JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4625
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

訪問販売法について質問です。 本日我が家で怪しい住宅調査会社がアポイントなして2人訪問してきました。文言がいかにも

解決済みの質問:

訪問販売法について質問です。
本日我が家で怪しい住宅調査会社がアポイントなして2人訪問してきました。文言がいかにも公的機関に依頼されて来ているような感じで(実際ちがう)、台風や地震で瓦が破損したのか無料で調査して保険会社に調査の依頼をしてもらう、実際にお金が降りたその範囲内で修繕すりょうに工務店に手配するからと 甘い言葉を並べてました。疑いの目を向けて色々と質問すると相手が切れて怒鳴り声をあげてきました。丁寧な口調で質問したのですが相手が怒鳴り声を上げた時点で終わったなと思い、詐欺の手口を解明すべく色々と質問して詐欺のカラクリがわかりました。
ここで質問です。
1、住宅が壊れているか調査していると、勝手に訪問してきた場合は訪問販売法に抵触しないのでしょうか?相手は工務店に対して紹介料をもらって生計をたてているといってました。
ここが会社のアドレスです。⇒http://h-chosa.org/construction.html
ホームページに悪意が感じられます。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それはいろいろ困りのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

その手の訪問販売は、台風等の災害の後に多く

たいていは、火災保険等が使えるとのことですが

保険の適用外だったりして、ほとんどが実費のため

知り合いの業者と言われるリフォーム会社との、解約金トラブルが多いようです。

解約金が契約金の50%などといわれることもあり

もちろん、特定商取引法(旧・訪問販売法)違反となります。

契約金も50~60万円の場合が多いようです。

たいていの場合、「氏名等不明示」違反:公的な機関と紛らわしいような名称や

公的機関からご依頼を受けたようなごまかし

「事実不告知」違反:火災保険が必ず使える

などの対応をしてきます。

違反の業者は、都などに連絡をすれば行政処分され

官報や都のHPに違反を公表されます。

今回は、ご相談者様は幸いにも被害にはあっていませんが、国民生活センター(国の運営)か

消費生活センター(自治体の運営)にご連絡いただいて

注意を促すなり、最寄りの警察にご連絡いただいて、ご近所の対応をお願いするなり

された方が良いでしょう。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.

さっそくのご回答ありがとうございます。


想像してた通り怪しい人達であることは身振りそぶりですぐにわかりました。焦点を絞ってもう少し詳しくお聞きしたいのですが、


住宅調査会社はアポイントもなく台風の被害を調査したいと尋ねてきて結果的に工務店からマージンを得て利益を得る仕組みを本人から聞いた場合詐欺かどうか分からなくても訪問してきた時点で、特定商取引法(旧・訪問販売法)違反に引っ掛かるということでよろしいでしょうか?


また違反になるのでしたら、どのようような点が違反になるのか具体的に教えて頂けると、今度営業が尋ねてきたときの防衛になります。


 

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

基本的に、再勧誘の禁止があるので、同じ業者は来ないとは思いますが

来れば、再勧誘禁止ではとつっぱねても良いでしょう。

違反に該当するものは

1、事業者名、勧誘目的の明示義務

2、勧誘意思の確認義務、再勧誘の禁止

3、不実告知、重要事項不告知を伴う勧誘の禁止

4、勧誘の際に、威迫、困惑させる行為の禁止

などがあります。

また、特定商取引の場合は、申出制度があり

そのような怪しい業者による被害等に遭えば

消費者庁長官、経済産業省局長、都道府県知事に申し出ることができます。

 ただし、相手側は、詐欺まがいのプロですし反社会的勢力(暴力団)関係者の

可能性もあるので、決して対決姿勢になることなく

すぐに帰ってもらうおとです。

同じような業者がしつこく来るようであれば、業者側にカモとしてのチェックされている可能性が

あります。

訪問販売を一度も入れて話を聞くのは危険と言えます。

怪しいと思ったら警察を呼びますと主張されると良いでしょう。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.

すいません、私が少し勘違いをしていたのかもしれませんが、昔に比べてアポイントなしでの訪問販売業者が少なくなったので特定商取引法(旧・訪問販売法)とはアポイントなしての訪問販売をする行為そのものが違反であると認識していたのです。先生の回答内容ではアポイントなしでの訪問販売は違法でないと感じられますが、それでよろしいでしょうか?

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

アポなしで訪問販売を禁止していると言うことはありません。

そうなると、新規開拓の飛び込み営業は一切出来ないことになります。

また、電話でのアポイントも無差別にかけているだけで

逆にアポイントメント商法と言う悪質な手口もございます。

ただ、最近では、判例で理不尽な飛び込み営業が住居侵入罪とされたこともありますし

最近では、貴金属の押し買いも違法も特定所取引法の対象となります。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問