JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4801
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

結婚12年の会社員です。妻は主婦で、スーパーでパートをしています。8歳と4歳の子供二人います。家族全員が永住資格の中

質問者の質問

結婚12年の会社員です。妻は主婦 で、スーパーでパートをしています。8歳と4歳の子供二人います。家族全員が永住資格の中国人です。不動産は東京にある私名義の一軒家と中国にある妻名義のマンションをもっています。全て結婚後5年経った時に購入したもの。もともと性格が合わないのが我慢して、ついこの2、3年の間夫婦関係が冷え切って喧嘩が絶えません。離婚したいと言い出したが、妻に「全ての物を置いて自分だけ出ていけば良い」言われました。調停離婚したいと考えていますが、どのような手順と金額を用意すれば良いかをご指導頂けませんか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、ご夫妻様お二人とも中国国籍の方ですので、離婚する場合は、本国法(中国の法律)に

従うことになります。ただ、日本に住んでいらっしゃるので、日本の法律で離婚できる可能性も

あります。

日本には、協議離婚と言う裁判所を通さない離婚も可能ですが、中国で裁判離婚しか

認めていない場合は、問題があるかもしれません。

離婚したことで、在留資格には、今回のケースでは影響はありませんが

調停離婚の場合は、きちんと財産分与は、婚姻中に形成された財産は名義がどちらでも

折半となります。

もともと、婚姻前に持っていた財産や、相続などで得たものは固有の財産となり

財産分与の対象とはなりません。

養育費は、日本では、離婚後は共同親権では無いので、奥様が親権を取れば

ご相談者様は、養育費を支払う義務があります。

とは言え、日本での法律で離婚しても問題ない時だけで、中国ではそう言うことが

ないのであれば、それに従います。

とにかく、家庭裁判所で、離婚調停が可能かどうか確認してもらって

問題無ければ、申立てて下さい。家庭裁判所の対応次第です。

家庭裁判所の調停は数千円で、弁護士の先生にご依頼する必要もございません。

申立て後は、月1回程度で調停が開かれ、だいたい半年はかかります。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


養育費と慰謝料についてお伺います。


二人の子供を夫婦一人ずつ引き取った場合、お互い養育費を支払うことになりますか?或いは相殺になり、払わなくて良いのですか?


私の場合、彼女に対して非がないと思いますので、苦痛ならお互い様ということです。慰謝料を請求される筋がないと思いますが、如何でしょうか?

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

ただ、誠に申し訳ございませんが、一度評価していただいたご質問で

新たなご質問をされる場合は、そのまま返信されるのではなく、新たに投稿をしていただく形になります。

同じ質問の中で評価していただいても、専門家に追加で報酬は発生いたしません。

今回は、サービスでご回答致します。

基本的に、養育費はお子様の権利で、親が勝手に相殺等はできません。

それぞれ、個別に養育費を相手に請求します。

ただ、それが面倒な場合もありますし、不経済な部分もあります。

(銀行振り込み手数料が余計にかかるとか、振り込みの手間とか)

基本的には、差額を支払うことが多いようです。

差額がなければ支払いません。実務ではそうなります。

離婚理由が性格の不一致で、裁判上の離婚理由(不貞行為等)がなければ

お互い様で慰謝料はありません。

ただ、これは日本での法律の取り扱いで、中国の本国法で異なる扱いがあれば

それを優先しないといけない場合もございます。

頑張って下さい。

法律 についての関連する質問