JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 弁護士・1級FP技能士・CFP
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士・1級FP技能士・CFP
71156846
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

以前、不倫関係にあった女性の旦那さんと、和解としてその方と示談書を書きました。 毎月〇〇円、合計100万円払うとい

質問者の質問

以前、不倫関係にあった女性の旦那さんと、和解としてその方と示談書を書きました。
毎月〇〇円、合計100万円払うという約束で、もし破った場合は500万円支払うという内容
のものでした。

それから、毎月支払いをしているのですが、自営業で仕事での収入が思う様にいかず、
少し(10日ほ ど)待ってもらったりもしながら、現在は約半分の支払いが済んでいます。

ところが、今月は待ってもらえず「500万円払って」と言われました。

当時、「旦那さんに悪い事をしてしまった」という気持ちから書いたものですが、
年収を超す金額なので困っています。毎月の支払いに関して、
こちらに払わない意思はないのですが、法律的にはこれはどう考えると良いでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お困りのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、ご相談者ご自身が蒔いた種とは言え、このご時世、お辛い状況だと思います。

不貞行為の経緯がわかりませんが、相手が離婚をしない単なる火遊びなら

慰謝料100万円はかなり高額な方です。

 だいたい、年収1000万円の方でも50万円、それも分割で何てことも多いのです。

また、お話から、示談書は、公正証書ではなくご自分達で作成された私文書では

ないでしょうか?

それなら、強制執行ができませんし、場合によっては脅迫や強要で書かされたとの

主張も可能かもしれません。

100万円で違約金500万円と言うのも、どうかしている感じも致します。

また、借金の場合は、支払わないと言うのは問題ですが

払う意思があって事情で払えないと言うのは、犯罪でも何でもありません。

支払方法のリスケジュールを立ててもらうことです。

待つ待たないは相手の自由ですが、法的に必ずご相談者様が従わないといけない

訳ではありません。

とりあえず、協議が難しいのであれば、民事調停を裁判所に申し立てることです。

調停は、費用は数千円で、弁護士の先生にご依頼する必要もございません。

この手の民事は、訴訟になっても本人訴訟が一般的です。

簡易裁判所では140万円までの訴訟額を争えます。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.

示談書の効力についてお伺いします。


 


話し合いの場は先方の旦那さんと僕で行われました。


文章を向こうの言う様に書き、拇印を押したのですが、


これに対する効力は民事調停で支払い金額の変更が可能でしょうか?


 


よろしくお願い致します

専門家:  fplawyer 返答済み 4 年 前.
先の回答は問題があると思いますので、問題点を記します。 まず、公正証書ではなくとも、示談書を作成しているのであれば、100万円を支払う、違約金500万円とする和解契約が成立していると判断されうる事案である。 和解契約(または債務弁済契約)は契約であって、和解契約において支払う金額は自由である以上、不法行為を理由に損害賠償する事案と比べて、相場から離れていることは、関係 がない。本件では、100万円の支払義務がある(と裁判になれば裁判所は判断する可能性が大である。ただし、本相談においては、どのような文書を作成したのか不明なので、断定はできない)次に、違約金であるが、違約金も、原則として当事者同士で自由に決定できるのであるから、本件においても、原則として違約金どおりの義務があることから出発するべきである。違約金が高すぎる場合、実質的な暴利行為として公序良俗違反として無効主張するか(民法90条)、錯誤、詐欺、脅迫などを理由に、無効、取消を主張することになるが、本件でそのような事情があるかどうかわからないのであるから、基本的に500万円の支払義務が生じると考えられる。以上を前提とした上で、相手方と、返済について、再度合意する(返済計画の見直し)を申し入れるべきである。相手も、回収できない金額を請求しても意味がない、ということを理解すれば、返済見直しについて応じる可能性があると思うが、金額については500万円が前提になる可能性は十分あると思われる。話し合いで、相手方が納得できず、訴訟を起こしてきた場合、500万円の支払いを命じる判決が出る可能性がある。その場合も、一括で支払えない以上は、分割返済をしていくしかない。

法律 についての関連する質問