JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

外国人妻(タイ国籍)が私(夫)の全く知らないところで知人などから約1500万円(タイ通貨バーツで借金)をしていました

解決済みの質問:

外国人妻(タイ国籍)が私(夫)の全く知らないところで知人などから約1500万円(タイ通貨バーツで借金)をしていました。返済がどうにもならなくなり今朝言い出してきました。離婚してほしいと言われましたが、その前に借金の解決をと思ったのですが金額が大きすぎてどうにも出来ま せん。約一年前に購入したマンション(ほぼ全額ローン)と車(こちらも一年前購入でほぼ全額ローン)くらいの物しかなく財産的な物もありません。方法としては妻の自己破産と離婚を考えていますが、何か違う手段はあります子4か?家族構成は私35才会社員、妻29才、子4才の三人です。私は工場勤めですが一応大手の会社員です。年収600万程で月の手取りだと20数万というところです。どういう手段が考えられるかとベストな解決策を教えて下さい。宜しくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 4 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

 

おっしゃるとおり、奥様名義での借り入れで、ご質問者様が保証人などなっていなければ、奥様のみ自己破産し、その後離婚でよろしいかと存じます。

ただ、一点ご注意が必要な点は、家、車のローンについて、奥様が保証人になっていないかという点です。

 

仮に奥様が保証人になっている場合、その保証人が自己破産すると、ローン会社はご質問者様に対し、残債の一括請求をすることができます。

※契約の約款にその条項が入っているはずです。

 

もし、このような状況であれば、自己破産に入る前にローン会社にご相談(別に保証人を立てる等)する必要がありますので、ご注意ください。

質問者: 返答済み 4 年 前.
外国人妻の場合、ビザ取得の際日本滞在時の費用は全て夫の私が負担するという書類を提出しています。それはこのような場合でも私に掛かってくるのでしょうか?
マンションや車購入などで妻が保証人ということは一つもありません。妻が日本で破産出来たとして その後は強制的に国外退去になるのでしょうか?妻の破産は仕方ないにしても離婚は最終手段だと思っています。(子供の事もあるので。)
もう一つ知りたいのは破産の手続きです。妻の自己破産でも夫の私の会社に連絡がきたりということはありますか?また妻の自己破産によって私や子供等に不利益な事はありますか?
専門家:  kanekiyo 返答済み 4 年 前.

ビザ取得時の滞在費用と個々の貸付契約は無関係ですので、別途保証人などなっていなければ問題ありません。

また、自己破産=強制退去とはなりませんので、その点もご安心ください。

最後に、自己破産すると奥様はブラックリストにのるので、その後10年ほどは奥様名義でクレジットカードをつくったりローンを組んだりはできないというデメリットがありますが、ご家族でも他の方には何ら影響はありません(当然、ご質問者様の会社に裁判所から連絡がいくことなどございません)。

質問者: 返答済み 4 年 前.
回答ありがとうございます。
妻の借金の相手が日本国居住者が一人でおよそ400万円、他はタイ国内に居住しており借入額はバラバラで十人程居るようです。この場合日本での破産は国内外問わず適用されるのですか?
よく聞く債務整理や自己破産でサラ金や闇金の取り立てがなくなると言われていますが、個人の場合催促はどうなるのでしょう?この辺がクリアになり次第、弁護士さんの所へ手続きの依頼に行こうと思います。
専門家:  kanekiyo 返答済み 4 年 前.

日本のみならず、外国の債権者も含めて自己破産手続きに含めますので、国内外とわず適用されます。

また、弁護士に依頼し、債務整理手続きをとれば、業者であろうと個人であろうと代理人の許可を得ずに本人と直接交渉することはできなくなりますのでご安心ください。

kanekiyoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.
回答ありがとうございました!
とりあえず弁護士さんのところへ行こうと思います。
また何かありましたら宜しくお願いします。

法律 についての関連する質問