JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

相手の承諾を得ないで会話の録音し、裁判等で使うことについては、平成12年7月の判例で、電話につぃては <相手の承諾

解決済みの質問:

相手の承諾を得ないで会話の録音し、裁判等で使うことについては、平成12年7月の判例で、電話につぃては
<相手の承諾を得ないで勝手に会話を録音することは、相手に不信感を抱き、証拠とする場合は合法とする>
という判例がありますが、電話でなくて、一般の会話を勝手に録音するときについてはどうなんでしょう?
電話での録音の判例が拡大解釈され、相手に不信感を抱いてる場合は、違法ではないということでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

違法とはならない可能性が高いです。

そもそも、なぜ相手との会話を録音しても違法にならないかという点ですが、
発言をしている時点で、その発言内容については秘密にされなくてもしょうがない、と見なされるためです。
秘密にしたいのであれば、そもそも話さなければいいのです。

相手に不信感を・・・というのも、もっともではありますが、
そうであればなおさら話さなければいいですし、
不信感の有無は判断材料としては不明確なので、
やはり違法とはならない、という判断となるでしょう。
質問者: 返答済み 4 年 前.

よくわかりました。どうもありがとうございました。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
会話の録音は、割と多く裁判でも証拠になります。

録音はある程度堂々としていいですし、
不信感があるのであれば会話にはご注意ください。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問