JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
mezasesakurasakuに今すぐ質問する
mezasesakurasaku
mezasesakurasaku, 平成25年6月末弁護士登録抹消確定
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 271
経験:  平成25年6月末まで弁護士業務(以降退会)
69318065
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
mezasesakurasakuがオンラインで質問受付中

未成年の娘が彼に殴られ鼻の骨と頬を陥没させられました。一度警察に行きましたが被害届を出すのをやめました。治療費の支払いで保険が聞かないこともあり100万を超えるまでになっているので

解決済みの質問:

未成年の娘が彼に殴られ鼻の骨と頬を陥没させられました。一度警察に行きましたが被害届を出すのをやめました。治療費の支払いで保険が聞かないこともあり100万を超えるまでになっているので、加害者の親に請求をしましたが全額払うことは出来ないと返答をもらいました。
弁護士に相談していると言っていました。根拠があるのでしょう。この場合どんな条件なら全額対応しなくても構わないのですか?
また、こちらの気持ちが収まりません。再度、被害届を出してこの交渉を有利に持って行きたいと思います。被害届は出せますか?
加害者は20才の有名大学生です。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

はじめまして、弁護士をしております。

 

それは、どう考えても気持ちがおさまりませんね。

しかも娘さんの顔面ですよね、万が一傷跡が残れば、治療費だけでなく傷跡に対する精神的慰謝料ももらうべきでしょうね。

(額は、傷跡次第としか現時点では言えませんが、そのような傷跡が残らないことをこころよりお祈りいたします。)

 

まずどのような条件なら全額対応しなくてもかまわないのか、という話ですが、加害者は20才を超えていますので、そのような意味では、実は、相手の親は、そもそも全額対応する必要はないということになってしまいます。

 

ただ!誤解されないでくださいね、親ではなく、本人に請求すべきという意味であって、請求できないとかそういう意味では決してありません。

そして、実際問題としては、大学生ですから、経済的観点からすれば、本人に全額請求して、親が払うということになるはずです。

 

で、本題なのですが、どのような条件なら加害者本人は全額対応しなくてもかまわないのか、ですが、

それは、娘さんに殴られたことに過失があるような場合です。

たとえば、娘さんが、その彼に「この人間のくず!根性なし!死ねよ!」など侮辱罪にもあたるような発言を繰り返したあげく「あたしが言うことに腹がたつなら殴ってみればぁ。」などと挑発したとしますよね、このような状況があり、そしてそれを加害者が立証できるのであれば、娘さんに過失ありということになります。

おそらく上のような状況でも過失割合はせいぜい半分程度で、請求額の半分は認められるかとは思いますが、今回は、おそよそのような状況ではないですよね。

他には、実は娘さんが、その彼に包丁を持って襲いかかったとかそういう場合でしょうか、この場合、彼は自分の身を守るために行動しているだけですので、娘さんが、殺人未遂に問われ、娘さんから治療費を請求しても認められないということになります。

 

ざっくりまとめてしまうと、ようは、殴られた原因を娘さんがどの程度作っているのかが、過失割合なのですが、

女性と男性の体格差から考えますと、通常程度の口論等(交際相手同士の口喧嘩や女性が軽く男性のほおをはたいた等)程度であれば、娘さんに過失が認められることは、まずないと考えて下さって結構です。

 

というわけですので、正直なところ、加害者の親は、払いたくないので、とにかく時間をかせごうとしているのではないかと思いますよ、あまり根拠があるとは考えにくいです。

ただ、息子自身に請求してくれ、親としては払っても一部のみ、と考えている可能性はありますが。

 

そして、被害届ですが、当然出せます、れっきとした傷害罪という犯罪ですから。

治療をした病院で、診断書をもらい、その診断書を持って、娘さんと一緒に警察に行って被害届けを出してきて下さい。

娘さんのけがが治りきる前に、警察に行ったほうが、警察の対応が親切(真剣?と表現したほうがいいかもしれません)ですので、早めに行って下さいね。

 

被害届をだされれば、警察から、相手の呼び出しが行われますので、交渉は断然有利になります。

 

ひとまず回答は以上なのですが、回答の中で不明な点、追加でききたい点等ございましたら、返信機能を使って、遠慮なくご質問下さいね。

mezasesakurasakuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.
慰謝料の請求額はどれ位になるかは、誰に相談すべきなのでしょうか?
専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

 

もし、相談されるなら、弁護士なのですが、

暴行傷害事件の女性の顔の怪我に対する慰謝料の額は、事件のきっかけや怪我がどれぐらい跡が残るかによって変わりますし、それから、慰謝料というのは、ようは「精神的な損害に対する金銭的な償い」ですので、

基本的には、相談しなくても、娘さんが納得できる金額を請求すればいいかと考えますよ。

別に妥当な金額を請求しなくても、そもそも相手が悪いわけで自業自得で、妥当な金額より多く請求したからといって、それで恐喝だのなんだのが成立するわけでもありませんから。

 

 

参考までに、おおよその相場としては、

もし、あとが残らないのであれば、治療が1か月以内ぐらいでおさまるのであれば、50万くらい、1か月をこえて2か月ぐらいであれば100万円くらい、といったところです。

顔面に怪我の跡が残ってしまい人にわかるくらいであれば、治療期間と関係なく、150万を越えます。

 

もし、相場をきちんと調べたいということで、弁護士に相談するというときには、怪我の治療期間と、怪我の跡、それから事件のきっかけを、弁護士に伝えて、ご相談されてくださいね。

mezasesakurasakuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問