JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

つい先日知人から連絡があり、投資話をもちかけられました。内容は、資金提供したらその資金を、元本保証で一月3%1年で1

解決済みの質問:

つい先日知人から連絡があり、投資話をもちかけられました。内容は、資金提供したらその資金を、元本保証で一月3%1年で136%で運用してくれるというものでした。
預り金と言う形で書類をつくるから、もしものことがあったらそれを持って警察に行ってくれたら、刑事事件になるから大丈夫と言っていたのですが、、、本当でしょうか?話がうますぎて、いまいち信用できなかったので、ここに相談しました。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 4 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

 

基本的に投資に絶対はありません。必ず利益を保証するといった話はまず信用すべきではないでしょう。

 

確かに、相手方が最初からだますつもりで話をもってきたのであれば、その証拠書類をもって警察に被害届をだせば、その相手が刑事告発されるかもしれません。

 

ただし、これはあくまで相手方が刑事罰を受けるということだけであって、お金が返ってくるわけではないことにご注意ください。

 

投資した金銭を返還してもらう場合、自ら民事で裁判を提起し、それに勝訴し、相手の財産を差し押さえてはじめてお金を回収することができますが、その手間と費用ももちろん、ご質問者様が負う必要がありますし、そもそも相手に資産がなければ裁判してもお金はかえってこないということになります。

 

相手方との信頼関係がどの程度のものかにもよりますが、上記のことも踏まえて慎重に判断すべきかと存じます。

質問者: 返答済み 4 年 前.
書類を個人の貸し借りにして、元本の返済期日を明記してもらえば、その返済期日をすぎた場合、訴訟を起こせますか?
あと、質問内容の削除はできますか?
専門家:  kanekiyo 返答済み 4 年 前.

金銭消費貸借として契約し、その期限までに返済がなければ、契約書を証拠に訴訟提起し、勝訴することは難しくないと存じます。

 

ただし、先にも述べました通り、仮に勝訴できても相手方が財産をもっていないと現実的に金銭を回収できないことにご注意ください。

※腹立たしいことではありますが、無いところからは取れないということです。

 

質問は、解決した後、閉鎖されますので他者に閲覧されることはございません。

kanekiyoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問