JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

父親が多少痴呆が有り、老人ホームへ入居する際に通帳・印鑑を母親が預かり、役1,000万円くらいのお金を勝手に下ろし戻

解決済みの質問:

父親が多少痴呆が有り、老人ホームへ入居する際に通帳・印鑑を母親が預かり、役1,000万円くらいのお金を勝手に下ろし戻そうとしません。(銀行の出金履歴は取り寄せて有ります)父親が先日亡くなりました。母親は爪に火を灯してためた私のお金と主張で、全く聞く耳を持っていません。費用を抑えて本人を納得させる方法を教えてください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

全く聞く耳を持っていないお母様を納得させるというのは法律で解決することができる問題ではなく、直接話し合うか、すでにご存知の家庭裁判所の調停により第三者である調停委員からも話をしてもらう以外に無いでしょう。

 

それ以外に費用を抑えつつ法律によって可能なのは、ご自身でお母様を相手に訴訟を起こして裁判所に支払いを命ずる判決をもらい、それでも支払わないようであれば預金口座等を差し押さえて強制的に回収する方法ぐらいしかありません。
お母様の行動は適切なものではないですし、弁護士報酬について明らかに相続の法を無視した行為に発生する費用としては大きすぎるとお思いになるのは無理もないと思いますが、ご自身でお母様を相手に訴訟等を行う大変さを考えると、やむを得ないのではありませんか。
あとは、弁護士は高すぎるけれど訴訟を全てご自身で行うのが困難だとお考えであれば、訴状その他の裁判所へ提出する書類の作成だけ司法書士に依頼し、裁判所での訴訟行為をご自身で行うことで費用はずっと安く抑えることができるでしょう。

AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問