JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

住宅地域の中に、ある会社の遊休地が存在していて地域住民には何の説明もなく太陽光発電の設備を設置する工事を開始しました

解決済みの質問:

住宅地域の中に、ある会社の遊休地が存在していて地域住民には何の説明もなく太陽光発電の設備を設置する工事を開始しました。 環境保全の観点からこの様な設備が設置出来るのか否かを聞かせて頂きたいと思います。又可能であっても住民への納得行く説明があるまで執り合えず工事の中止の方法等をお教え願えればと思います。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

1点確認させてください。
太陽光発電の設備が設置されることで、どのような環境への悪影響が予想されるのでしょうか。

返信をお願いいたします。

質問者: 返答済み 4 年 前.


太陽光パネルからの反射により眩しい恐れがある。

質問者: 返答済み 4 年 前.


太陽光パネルからの反射により眩しい恐れがある。

専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

なるほど。反射光の眩しさにより住環境に悪影響があるとお考えなのですね。

まず前提として、土地の所有者には法律で規制されていない範囲でその土地を自由に利用する権利がありますので、住宅地域の中にある遊休地に太陽光発電の設備を設置することも原則として自由に行うことが出来、近隣住民への説明や同意などもなく行うことが出来ます。


もっとも、ご心配されているように太陽光発電の設備の設置により近隣住民に現実に損害が発生すればそれは違法行為になりますので、相手に損害賠償を請求したり、これ以上損害が発生しないような防止措置をとることを請求できます。
また工事の段階でも損害の発生が明らかであれば工事の差し止めを裁判所に請求することができますが、損害の発生を証明することが難しく、認められる可能性は低いと考えられますし、仮に認められるとしても高額な保証金を提供することが求められますので、簡単にはいきません。

 

問題は、反射光による眩しさがどの程度のものかという点です。
確かに太陽光パネルが設置されることで反射光が眩しいことは予想されますが、そのようなものが全て違法とされるのではなく、社会生活を営む上での被害が社会通念上我慢できないる限度(受忍限度といいます)を超えたものだけが違法と評価され、法律による救済の対象になります。
受忍限度を超えるかどうかというのは実際の現場の状況次第ですし、最終的には裁判所に判断してもらうしかないため、ここでお話を聞いて回答することは困難です。

実際に太陽光パネルによる反射光被害を理由にパネルの撤去を求めた裁判が横浜でありニュースなりましたが、一審の地裁ではパネルの撤去と22万円の損害賠償を認めたのに対して、二審の高裁では一審の判決を取消して責任を認めなかったなど、裁判所によっても判断が分かれる可能性のある難しい訴訟になりますので、本気で争うのであれば弁護士に依頼することをおすすめします。

 

弁護士に依頼しない場合は、法律による解決ではなく、近隣住民で団結して相手の会社に圧力をかけ、反射光を防止・提言するような措置を取るよう交渉により相手からの譲歩を引き出すことを目指してください。

AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問