JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

2012.12月から別居をしています。 理由は口論になった末に暴力をふるわれそうになり、怖くなった私が娘を連れて家

質問者の質問

2012.12月から別居をしています。
理由は口論になった末に暴力をふるわれそうになり、怖くなった私が娘を連れ て家を出ました。
その後、旦那の自己破産が決まりアパートの家賃が高いという理由から旦那が一人で家賃の安い私たちからは遠い場所へ引っ越してしまいそのまま別居がスタートしました。
旦那は離婚を前提とした別居だといい、会うたびに離婚届にサインを求められ、私は何も決まらないうちにはサインはしない。と、断り続けていましたが、あまりにしつこく、何かに焦っているようで・・公正証書を作成するなら。という理由で、2013.3.27に公正証書を作成しました。
(届はまだだしていません)
その際、旦那が自己破産するという理由で慰謝料は払わないと言われ、それで合意してしまったのですが、そんな中、先日、どうも旦那に彼女らしき人物がいることが発覚しました。
今現在ちゃんとした証拠がないのですが(私が勝手にメールを見たくらいで証拠としては残っていません)今から証拠をつかみ、慰謝料を請求することはできるでしょうか?また、1度作ってしまった公正証書を無効にすることはできるのでしょうか?
あと・・1番気になっているのが、別居したことで夫婦破綻していたことになるのでしょうか?
何かアドバイスをよろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
こんにちは。弁護士です。

複数の質問がありますので、順番を変えてお答えします。

1 >1度作ってしまった公正証書を無効にすることはできるのでしょうか?

基本的にはできません。
公正証書はしっかりとした手続で作ったはずです。
ですから、それを簡単に覆すことはできないのです。

どうしても覆すのであれば、
・公正証書無効確認の訴え

・新たに公正証書の作成
しかありません。


2 >あと・・1番気になっているのが、別居したことで夫婦破綻していたことになるのでしょうか?

別居というのは破綻を判断する1つの理由にしかなりません。
別居が何年にも及んでいれば、それ1つで破綻となるでしょうが、
質問からするにそうではなさそうです。
さらに、結婚関係を修復しようとする努力も見られますから、破綻とするのは難しいでしょう。
もちろん、別居に至る過程をすべて考慮しますから、破綻とされる可能性もあります。


3 >今から証拠をつかみ、慰謝料を請求することはできるでしょうか?

詳しくは公正証書を見ない限りわからないのですが、
まずは公正証書を無効にしてからの方が無難です。

仮に無効にできないとしても、公正証書の表現によっては慰謝料を請求できる可能性は残ります。
浮気による慰謝料まで請求しない、と公正証書から読み取れるかどうかが問題なのです。
これは実際に公正証書を見せて弁護士のアドバイスをもらった方がいいと思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.


お返事ありがとうございました。


 


とても参考になりました。


 


あと、もう少しだけお聞きしたいのですが、やはり、公正証書は1度無効確認の訴えをしようと思うのですが、それはちゃんと不貞の証拠を手に入れてからのほうがいいのでしょうか?


 


それとも、早く無効にしてしまっていたほうがいいのでしょうか?

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
どちらも同時に進行しましょう。

不貞の証拠はためらっていると、どんどんなくなるかもしれません。

公正証書無効確認よりも、まずは公正証書を弁護士に見せて、無効確認をする必要があるかどうかを見てもらった方がいいと思いますよ。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

まず、証拠集めと、弁護士さんに相談を並行してやってみようと思います。


 


ありがとうございました。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
しっかりと自分の権利を主張できるようがんばってください。

証拠さえあれば裁判は勝てますよ。

法律 についての関連する質問