JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4908
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

業務委託の違約金について教えてください

解決済みの質問:

はじめまして。私は業務委託でピアノ講師をしているものです。 ピアノを習いたい生徒さんがHPを見て体験レッスンを申し込みそのあと続けるかを決めるというシステムになってます。 先日体験レッスンをおこなった生徒さんに個人ではやってないのですかと聞かれ、これとは別に個人でもやっていますと答えました。 体験レッスンが終わると講師が生徒さんへ向けてその日レッスンでやったことな どをネット上へ書くのですが、そこで私がもし個人の方がよければご連絡くださいと書いてしまいました。 その後会社からメールがきて、このことが業務委託契約時に禁止している直接取引の勧誘にあたるので、本来は法的措置とともに規約通り20万の違約金をお支払いいただくところ、今回は早急に返信、お詫びの言葉をいただいたので15万の違約金を請求させていただきます。 というメールがきました。 確かに私はメールで書いてしまったのでそのことはとても反省していますが、実際その生徒さんと直接レッスンはしていません。 それに、もし違約金を払うにしても生徒さんがレッスン代として会社に払う金額から何パーセント(1レッスンで1400円、さらに源泉徴収がひかれます)しかもらっていないので15万は高いのではないかと思っています。 それでも支払わない場合は管轄の裁判所を通して訴訟手続きを開始させていただきます。とメールがきたのですが、それからしばらく何も連絡がなくそのままにしておいたところ、先日郵便で私のサインのある誓約書と、通知書(4月末までに15万を振り込んでください。振り込みが期限までに実行されない場合は本件について法的措置をとらせていただきます。と書かれています) この2枚と私が送ろうとしたメールの内容が印刷されたものの全部で3枚が送られてきました。 私は15万円を払わなければならないのでしょうか?また、どのように対処したら良いのでしょうか? ご回答お願いいたします。

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。
それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、確かに雇用でもなく業務委託契約であれば、そこまでの契約は

無効と言えるかもしれません。

労働基準法16条にも抵触する可能性はあります。

ただ、雇用ではないので労基法は難しいかもしれませんが。

とは言え、自由契約であっても、相手に損害を与えてもいないのに

15万円と言うのは公序良俗違反で無効の可能性が高いですね。

現時点で、その生徒さんと個人的な契約は結ばれたのでしょうか?

とりあず、労働相談センターの方から指示を受けた、違約金の内訳に関しての

開示請求を業者側にされてみても良いでしょう。

ただ、誓約書と言うのが気になりますが、内容証明ではなく普通郵便と言うことでしょうか?

それに15万円ですから訴訟にしても労力と経費がかかって意味が無いとは思いますが

少額訴訟なら注意が必要です。

業務委託や請負と言うのは、業者とご相談者様が対等な立場であるのが前提です。

従属的関係が実態であれば、労基法の対象になる可能性もあります。

いずれにしろ実損が無いのに、15万円はそれでも問題と言えます。

業務委託契約は、一般社員よりも高額で契約するのが普通です。

2倍の自給等の場合が多いですね。

その辺りで、民事調停等で争う用意があると主張されても良いでしょう。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.

supertonton様、ご丁寧な回答ありがとうございます。


またいくつかお答えいただければと思います。よろしくお願い致します。


 


誓約書には業務委託と書かれています。


 


生徒さんとは個人的な契約は結んでいません。


通常は最初に体験レッスンとして無料でレッスンをして、その後に生徒さんがその後も続けるかを決めるというシステムなんです。


今回のその生徒さんは私個人と契約は結んでおらず、また、事務所(会社)を通してその後の月謝が発生するレッスンを申し込んだかはわかりません。


 


誓約書が送られてきたのは内容証明ではなく郵便(メール便)でした。


 


違約金の内訳についての開示請求をいうのはどのようにしたらいいのでしょうか?


以前メールで内訳を教えてくださいと連絡したら何の返信もありませんでした。


 


少額訴訟なら注意が必要ですとありましたが、どのようなことを注意すれば良いでしょうか?


 


従属関係ですが、特にこれをしなさいなど言われることはありませんが、体験レッスンの申し込みが入るとメールで連絡がくるのですが何時間か返信しないでいると、{今すぐ}○○様への返信をお願いします。というメールはきます。また、講師を募集する際に給料を時給として募集していますが、これは業務委託でも問題ないのでしょうか?


 


お忙しいとは思いますが、どうかご回答よろしくお願い致します。

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

業務委託と言うのは、対等な立場の契約と言うことです。

一方的に、雇い主側の有利な契約は問題と言えるでしょう。

また、労働法の考え方は、講師や家庭教師は、労働者の立場と言われています。

そう言う意味では、労働基準法に抵触していると考えることも可能かもしれません。

労働相談センターに、相手方のその後の対応の経緯をご説明されても良いでしょう。

何もしかけてこなければ、また、その業者ともう契約をしないのであれば

放っておく手もあるでしょう。

訴訟で争っても仕方がない額なので

相手方も裁判と言うことは無いかもしれません。

ただ、60万円以下の少額訴訟は、1日で結審するので

理由がなく欠席などされないことです。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.
ご回答ありがとうございます。

今後その業者とは契約をしないつもりなので放っておこうと思います。労働相談センターには相談してみます。

最後にもう一つだけ質問なのですが、もし少額訴訟を起こされた場合、そこで違約金15万を払うということになる可能性はどのくらいでしょうか?

お忙しい中何度も質問して申し訳ありませんがどうぞよろしくお願い致します。
質問者: 返答済み 4 年 前.
ご回答ありがとうございます。

今後その業者とは契約をしないつもりなので放っておこうと思います。労働相談センターには相談してみます。

最後にもう一つだけ質問なのですが、もし少額訴訟を起こされた場合、そこで違約金15万を払うということになる可能性はどのくらいでしょうか?

お忙しい中何度も質問して申し訳ありませんがどうぞよろしくお願い致します。
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

15万円のために、少額訴訟と言えども手間は手間ですから

あまりするとは思いませんが

お客様に相談されただけで、契約する意思は無かったと言う証明ができると良いでしょう。

いざという時は、お客様に一筆書いていただくと良いでしょう。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問