JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
mezasesakurasakuに今すぐ質問する
mezasesakurasaku
mezasesakurasaku, 平成25年6月末弁護士登録抹消確定
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 271
経験:  平成25年6月末まで弁護士業務(以降退会)
69318065
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
mezasesakurasakuがオンラインで質問受付中

19歳の息子のことでお伺い致します。 去年もこちらにて相談させて頂いたのですが、その時は盗撮で初犯補導され、当日返

質問者の質問

19歳の息子のことでお伺い致します。
去年もこ ちらにて相談させて頂いたのですが、その時は盗撮で初犯補導され、当日返されて来ましたが、その後、家庭裁判所にて審判が行われ、不処置とのことでほっとしたのもつかの間、また本日盗撮にて警察に逮捕されました。
本日は拘留されていて帰宅できません。
本当に我が子であるがゆえに情けなく、また盗撮された女の子やご両親に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
明日、警察の方が来られるそうです。家宅捜索ですね。
本当に夢であってほしいと今もこうやって書いていても現実として受け止められません。
父親も同じ気持ちです。
前回の補導の際の私達の監督が甘かったのでしょうか・・反省しております。
もっと厳しくしなければ。。と思いますが、息子のこれからも気になります。
やはり弁護士さんをつけて対応したほうがよろしいでしょうか?
どうしたらいいのか、途方にくれております。よきアドバイスをお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

はじめまして、弁護士をしております。

 

そうですか…

性癖というのはなおらないというのはよく言いますね…

医者(精神科医)によっては、盗撮といった病気というのは、治療方法が難しくて、実は、警察につかまり処罰されるというのが一番良いという人もいるぐらいです…

 

ご両親の監督というよりも、前回、捕まったけれど、処置(処罰)がなかったので、きっと大丈夫と、思い込んでしまったのではないでしょうか。

 

 

残念ながら、今回は、処置なしではすまないと思います。

さすがに、少年院にいれられたり検察を経て成人と同じ処罰を下される(なおこの場合は罰金です)ということまではないと考えられますが、可能性として絶対にないわけではありません。

ですから、このような処置の種類のことから考えると、やはり息子さんの精神衛生上は弁護士はつけたほうがよいかとは思いますし、今後の手続きの流れ(勾留の問題)といった点からも、弁護士をつけたほうが、ご両親にとっても安心かと思います。

 

ただ、ご両親が定期的に面会に行かれ、警察等からよびだされたときには出頭し、審判の日には、ご両親がそろって裁判所に出廷さえすれば、必ずしも、弁護士が必要というわけではありません。

 

今回の処置が終わったのちには、監督はもちろんのこと、カウンセラーと病院に行くように息子さんを指導しないといけないでしょうね。

 

 

ひとまず回答は以上なのですが、返信機能がございますので、不明点等については返信機能をご利用くださいね。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございます。


さきほど家宅捜索が終了しました。息子のパソコンが押収されました。そこにも動画などたくさんありましたが、携帯にもたくさんの幼児の動画があり、それがひどいと言われました。


この先、この癖を直さないともっととんでもない犯罪になる可能性があると。。


息子の自分のしでかしたことの重大性や癖が簡単には直らないことを知っているようで自分も施設に入りたい、治したいと言っているそうです。


あす、家裁で審判があり、そのあと、少年鑑別所に行くかどうか決まるそうです。


本人も望んでいる、警察も望んでいるなら私がいくら息子を更正させると言っても無理な気がします。


この先どうしたら良いかまだわかりませんが、今は待つしか
ないようです。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


鑑別所


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

そうですね、

警察の意見はさておき、

単なる盗撮でも幼児が対象となると基本的に重く考えられてしまいますし、

パソコンの中から、たくさんの動画が見つかりますと、きちんと対処(つまり施設にはいらないと)しないとなおせないだろうということになりますね…

 

ただ、いくら本人が施設にはいることを望んでも、やはり少年院にはいることは、カウンセラーとか病院にいけるのであれば、将来的に本人のためにならないと思います。

なぜかといいますと、少年院にはいったことがあるというのは、前科とはいいませんが、人生の汚点になってしまうことが事実です。

警察や検察には、逮捕歴や犯罪歴を記録したデータがありますが、ここに、少年院にはいったことも記録されます。

もちろん、これは一般人には見れませんが、それでも、やはりこのような記録が公的機関に残るということは、親としては阻止してあげたほうがいいかと思いますよ。

 

ですから、親として、更生させます、病院とカウンセラーを受けさせますと、警察と裁判所に伝えたほうがいいかと。

もちろんしばらくは待つしかありませんが、

今から病院とカウンセラーを探された方がいいのではないでしょうか。

 

 

自分たちの監督が悪かったのだろうか、などご自分を責めるお気持ち、つらくて悲しいお気持ちよくわかります。

今は、親として、できるかぎりがんばらないといけない時期ですよ、だからこそ、ここに相談されたのですよね。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございます。


そうですね。カウンセラーと病院 探してみます。


この先弁護士をつける件についてはいかがでしょうか?


