財産分与の対象になりますので、それを奥様へ分与するという合意があったのなら法律上は、満期金の返金を請求することが可能です。

 

ただし、相手方が任意に支払わない場合、訴訟をして取り返すほか方法はございません。

ご質問にあるメールも証拠の1つになりますので、実際に専門家にご相談する価値はあろうかと存じます。

 

相談先ですが、ご利用できるのであれば(高所得者は利用できません)法テラスという機関を利用して専門家にご相談するのがよろしいかと存じます。

 

この機関を通して専門家に依頼すると、専門家への費用を立て替えてくれますので(1万/月の後払いでOK)、費用面でメリットが大きかろうと存じます。

 

ご相談は御予約制ですのでまずは一度お電話でご連絡されることをおすすめします。

 

【法テラス】

http://www.houterasu.or.jp/tokyo/

質問者: 返答済み 4 年 前.


法テラスへは女性センターの紹介で行きましたが、私の預金の額では応じてもらえませんでした。


まして、財産分与で、私の預金半分を持って行かれるといわれました。そうなると、学資保険の満期金をもらうより、大幅に損をします。


私も、コツコツ元夫が収入のあるときは貯金をしてきたわけで、(それでも脅されて、ずいぶん元夫の口座に振り込まされました)それすら、とられるなんて本当に酷い話だと思い、専門家への報酬もかかるわけだし、誰にも相談できないと当初思いました。


可能性があるかどうかわかれば、良心的に相談に乗ってくださる専門家の方を探して、具体的な方法を聞き、元夫から約束した学資保険を全額取り返すべく訴訟を起こしたいですが。


可能性があるか?私の預金も取られるのか?メールのやり取りの内容や、本人の電話応答は必ず払うから、時間をくれの一点張りですが、具体的にどうしていけばよいのか?


法律事務所に相談してくださいの回答であれば、ふり出しに戻るだけだと思います。

専門家:  kanekiyo 返答済み 4 年 前.

直接的な証拠(合意文書)がないので、その他の間接的な証拠を集めていけば訴訟して回収できる可能性はあります。

メールのみならず、電話の会話を録音しておくなども現時点で集められる有効な証拠です。

 

現時点で全ての財産について分与の話し合いができていないので、本来であれば互いにすべての資産を開示して話し合いをすべきなのですが、そうしてしまうとご質問者様の預金もその対象となってしまいます。

ただし、その預金を存在明らかにし、財産分与の対象にしたいのであれば、相手方はそれを立証しなければなりません。

※この辺は、お互いに自分の主張したいことは自分で立証しなければならないということです。

 

ですので、相手方がそれを立証(預金を存在を証明)できないのであれば、そんなものは無いと否認しておけば相手方に預金をとられることはございません。

 

先にものべたとおり、相手方が支払いを拒むのであれば、訴訟しかありません。そのためにもこちらに有利になる証拠をいかに集めておけるかが重要になります。

支払を約束する会話等取れれば、実際に弁護士さんに依頼して訴訟してみては如何かと存じます。

kanekiyoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問