JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4636
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

結婚前に 現在勤めている先で、正社員にまるための資格を取るチャンスがあったようだが、本人の意思により結婚生活に支障を

解決済みの質問:

結婚前に 現在勤めている先で、正社員にまるための資格を取るチャンスがあ ったようだが、本人の意思により結婚生活に支障をきたさないようにと資格を取りことを断念した。もし、正社員になっていたら給与がよくなったとのこと、正社員になる資格を取ることについて反対はしておらず、本人が自分で考えて決めたことである。
離婚が決まったが、財産分与の他に上記の理由により慰謝料を求めてきた。給与がどのくらい変わるのかは聞かされていないが、相手の弁護士は、50万から100万くらいは慰謝料が取れると判断したらしいが、詳細は不明です。この場合慰謝料は発生するのか?
するとしたらどのくらいになるのか?
また、調停員を頼むとしたら、どこへ行けばいいのか? また、費用はどのくらいかかるのか?
財産分与は、60万くらいとみているようだが、慰謝料を100万弱とみているようだが、納得はできない。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お悩みのことと思います、

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、奥様は、機会費用のことを言っているのだと思います。

結婚して会社を辞めなければ得られたであろう利益の請求だと思いますが

当然、その請求が可能な場合もございますが

一般的には、ご相談者様に離婚の非があり、離婚までの期間が短い時に

考えられるものです。

例えば、結婚して3か月で、ご主人様の浮気が発覚などです。

今回は、何らその手の離婚理由の情報がないので難しいところですが

ご相談者様に有責性がなく、婚姻期間が長ければ、そのような請求はおかしいとも

言えます。

また、離婚理由など、財産分与や慰謝料等は総合的に考えるものですから

50万~100万円の慰謝料の中身はわかりませんが

話し合いが出来ないとなれば家庭裁判所の調停を申立てることになります。

家庭裁判所の調停の費用は数千円で弁護士の先生にご依頼する必要もありません。

お仕事などで代理交渉が必要であれば、弁護士の先生しか代理交渉はできません。

家庭裁判所の管轄は、相手方(ここでは奥様)の住所が管轄です。

奥様が実家などに帰って住所変更していると面倒かもしれません。

調停委員に納得できない理由を示して対抗すれば良いでしょう。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問