JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
mezasesakurasakuに今すぐ質問する
mezasesakurasaku
mezasesakurasaku, 平成25年6月末弁護士登録抹消確定
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 271
経験:  平成25年6月末まで弁護士業務(以降退会)
69318065
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
mezasesakurasakuがオンラインで質問受付中

ハワイのタイムシェア購入の契約解除を希望です。名義人は家族3人です。4月7日の契約なんでクーリングオフはできません。

質問者の質問

ハワイのタイムシェア購入の契約解除を希望です。名義人は家族3人です。4月7日の契約なんでクーリングオフはできません。ハワイの営業担当者とメールで交渉中ですが 書類など英語なので不安です。違約金も発生するのは覚悟してますが、弁護士さんか司法書士さんかどちらに相談すればいいのでしょうか?カード引き落とし日は5月7日です。総額350万くらいです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

はじめまして、弁護士をしております。

 

総額350万円で、交渉自体を任せたいということであれば、弁護士がおすすめです。

交渉は自分でする、ただ、メールの交渉文面の作成を手伝ってもらいたい、といったことであれば、司法書士の先生でも、依頼する側からすれば、問題はないかと。

 

なぜかといいますと、基本的に、140万円を超える法的な案件については、弁護士資格保持者が代理人となるというのが原則だからです。

よく、「非弁」ということが問題になるのですが、弁護士以外が140万円を超える件について、代理人になるということは、基本的には(あくまで基本なだけですが)違法行為なのですよ。

ですので、もちろん司法書士の先生にあなたがお願いして司法書士の先生が大丈夫と判断して代理人となるので、とくに問題はありません。

ただ、司法書士ですと、この非弁に万が一でもなるとこわいなということで、交渉自体は自分でやってくださいと言われてしまうことが多いのではないのかなと考えます。

 

 

なお、司法書士も弁護士も法律に詳しいという点では同じですが、

依頼するときの費用や交渉力は、結局は個人の資質によるところが大きいですので、正直なところ、一度ご相談に行かれて、信頼できる方にお任せするのが一番かと思いますよ。

(一般的には、司法書士は費用が安いという点がメリット、交渉力が低いという点がデメリットとは言われていますが、別に弁護士だから費用が高いわけでもなければ、弁護士だから交渉力が強いわけでもありませんので。)

 

 

ところで、日本語の説明書に契約解除の明記がないということは、こちら都合での契約解除となりますので、法的に契約が解除できるのかも問題になりますので、オーソドックスにいくと、交渉で合意解除をするのがよいのかなと考えます。

その上で、違約金がいくらになるのかは、相手がどの程度、義務を履行、ようは契約のために尽力したかという、法的な評価の話が関係してきますので、法的知識かつ交渉力に優れた方に依頼するのが、望ましいかと。

ちなみに、違約金は、時間がたてばたつほど、尽力が大きくなるのが通常であるため、かさんでいくことが多いですから、一日でもはやく専門家に対面で、実際に契約書とメールのやりとりを見せて、相談されたほうがいいですよ。

 

 

もし、弁護士に相談でも受けてみようかということであれば、

大阪弁護士会の法律相談を申し込まれてみてはいかがでしょうか。

06-6364-1248

相談料は、30分で5000円程度です。

 

 

回答は以上なのですが、

回答の中で不明な点、追加で質問したい点等ございましたら、返信機能を使って、追加でご質問くださいね。

mezasesakurasakuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございます。大阪弁護士会へ法律相談の申し込みします。少し気が楽になりました。

専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

それは良かったです。

使用は来年から、引き落としは、来月ですから、違約金をできるかぎり低額にすることもできると思います。

相談に行かれるときには、契約書と、メールのやりとりを、忘れずに持って行ってくださいね。

法律 についての関連する質問