JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

質問 息子が消費者金融から二社合計65万借りていましが、重傷事故にあい現在ICUに入っています。 医者の説明では

解決済みの質問:

質問
息子が消費者金融から二社合計65万借りていましが、重傷事故にあい現在ICUに入っています。
医者の説明では社会復帰不能回復不明の状況です。
このような場合返済はどのようになるでしょうか?
なお、調べてみないとまだわかりませんが、息子が勝手に保証人のらんに父親の名前を載せている可能性もあります。
ご回答お待ちしております。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 4 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

 

残念ですが、事故に合い意識が無い状態でも借金の返済義務はなくなりません。

 

そして、本人が約定通りに返済しない場合、保証人へその請求がくることになります。

 

お父様が自ら保証人になっていないのであれば、裁判をして(又は返済しないで相手方より裁判された場合)保証人契約の無効を主張することは可能です。

※契約時の状況により、主張が認められるか否かがかわってきます。仮に署名(息子さんが代筆?)だけであれば、契約無効と認められる可能性も十分ありますが、お父様の実印を勝手に使って押印しているようであれば、主張は認められない可能性が高くなります。


仮に息子さんがお亡くなりになった場合は、息子さんにお子さんや配偶者がいなければ、その負債はご両親が相続することにもなります。その際には相続放棄の手続きをする必要もあろうかと存じます。

 

以上がご質問に対する回答となります。実際に契約無効の主張や相続放棄の手続きをする場合、ご自分で対応するのは大変ですので、専門家(弁護士、司法書士)にご依頼することもご検討してみてはいかがかと存じます。

 

下記、法テラスという機関を利用すれば(利用には一定の要件があります)、専門家に支払う費用を立て替えてもらうこともできます。

一度ご連絡されることをお勧めします。

 

【法テラス】

http://www.houterasu.or.jp/sapporo/links/

質問者: 返答済み 4 年 前.


返答ありがとうございます。


もう少し細かい点お尋ねします。


本人の収入がない、貯金もごくわずか(傷病手当のみ本人口座に振り込まれる)場合、医療費にそれを当てて、消費者金融に払う分が実質なくなってしまうということになります。


そうなりますと今後どんな手順で対応していくことになるでしょうか?


家族が相手先に連絡を取り相談するのは得策でしょうか?


何か気を付けるべき点などもありましたら教えてください。


 

専門家:  kanekiyo 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

息子様ご本人の借金を整理する場合、債務整理という手続きをとるのがよろしいかと存じます。

債務整理とは、専門家(弁護士、司法書士)に依頼し、借金整理をする手続きです。

方法は分割支払いの交渉や破産手続きなど種々ございますが、事情に応じて専門家と相談しながら手続きを進めていくことになります。

ただし、これはご本人にその意思がある必要がございます。

現在、ご本人が意識不明の状態だということになると、上記手続きをとる前提として成年後見人選任(本人の財産管理をする人を家庭裁判所に選任してもらう手続き)の申立てをする必要もございます。

以上のような手続きをご質問者様主導でやるのは非常に困難かと存じます(手間も専門知識も必要です)。

息子様本人の借金整理についても、先に述べました法テラスを利用して専門家に依頼するほうが、現実的には良い方法ではないかと存じます。

kanekiyoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問