JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4758
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

お手数をお掛けしますが、リフォーム(賃貸マンション修繕費)の請求の件ですが、短期契約(20か月)とのことで、退去時に

解決済みの質問:

お手数をお掛けしますが、リフォーム(賃貸マンション修繕費)の請求の件ですが、短期契約(20か月)とのことで、退去時にリフォーム費用は、全額支払うとの話し合いで、入居しました。、退去時、立ち合いにてリフォーム箇所を、確認しました。後日、請求書を送りましたが、敷金1か月分で、それ以上は払わないとのこと。差額を回収したいのですが?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お困りのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

問題は、そのリフォーム費用を全額支払うと言う約束が書面等でされていたかと

言うことです。

確かに民法の場合は、口約束でも成立しますが、争うとなると証拠が必要と

なります。

とりあえず、内容証明で、これまでの契約の経緯と、そのことに対する履行要求を

されて、応じなければ、民事調停なり訴訟を起こすと主張されると良いでしょう。

その場合、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼して

専門家の名前で出していただいた方が、相手に本気度が伝わり

スムーズに進む場合もございます。

相手が応じれば、きちんと合意書を、公正証書等で作るなりされると

その後のトラブル防止になります。

ただ、相手が応じず実際に訴訟等となると、リフォーム代の額によれば赤字になる場合も

あるのでご注意が必要です。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問