JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4620
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

医師法について質問です。 1、例えば体験談で私はメンタルトレーニングでうつ病を克服したと、メンタルトレーニングを開

解決済みの質問:

医師法について質問です。
1、例えば体験談で私はメンタルトレーニングでうつ病を克服したと、メンタルトレーニングを開発した本人が体験談として告白して、メンタルトレーニングを他人に指導する場合は医師法に反するのでしょうか?要点は克服という言葉は、治療行為であると見なされてしまうのかです。
2、これと同じように癌の場合で、サイトで体験談で克服したと書いて、そのサイト内で癌に効くのを連想させる健康食品を売る行為は違反になるのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

いつもご相談いただきまして誠にありがとうございます。

民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それはいろいろお悩みのことと思います。

すでに、他の質問でも同様の内容が有りましたが

1、に関しては、やはり、「うつ病」と病名を限定してしまえば治療になります。

治療は、厳密には医師しかできません。

メンタルトレーニングと言うのは、名前からは治療とは思えませんが

結果として「うつ病」を克服したと言うのは、やはり問題でしょう。

また、トレーニングにしても、何にしても、必ず効果が出るような書き方は

詐欺として訴えられる可能性もあり得ます。

ひとつの体験談としてはよくある広告のケースですが、やはり「個人の感想です」や

「効果は人によって個人差があります」などの防御的な文言は必要でしょう。

克服と言うことばよりも、「うつ病」と言う病名が問題となるでしょう。

2、に関しては、医師法と言うよりも、「薬事法」違反の可能性が出て来ます。

これも度が過ぎれば、行政からの勧告等はあり得ます。

とりあえず、目立てば、たたこうとする勢力が必ず出て来ます。

慎重に対応された方が良いでしょう。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.

回答ありがとうございます。


病名が問題ということは、個人的な体験談でも「うつ状態が改善」という言葉に変えたほうが懸命であるという判断なのでしょうか?


また治療行為と見なされ医師法に違反していると判断された場合は、刑法で処罰されるのでしょうか?


その場合の刑法でいうならばどれくらいの罪が課せられるのか教えて頂ければたすかります。

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

なるべく医療行為ととらえられない方が賢明でしょう。

医師法違反は、、医師で無いものが医師と紛らわしい名称を使えば

50万円以下の罰金ですが

医師で無いものが医療行為をすれば、3年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金です。

いずれにしろ、グレーな状態ではあるでしょう。

グレーだからやっても良いと考える方もいるかもしれませんが

難しい問題と言えます。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.

いつも親身に回答して下さりありがとうございます。
医療行為について教えて頂きたいのですが、法律上リスクが多すぎるので勘違いされないようにやってみようと思います。
最後に医療行為に付随しての追加質問で恐縮ですが、


そこで、効果としてどのようにアピールしようか考えたのですが、


アロマテラピーでうたっている「リラックス効果」や「集中力が上がる」、「右脳が活性化する」。みたいな文言は医療行為に当たらないのかグレーゾーンなのか教えてください。

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

基本的に、病気の病名とかが治癒するのはダメなのだと思います。

リラックスや集中力や右脳が活性化なのは

病状では無く、単なる心の状態ですから問題とは言えないと思います。

右脳とかは、まだ科学的や医学的な証明は無いものですから

範囲外ではないでしょうか。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問