やはりつけておいた方がスムーズですか?


もし、少年鑑別所に入ることになれば一ヶ月はかかるようですので大学を休学か退学しなければならないでしょう。


そういった点も弁護士さんにお聞きして動いた方が賢明でしょうか?


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

ぜひぜひそうされてください。

 

 

弁護士は、つけたほうがスムーズなのは間違いないですね。

手続きはしばらくかかりますが、今どの段階なのか、とか、どの程度捜査がすすんでいるのかといったことを、警察などと連絡をとり、教えてくれますし、警察や裁判所とのやりとりは弁護士がすべてしてくれますので。

ですから、些末なことは弁護士にまかせて、親として、今後、お子さんをどうやって更生させていくのか、といったことを考えることだけに専念できます。

 

 

ただ、休学や退学の件は、弁護士にまかせても、とくにスムーズにはならないかと思います。

弁護士は対応してほしいという要望があれば、依頼者の要望に応えるため動きますが、弁護士です、といって学校側に連絡してしまうと、かえって大騒ぎになってしまうでしょうから、ご両親が息子さんの体調不良あたりでも理由にしてそっと手続きをとっておいたほうがよいかと思いますよ。

 

ですから、もちろん、弁護士に休学や退学の件も任せるということはできますが、

まずは、とにかく、弁護士に警察や裁判所とのやりとりを任せるかどうかを決め、委任するかどうかを決めるということがポイントですね。

質問者: 返答済み 4 年 前.

そうですか・・


弁護士に任せるか否かで裁判や処遇の結果に差が出るのでしたら是非なんとしてでも弁護士をつけたいとは思いますが、連絡係としての役目だと少し考えてしまします・


たぶん思っている以上に弁護士費用が高額だと思うので・・


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

弁護士の私が申し上げるのもなんですが、

弁護士をつけたからといって処遇に差がでることは基本的に考えられません。

日本は法治国家で、法に従って処遇がなされます、ですから、弁護士がいようがいまいが、処遇が変わらないのです。

ただし、弁護士は被害者との示談(今回は女児のお母様相手に示談ですね)も行います、その示談の結果によって、処遇に差がでることがありますので、そのあたりで、「弁護士がいると処遇が有利になる。」というような話がでているのではないでしょうか。

示談も、あえて、弁護士に任せる意味はない(つまり、謝罪を受け入れました、ゆるしてあげますという一筆をもらえさえすればいいので。)ですから、あとはもう費用対効果を考えるしかないですね。

弁護士報酬は、もちろん弁護士によって違いまうが、勾留されていますと、最低30万円はするかと思います。

質問者: 返答済み 4 年 前.
ありがとうございます。明日の家裁の結果を待って決めたいと思います。また伺うこともあると思いますが、よろしくお願いいたします。

専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

いえいえ、とんでもないです。

回答がお役にたったようでしたら、評価していただけますと、幸いです。

今回の件でわからないことがあれば、評価後であっても、返信機能が使えますので、返信機能を使って、遠慮なくご質問くださいね。

mezasesakurasakuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

先日はお世話になりました。


新しい質問をするのか、ここに書き込んで良いのかわからず、とりあえずこちらに書かせていただきます。


もし間違っていればご連絡いただければと思います。


 


先日伺っていた息子の件ですが、やはり少年鑑別所に送致されました。今はとにかく反省し、二度と同じ間違いを起こさないようにするか、夫婦で話し合っている最中です。


 


それはもう起きてしまったことで仕方ないことですし、問題解決に向かって進むしかないのですが、気になることがあります。


 


それは息子の義理の叔父が警察官であるということです。


 


もちろん、今回のことは主人と私しか知らないことですし、本人のこれからのことを考えたらなんとか誰にも知られず解決していきたいという気持ちです。


 


色々調べてみると、三親等以内に犯罪者がいる場合、警察官にはなれないと聞きました。


 


もちろん今回のことは義理の叔父はまだ知らぬことですが、この件は黙ってやり過ごすことが出来るのでしょうか?


 


もし違う方面から知ることになったら大変申し訳なく、とても気がかりです。


 


義理の叔父は市(管轄)は違いますが、隣の市で警察官をしています。幹部などではなく巡査長クラスだと思います。


 


息子が万が一少年院などに送致が決まりますとどこかで息子の名前を知ることになるのでしょうか?


