JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
rikonnsouzokuに今すぐ質問する
rikonnsouzoku
rikonnsouzoku, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 246
経験:  弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
67515089
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
rikonnsouzokuがオンラインで質問受付中

離婚において慰謝料の発生条件はあるのでしょうか? どりらも浮気、暴力はないのですが、意見の不一致、見解の相違で離婚

解決済みの質問:

離婚において慰謝料の発生条件はあるのでしょうか?
どりらも浮気、暴力はないのですが、意見の不一致、見解の相違で離婚を考えています。
結婚して半年、子供は無、共働きです。
息子は跡取りで会社を手伝い、子育ての 間(7年くらい)は嫁さんの実家のそばの住み、その後会社のそばに移転を考えていたが、会社の事情が急変し、5人が退社、一人が交通事故のため入院、仕事が忙しくなり、また、事故への不安もあり、会社のそばに引っ越しを考え相談したところ、約束が違うと同意が得られす、話合いにもならず、相手の親が息子に文句をつけてきた。
引っ越しに同意できないのなら、しばらくは(嫁さんの仕事にけじめがつくまで)別居して、その後一緒に会社のそばに住みたいといったが、話にならず、離婚話になり、慰謝料が欲しいと言い出した。
慰謝料を払うようなことは、していないのでできれば払いたくない。
それでも払う必要があるのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 4 年 前.

慰謝料とは、「不法行為」を受けた人が、それによって受けた精神的苦痛を埋め合わせるため加害者に支払わせる損害賠償金のことです。

離婚に際してからむことの多い不法行為には、不貞行為、暴力、「悪意の遺棄」などがあげられます。離婚にあたり慰謝料やり取りの必要があるのは、そのような不法行為があった場合のみです。

これに対し、一般的な「性格の不一致」が原因の離婚には、慰謝料というものが発生する余地はありません。

養育費、財産分与など、他の原因で支払義務を負う場合はありますが、慰謝料とは別の話です。

rikonnsouzokuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問