JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

アパートの建設を依頼しましたが、最終の工事のことでもめて支払金額を残して支払いました。賃貸契約をアパート建設会社に依

質問者の質問

アパートの建設を依頼しましたが、最終の工事のことでもめて支払金額を残して支払いました。賃貸契約をアパート建設会社に依頼をしてしまっていたので変更ができませんでした。
今月、賃貸会社からの賃貸の支払い明細(入居者の家賃の明細)をみたら工事の最終金額が、差し引かれていました。私に断りもなくできるのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

相手の会社にはあなたに大して工事代金を請求する権利があり、あなたには相手の会社に賃料の引渡しを請求する権利がありました。
このように相互に相手に対して金銭の支払いを請求する権利を有する場合には、簡易に決済をする方法として対等額を「相殺」して一方的に差し引きした残額のみを支払うことが法律で認められています。

ただ、これが正当化されるのはあくまでの相手の工事代金を請求する権利が法律上有効なものであることが前提ですので、もし工事代金を払わずに済んだり、減額できるような事情があなたの側にあったのであれば、その分の金額は相殺できないと主張して相手に返還を請求することができます。

専門家:  AE 返答済み 4 年 前.
回答をお読みになり疑問は解消できましたでしょうか。
より詳しい説明が必要な点がありましたら、返信機能にて続けてご質問ください。
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

ご質問を放置されませんよう、お願いいたします。

下記署名欄についてもご一読ください。

法律 についての関連する質問