JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

実家の土地の相続についてご相談します。 現在、母親と二男(独身)が実家に住んでおりますが、母親も89歳と高齢の為亡

解決済みの質問:

実家の土地の相続についてご相談します。
現在、母親と二男(独身)が実家に住んでおりますが、母親も89歳と高齢の為亡くなった時には
住んでいる土地を処分して子供達で分けてくれ、と言って私(長男)が母親の意思を便箋に遺言書
として母親の前で代筆しました。
母親には妹が2人おり(共に他 家に嫁に行き娘、息子も独立しています)その妹から最近になって
実家の土地を処分した時にいくらかのお金をもらいたいと話がありました。
実際、その土地は母親の父親が購入して、その時に名義を長女である母親にして登録をしてあります。
母親が養子をもらって後を継ぐということで名義をそうしたらしいです。
母親の妹達には父親が亡くなった時にはゆくゆくの土地の相続などの話はなんらなかったようです。
法律的に私の叔母である2人に土地を相続し処分したお金を分けないとならないものなのか。
又、分けるといくらが妥当なのか。教えていただきたいと相談しました。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

お母様のお父様(以降、お祖父様と書きます)が長女であるお母様の名義で購入した土地ということであれば、お祖父様の意思としてはお母様に取得させるつもりであったと考えられますし、仮にそうではなかったとしてもお母様が20年以上のご自身の土地として住んでいたのであればお母様のものになりますので、ご実家の土地はあくまでもお母様の財産です。

 

お母様にもしものことがあったときは、お母様の財産をあなたとあなたの兄弟が平等に相続するのであり(弟さんと二人兄弟であれば、それぞれ2分の1ずつです。)、お母様の妹二人は相続人になることはできず、妹二人がその土地を処分したお金を分けるよう相続人であるあなた方に請求するすることはできませんので、法律的には分ける必要がないという回答になります。

もちろん、お母様のご意思で妹二人にも分けたいという場合は遺言書に記載することで分けることができますし、相続人であるあなたから気持ちだけでも渡したいという場合は、渡すことは自由です。


また、ご質問はいただいていませんが、お母様の遺言書としてあなたが代筆して便箋に書いたものは確かにお母様の意思を表示し子供達に伝えるものではあるのですが、法律的には有効な遺言書にはならず無効ですので、その点も注意された方が良いですね。
一般的に作成される遺言書は自筆証書遺言と公正証書遺言という2種類あるのですが、ご自身で作成する自筆証書遺言の場合、遺言の全文・日付・氏名をお母様が自筆で書き、印鑑を押すことが必要です。代筆は認められません。

お母様が字を書くのが困難な場合に遺言書を作るには、公証役場で法律の専門家である公証人が作成する公正証書遺言にする必要があります。

AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問