JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
rikonnsouzokuに今すぐ質問する
rikonnsouzoku
rikonnsouzoku, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 246
経験:  弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
67515089
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
rikonnsouzokuがオンラインで質問受付中

夫が不倫をして、明日夫と夫の両親で話し合います。 今度で二度目ですので子供の事も考えて今後不貞行為をした場合は

解決済みの質問:

夫が不倫をして、明日夫と夫の両親で話し合います。

今度で二度目ですので子供の事も考えて今後不貞行為をした場合は慰謝料、親権、養育費をきちんと貰えるように誓約書へサインをして貰おうと思い、インターネットで調べて文書を作りましたが、その誓約書だ使えるのかどうかと、取り扱ってもらうのが公証役場、行政書士、弁護士、といろいろネット書いてありまして不安になりましたのでどうか良い方法をお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 4 年 前.

トラブルが起こった後は弁護士に依頼することが必要ですが、トラブルを未然に防ぐために誓約書を作成するわけですから、行政書士に依頼することで十分と思います。

ですので、一番よいのは、行政書士に作成を依頼することです。

このことを前提に、ご相談者様がご自分で作成する場合のやりかたを回答します。

誓約書には2つのパターンがあり、1つは【私文書】という形で、浮気した側・浮気相手・浮気された側が署名押印してもらうパターンです。

もう1つは公証役場にて【公正証書】を作成するパターンです。

私文書の場合、内容としては、

第1条(事実の確認)
(ご主人の名前)と(浮気相手の名前)とは、平成**年**月**日から平成**年**月**日(ご主人の名前)に(奥様の名前)という法律上の妻がいる事を知りながら、不貞行為を継続した。今後は、(ご主人の名前)と(浮気相手の名前)とはメール・電話・面会等名義のいかんに関わらず、不貞行為となるような行為を行わないと誓約いたします。

など、会わないということや不貞行為を認めた文章にするのが一般的です。

約束を破った場合に慰謝料などを請求する場合は、その旨を含めた一文を入れます。金額・支払い方法などをハッキリさせておくのもよいでしょう。

これを3者が納得すれば署名・押印してもらいます。

署名の際には、住所も書いてもらいましょう。

押印は、実印がよいでしょう。

ページとページの間に、割印もあるほうがよいでしょう。

親権・養育費は、協議離婚を前提としますので、今の時点では、慰謝料を高く設定していおくことで、抑止力を発生させておけばよいのではないでしょうか。

●公正証書
内容的には私文書と同じですが、公正役場で公正証書を作成すると公文書と同じ扱いとなりますので、後々に争いになった場合、非常に有力な証拠になります。但し公正証書は約3万~10万円程度の費用が必要になります。

公証人役場にいけば、公正証書にするための条件などは教えてもらえますし、私文書の原案についての助言も受けられます。

費用面さえ気にしなければ、公正証書化したほうがよい、ということになります。

専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 4 年 前.

捕捉です

公正証書は、紛争防止のためのものなので、将来起こるかもしれない事象への権利確保・保全のために公正証書にするのは難しい場合もあるでしょうから、公証人役場へお問い合わせください。

質問者: 返答済み 4 年 前.


的確な回答ありがとうございます。


 


実は明日の話合いを決めたのが昨夜でして1対3の話合いになりますから不安になり公証役場に内容や料金を聞こうと思い電話をしましたが何処も休みでして自分の意志を伝えるには誓約書が良いのではと考えました。


しかし個人でやるには限界があると思いますので専門家に相談しようと思いますが行政書士、弁護士に依頼をした時の料金はどれくらいかかりますか?


 


後、自分で作成した場合、その文書を公証役場に持って行っても有効に使えますか? 再作成などのアドバイスは頂けますか?


後から継ぎ足して申し訳ないです。どうか宜しくお願いします。

専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 4 年 前.

>後から継ぎ足して申し訳ないです。どうか宜しくお願いします。

いえ、最終的にプラス評価していただければ、大丈夫です。

回答者も、質問者の知りたいところをピンポイントで答えることは困難ですから、

何度かやり取りを通じて、焦点を絞ってゆくしかないところです。

>行政書士、弁護士に依頼をした時の料金はどれくらいかかりますか?

弁護士であれば、3万~5万かと思いますが、弁護士は、そもそも安い仕事は受けられないかも知れません。

行政書士ならば、1万~3万というところだと思います。

もちろん、いずれも、自由報酬ですので、事務所によって違います。

住んでいるところの行政書士ではなくても書面作成は可能ですから、インターネットの検索などで、探してみても良いかも知れません。

>自分で作成した場合、その文書を公証役場に持って行っても有効に使えますか? 再作成などのアドバイスは頂けますか?

もともと、公正証書の原案は私文書なので、私文書を持って行って公正証書化してもらうことになるのです。 ですから、私文書の作成の段階で、「公正証書化は可能ですか?」ということで、公証人役場へ持って行くのが良いでしょうね。

私文書の場合と異なり、公正証書にすることの相手方の同意なども必要になってきます。そういったことも含めて、教えてくれますよ。

ただ、時間がないようですから、まずは、上記の回答をもとに作ってみて、ご相談者様のおっしゃる通り、再作成のアドバイスを求めるという流れになるかも知れませんね。

参考になりましたでしょうか?よろしければ、評価をお願いいたします。

良い方向へ向かうことをお祈りして、失礼いたします。

rikonnsouzokuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問