 


なにしろこういうことは初めてで馬鹿な質問で誠に申し訳ありませんが、なにとぞお教えくださいませ。よろしくお願い致します。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

観護措置…ですか、避けられないこととはいえ、やはりショックですよね…

 

で、本題ですが、

いえいえ、それは気になってしまいますよね、ばかなことではないですよ、お気になさらず聞いて下さいね。

 

なお、今回は、厳密には新しく質問をたてていただく内容かなとは思いますが、すでに、十分な報酬をいただいておりますので、その範囲内で十分お答えできますから、このまま回答させていただきますね。

 

三親等以内に犯罪者がいると警察官になれないというのは、真実でもあり嘘でもあります。

私も警察署の人事は実際見たことがないので正確なところはなんともいえませんが、少なくとも、近い身内に暴力団の方がいらっしゃると、試験の成績がよくても、警察官になれないはずです。これが真実と言った側面です。

しかし、三親等以内に犯罪者がいると警察官になれない、というのは、警察署によって違うかと思いますが嘘だと思います、なぜかといいますと、犯罪者というのが前科(裁判所で有罪と判決をうけたというような意味合いだと思って下さい。)もちということをさすのだとしても、前科というのは、罪を犯したが罪を償ったという意味です、しかも、本人ではなく親族であってもあくまで他人の前科を理由に警察官にさせないというのは、やりすぎですから、3親等の親族ではなく同居の血族のみを対象としているはずです。

さらに、加えて、今日、個人情報保護がうるさい時代で、いくら、警察署では前科を見ることができるからといって、それを人事に利用するということが、本当にできるのか、といわれれば、「法的にきちんとした警察署ではできない」というのが回答となります。

なお、実際に、調べるとした場合、警察の面接を受けた人の親族関係図を作成した上、3親等以内の人の氏名と本籍を入力して、前科前歴記録の検索をかけることになりますので、かなり面倒ですから、本当にそんな面倒なことをすることができるのかという疑問も。

 

これらのことから考えますと、暴力団の場合はさておき、それ以外の単なる前科を持った人が3親等以内の親族にいたからといって、警察官になれないというのは、そもそも嘘の可能性が高く、

いったん警察官になったあとであれば、その後、親族で、犯罪者とよばれる人がでたからといって、警察官をやめされられるとか人事評価に影響がでるということは、考えにくいです。

 

ちなみに、現時点で、息子さんには、勾留および観護措置という前歴が警察のデータベースに記録として残っています。

仮に、少年院となれば、少年院にはいったという前歴が残ります。

少年院というのは、いわば未成年の実刑のようなものだと考えられてしまう傾向にありますので、本人のためにはなりませんが、いずれにせよ、法的には、あくまで「前歴」にしかすぎず、「前科」ではないので、気になさっている「犯罪者」には該当しません。

 

この前歴というのは、警察のデータベースにだけ、記録として残っています。

警察官か検察官が、わざわざ調べない限り、他のだれにも見ることはできません。

つまりですね、○○さんが少年院に送られたとか勾留されたとかいった記録は、記録は残っていますが、だれかに回覧されるようなものではなく、あくまで、警察官か検察官の特定の人物(たとえ警察官であってもこのデータベースにアクセスできる人は、限られているということです)が調べてはじめて、わかるものです。

データベースに、氏名と本籍をインプットして検索をかけると、該当すればでてくるのです。

 

ですから、このままやりすごせるかということに関しては、

その警察署が毎年の人事評価のときに、わざわざ身内の前歴まで調べてそれを評価等の材料にしているなら、影響をあたえてしまうことが考えられるので、このままやりすごすことはできない可能性があるということになります。

が…なんせ今回は義理つまり親族のうち血族ではなく姻族ですから3親等とはいえ親族としては離れていますので、そもそも調べられない可能性があるということ(おそらく調べるといしても同居の血族と姻族、同居していない1親等2親等の血族程度までしか調べないと思います。)、

調べられても、「前科」ではなく単なる「前歴」でしかないということ、

さらに、姻族なので血のつながりがないということ、

これらの状況から考えると、その可能性はとても低く、基本的には、このままやりすごすことのできる可能性のほうがはるかに高いということになります。

 

ご心配かと思いますが、次の人事評価を待つ、つまり、1年ぐらい、様子を見る…ことになるかと。

質問者: 返答済み 4 年 前.

早速ご回答頂きましてありがとうございました。


少し安心しました。主人は「未成年だから絶対知られない」と申しておりましたが、そういうわけでもないのですね。


検索したらわかってしまうけれど、普通は検索しない程度の薄い関係(血族ではなく姻族)ということですね。


ありがとうございました。大変わかりやすかったです。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

いえいえ、とんでもないです。

 

そうですね、未成年だから絶対に知られないというわけにはいきませんね…

あくまで「前歴」でしかありませんし、姻族でしかないですから、その点からは、安心してくださいね。

法律 についての関連する質問