JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1076
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

急な母親の病のため、有給休暇を使い病院への送り迎え(付き添い)を行っています。現在までに2日と半日使いました。職場で

解決済みの質問:

急な母親の病のため、有給休暇を使い病院への送り迎え(付き添い)を行っています。現在までに2日と半日使いました。職場で、次回の送迎をすると伝えると、これ以上休むと「信用を失う」、「今後のことを考えないといけない」と上司に言われました。私は、有給休暇を使って母親の付き添いをしてはいけないのでしょうか?母子2人ですので面倒を見るのは私なのですが。どう私は対応したらよろしいでしょうか?良い方法があれば教えてください。よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

法律担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

 

有給休暇は労働基準法第39条で認められた労働者の権利であり、原則として労働者の請求する時季に与えるべきものです。

 

また、同じく第136条で、「使用者は、第39条第1項から第4項までの規定による有給休暇を取得した労働者に対して、賃金の減額その他不利益な取扱いをしないようにしなければならない。 」と定められており、有給休暇を取得した労働者に不利益な取り扱いをしてはいけないことになっています。

 

したがって、上司の発言はまったく気になさる必要はありません。ましてや、母親の病気によるものなのですから、堂々と有給休暇を使って付き添いをしてあげてください。もし、何らかの不利益な取り扱いをしてきても、それは労働基準法違反であり、労働基準監督署に申告することができます。労働基準監督署は申告を受けると会社に対して指導等をしてくれます。

 

 

ekotaeをはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


早速ご回答いただきありがとうございます。上司の発言を気にせずにこれまでどおり仕事を続けようと思います。


『何らかの不利益な取り扱い』とは、具体的にどのようなことなのでしょうか?、今後の参考にもなります。また、対策もできるのでお教えいただければ助かります。

専門家:  ekotae 返答済み 4 年 前.

法律担当の特定社会保険労務士です。

 

お返事ありがとうございます。

 

回答させていただきます。

 

何らかの不利益な取り扱いとは、賃金の減額、労働時間を一方的に減らす、解雇などの職場の待遇を変えることです。

 

こうした変更を労働基準法第136条で明確に禁止しています。上司の発言は気にしないようにして、もし、発言が繰り返されるようであれば、「不利益な取り扱いにすることは労働基準法違反である」ということを上司に教えてあげても良いでしょう。

ekotaeをはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問