JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

息子が痴漢行為(女性の尻に触れた)で逮捕されました。5年前も同様の行為で被害者と示談となりました。今回は迷惑防止条例

解決済みの質問:

息子が痴漢行為(女性の尻に触れた)で逮捕されました。5年前も同様の行為で被害者と示談となりました。今回は迷惑防止条例違反案件です。1回目の検察の呼び出しが過日ありました。当然のことながら検事よりは大変厳しく指弾されております。刑事罰的には初版であり起訴猶予となるのではとの話もあり弁護士はつけておりませんでしたが、今後流れで罪状が決定されるのでしょうか。今からでも弁護士に関与いただきできれば示談に持っていければと思いますが、現在の検察の段階でも示談は可能でしょうか
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 4 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

 

現在息子さんは、拘留中ということでよろしいでしょうか?

拘留期間(10日、延長で20日)が過ぎる時点で検察は、息子さんを起訴するか、起訴猶予にするか等を決定します。

 

迷惑防止条例違反は親告罪ではありませんので、示談しようがしまいが、事情によっては起訴されることもありますが、実際には被害者と示談し、被害届を取り下げてもらえれば、起訴されることはまずありません。

 

現時点でも起訴猶予となる可能性が高いようなお話しも聞いているようですが、100%起訴されないためには、やはり被害者と示談すべきかと存じます。

 

現時点でも当然示交渉可能ですので、できるだけ早く弁護士さんにご依頼されることをお勧めいたします。

質問者: 返答済み 4 年 前.


1、警察の取り調べが終わり、最初の検察での事実聴取が果実行われ、その時の話は検事、副検事、相手側弁護士が同席したとのことだったのですが、この時点で相手側弁護士が同席することはあるのですか、


2、また当日印鑑を持参してくれとの事があったようですが、これは相手が示談意志があることなのでしょうか。(今回は条例違反ということで同日釈放されてその後警察指導部より1度1日聴取があり拘束はありませんでした)


3、今後の流れは、起訴猶予・示談以外の場合、罰金もしくは懲役の認定を検察が行い、不服の場合裁判となるのでしょうか

専門家:  kanekiyo 返答済み 4 年 前.

1.事前に申し出をしていれば同席が認められることがあります。

 示談の意思があってのことかと存じます。

2.上記1と同じくです。

3.起訴された場合、裁判所がその量刑(罰金、懲役)や執行猶予の有無等を決定します。

 不服があれば控訴することになります。

質問者: 返答済み 4 年 前.

1、弁護士会で弁護士の紹介を依頼したいと思いますが、その際オーダーする際どのような弁護士を依頼したらよろしいですか

専門家:  kanekiyo 返答済み 4 年 前.

1.痴漢事件の被告の弁護ができる方をお願いしますと率直に申して差し支えありません。

 こちらのニーズ(示談の代理交渉)も含めて対応可能な方を紹介して下さいとお伝えください

 また、弁護士会では料金のご案内等はできませんので、紹介された際にある程度の概算費用など聞いておくとよろしいかと存じます。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございました


最後に迷惑防止条例違反で示談が成立しても、それはあくまでも被害者への慰謝料であり、罰金等の過料が課せられますか

専門家:  kanekiyo 返答済み 4 年 前.

示談金と、罰金はまったく別の話ですので、その可能性は0ではありません。

ただし、先のも述べました通り、示談して被害届を取り下げてもらえば、起訴される可能性はまずありませんので、罰金を科される可能性もほぼ0といってよいかと存じます。

kanekiyoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問