JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

50年来居住しています、大阪市内の小さな20坪弱の家の前の私道に関するご相談です。このたび近所の土地を買った業者から

解決済みの質問:

50年来居住しています、大阪市内の小さな20坪弱の家 の前の私道に関するご相談です。このたび近所の土地を買った業者から、家の前の花壇の撤去を迫られました。ここは6m道路で云々・・・。私どもよりもっと古くからの近所の方にお聞きすると、S6年にこの4軒長屋を立てた時からの花壇とのこと。業者の都合で撤去しなければならないでしょうか。通行の妨げにはなっていません。10m、10mほどの¬型の道路で両端は広い路に開いています。これまで何十年もすんでおり、ご近所からの苦情は聞いたことがありません。宜しくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 4 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

 

私道はその道に隣接している皆様の共有になっているかと存じます。

そして、私道上にある花壇もまた、その共有者の所有物(共有物)ということかと存じます。

 

そして、花壇の撤去は共有物の管理又は改良行為ということになりますので、その是非は共有者の過半数の同意によって決せられることになります。

 

その業者が私道の持分の過半数を持っているようならその意思に従わざる負えませんが、そのでなければ、近隣の方の同意(持分の過半数の)があるのか確認すべきかと存じます。

※例えば、共有者4人で各自の持分が均等(1/4づつ)であれば、3名以上の同意が必要ということになります。

 

以上のことをお話しし、共有者の過半数の同意がなければ撤去に応じる必要のないことをご主張してもらえば、相手の要求に応じなくても法的な問題はありません。

質問者: 返答済み 4 年 前.

早速のご回答ありがとう御座います。情報不足でしたが、私どもの家の前の私道の土地の所有権は、共有ではなく、各家の所有になっております。従って私道上にある花壇も私の所有地に含まれます。その業者には私どもの花壇の土地に関しては所有権はありません。但し、「準公道?(正式の名称は存じません)」として私道の分の市税は免除されております。その様な私道です。ご回答によれば、私どもに花壇を撤去せねばならない法的義務はないと考えて良いでしょうか。

専門家:  kanekiyo 返答済み 4 年 前.

そういうことであれば、花壇を撤去すべきか否かは、相手方の通行の妨げになっているか否かによって決します。

 

ご質問の内容であれば、道路は十分な幅があり、花壇によって通行を妨げることはないようですし、現に他の隣地の方は何も不自由なく通行できているようですので、相手方の

要求に応じる必要はないかと存じます。

 

最終的には出るところに出る(裁判するといこと)しか白黒はっきりましませんが、それは相手方が検討すべきことですので、こちらとしては上記のとおり一般的な通行に支障はなく、現に今まで何の問題もない旨、主張しておけばよろしいかと存じます。

 

kanekiyoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問