JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 3691
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

公共施設のガラス戸に、6歳の息子がぶつかり、額を6針縫う怪我をしました。ガラス戸はひびが入り、一部割れている部分もあ

質問者の質問

公共施設のガラス戸に、6歳の息子がぶつかり、額を6針縫う怪我をしました。ガラス戸はひびが入り、一部割れている部分もありました。
事故当日、ガラ ス戸の弁償について尋ねたところ、特に必要がない旨の回答を施設の職員からされましたが、最近になって修理費7万円相当を支払って欲しいと別の職員から電話がありました。
保険で支払うことができるので、ガラスの修理費は出せると思いますが、そもそも「ガラスを用いた開口部の安全設計指針」に基づくような「割れても安全なガラス」が使用されていたのか、もし強化ガラス等が使用されていたとすれば、息子の怪我がここまでひどくはならなかったのではないか等の疑問もあります。
このままガラス戸の弁償のみをして終わらせてしまうべきなのか、相手方の責任についても問うべきなのか、迷っています。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律

法律 についての関連する質問