JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

25才の娘の事です。20才の時から彫師になりたくて5年間見習いとして無給でアルバイトをしながら頑張ってきました。

解決済みの質問:

25才の娘の事です。20才の時から彫師になりた くて5年間 見習い として 無給 で アルバイト をしながら頑張ってきました。 3年間は足利のスタジオで無給見習いで今回現在のスタジオに入り2年間は見習いで無給で頑張っていました。そして今年の1月にプロとして認められてデビューしました。 その間はスタジオに来た飛び込みのお客様と自分で営業して指名で来たお客様から頂いたお金を半分師匠に渡し残りのお金で一ヶ月10万くらいは手元に残ったので ギリギリの状態で頑張っていましたが、今年の3月に 体調 無 不良 で一週間お休みをいただきました。また月の 家賃 が6万円なのでお 給料 面でも辛い事があり 今まで週6勤務を週5 勤務 に変更して残りの休みの2日間はバイトをしながらスタジオで働きたいことを師匠に申し出たら『ほかのプロとは少し違う感じになるかもしれないけどね・・』と言われましたが、何が違う感じになるのかもわからないまま、体調が戻りスタジオにいったところ、娘が使用していた個人の机もなくなっていて、娘の私物もみんな片付けられて下げられていました。娘は1日ほかのプロより休みを多く申し出た自分が悪いと頑張っていましたが3月中旬頃から4月に入っても飛び込みのお客様を一件も回してもらえなくなり4月はお給料は ゼロ でした。師匠が周りのスタッフに娘には御客様を回さない様に支持していたみたいで、これではまったく娘としてはやっていけないので師匠の奥さんにスタジオを辞める事を娘が告げましたら、 師匠 の奥さんから『今後は彫師としてやって行くことは認めません!!』みたいな返事が返ってきました。私としては娘に対しての イジメ とか 嫌がらせ としか思えません。奥さんの言うとおり、今後は彫師としてはやれないのでしょうか?こういうケースはどうしたら良いのでしょうか?

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

娘さんですが、雇われていたのでしょうか。
雇用契約書など作成していますか?
質問者: 返答済み 4 年 前.


ありがとうございます。


 


いえ雇用契約書などは作成しておりません。


 


ただ今年からプロなので確定申告が必要だから仕事に使った領収書などはとっておいて来年3月に自己申告しなさいと言われました。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
難しいケースですね。

雇用契約書がなく確定申告をするように言われたということで、
雇用ではなく委任とも言えます。
そうすると、自由に解除(解雇とだいたい同じです。)できますから、今回の件を争うことはとても難しいです。

ただ、実態として雇用と言えれば(その判断は裁判をしないとわかりません。)、
解雇の不当性を争える余地は出てきます。

つまり、本件をどうにか解決しようとするならば、裁判手続の利用が必要になってくるでしょう。


ただ、労働問題とは別にして、いじめだけをとらえるのであれば、
それは一般民事の問題なので、損害賠償請求をすることが可能です。

娘さんが今回の解決方法として何を望むのかが大事です。
元の職場に戻りたいのか(その場合には、裁判等が必要)、お金をもらって妥協するのかなどをよく本人が決めて行動をするようにしてください。
こればかりは本人の意思の問題なので、強く1つの選択肢を推すことはできません。
質問者: 返答済み 4 年 前.


今娘に聞きましたら 今年の1月にプロになった時に業務委託契約書を税理士の前でかかせられたみたいです。


 


契約期間は平成25年1月1日~平成25年12月31日までで


 


満了1ヶ月前に本人より申し出がない場合は自動更新になると書いてあります。


 


娘としましては、今後独立して自分でプロとして地方でスタジオを開きたいと思っております。


 


それで今回のスタジオと娘の契約破棄を求める事は可能でしょうか?

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
業務委託契約なんですね。
その契約の性質を覆そうとするのであれば、裁判が必要になります。
裁判をしても覆るとも限りません。

スタジオとの契約破棄も可能ですよ。
本件のケースからすると、すでに破棄されているとも言えるように思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございます。


 


質問ですが


 


スタジオとの契約破棄も可能ですよ。 本件のケースからすると、すでに破棄されているとも言えるように思います。


 


とはどんな意味になりますか?


 


このスタジオに私母親と娘と言って話をつけたほうが良いのか


 


それとも弁護士さんにお願いした方がスムーズでしょうか?


 


また


 


業務委託契約書の書いた権威は


 


スタジオでは今まで確定申告をしていなく税務署に はいられて


 


いきなり税理士を雇い、仕事の終了時間20時頃に


 


師匠と奥さんがスタジオに来て、なんの説明もなく『これ書いて』 と言われ


 


プロ5人も意味も分からずみんなサイン捺印したとのことです。


 


ただ、複写の一枚を手元に持っていてそれで今内容を初めて娘は把握したようです。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
その師匠の妻からされたことは、すでにスタジオとの契約を破棄を意味するのではないかということです。机などがないのですよね。それはスタジオの利用関係を解消すると考えるのが自然だと思います。とはいえ、しっかり形に残るように契約は破棄しておくべきですね。
ご質問の状況からいって破棄はできます。

もちろん、弁護士を入れた方がスムーズです。
無関係な話がなくなりますし、相手も感情的にならずに済みます。

契約書にサインをさせられた経緯はあまり関係ありません。
確定申告をしていないということの方が異常だったので、それを正常に戻しただけです。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問