JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
rikonnsouzokuに今すぐ質問する
rikonnsouzoku
rikonnsouzoku, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 246
経験:  弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
67515089
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
rikonnsouzokuがオンラインで質問受付中

結婚21年。 子ども19歳(私立大学2回生)と16歳(県立高校1年生) 主人の浮気は3年半前に1度発覚しま

質問者の質問

結婚21年。
子ども19歳(私立大学2回生)と16歳(県立高校1年生)

主人の浮気は3年半前に1度発覚しました。不貞行為を認めました。
離婚はしたくない、相手の女性とは、別れたと言っていました。
二度と不貞はしないと誓約書に記入しました。
私は子 どもの事もあり、また主人を信じてやり直す事にしました。

しかし、この度その女性とは一切別れておらず、不倫関係を続けていたことが分かりました。
不倫関係は3年半に及びます。
相手の女性も主人との不貞を認めています。


主人と相手の女性に慰謝料請求をした場合の慰謝料額と
(離婚した場合としない場合)
離婚した場合の養育費を知りたいと思っています。

宜しくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 4 年 前.

慰謝料は、精神的苦痛を金銭換算したものですから、下記のような諸事情により変わります。
  ・不倫交際の経緯・積極性・期間・態様・程度
  ・不貞行為の回数
  ・離婚の有無・婚姻関係の破綻・婚姻関係悪化の程度
  ・受けた精神的苦痛の度合い
  ・慰謝料を支払う側の資力・職業・家族構成
  ・婚姻年数・子の有無・生活能力
 決着としては、はおおよそ50万円から300万円の間くらいが多いようです。

つぎに、不倫が原因で離婚することになった場合の慰謝料の額は、財産分与と合わせ、一般的には400万円前後が多いようです。
 精神的被害の度合いだけでなく、支払う側の資力が大きく関係しています。
 参考までに、一般論ですが、おおよその離婚する場合の慰謝料の目安です。
  ・婚姻期間1年未満    100万円~150万円
  ・婚姻期間1年~5年   150万円~250万円
  ・婚姻期間5年~10年  250万円~400万円
  ・婚姻期間10年以上   400万円~500万円

次に、養育費は、算定表を用いて、夫の収入、妻の収入、子供の人数や年齢をもとに算定することとなります。

コチラです。

http://www.courts.go.jp/tokyo-f/saiban/tetuzuki/youikuhi_santei_hyou/

この算定表は、法的知識がなくても迅速に算定できるものとなっています。

なお、離婚届けを提出する前に話合いをして、離婚協議書を作成、公正証書化をしておくことをお薦めいたします。

行政書士に依頼するとよいでしょう。

頑張ってください。

法律 についての関連する質問