JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

4月から高校3年生になる17歳の女子高校生の母親です。 現在28歳の男性とセフレの関係になっており、妊娠してし

質問者の質問

4月から高校3年生になる17歳の女子高校生の母親です。

現在28歳の男性とセフレの関係になっており、妊娠してしまったようです。

男性へ報告したところ、逃げてしまい連絡が取れない状況らしく、

相手のメールアドレスと携帯番号は知っていますが、それ以外の情報は分からない状態です。

名前もフルネールは分かりません。

この場合、相手から慰謝料を取ることが出来るのでしょうか?

また、取れる場合はどういった手順を踏めばよろしいのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

娘さんは17歳ということなので、
同意の上でセックスをしたとはいえ、相手の男性は条例違反として処罰される可能性があります。

しかしながら、慰謝料とは精神的苦痛を金銭で補うものである以上、
精神的苦痛がなければ慰謝料は請求できません。
セフレということなので、お互いが望んで性交渉、妊娠したと捉えられるため、
慰謝料を請求できる可能性はかなり低いと考えられます。

性交渉の末に慰謝料請求できるのは、強姦などの事例に限られます。

残念ですが、娘さんに貞操観念を大事するよう強く説教するほかありません。
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
質問は放置せず、適切な処置をとるようにしてください。

このまま放置しても質問者様には料金がかかります。

わからない点があるのであれば、その旨を明示してください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答ありがごうございます。


 


慰謝料は難しいということは理解いたしました。


 


私どもの管理不足もあるかと思われます。。。


 


条例違反として処罰させるためには、警察へ届け出れば良いのでしょうか?


 


その際に、相手の情報としては「メールアドレスと携帯電話番号」のみとなるのですが、それだけで相手を特定することが出来るのでしょうか?また、処罰させるためには何かそれなりの証拠が必要となるのでしょうか?

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
処罰を望むのであれば警察に行ってください。

警察がしっかりと捜査を開始すれば携帯電話番号から、本人を特定することは可能です。
証拠はあるに越したことはありませんが、それを集めるのは警察の仕事です。

警察に行くのは、予約も要りませんし、無料ですから、とりあえず行ってみるという感じでいいと思いますよ。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.
ご回答ありがとうございます。

今日相手から連絡があり、結婚し子供もいるので迷惑かけれない、もう連絡しないで欲しいと言われたのですが、この場合結婚を知らされていなかったため慰謝料は取れるのでしょうか?
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
そんなことを言われたからって連絡はやめてはいけませんよ。
むしろ相手の弱みですからつけ込んでいきましょう。

結婚を知らされていなかったとはいえ、
娘さんはその男性と結婚する意思はなかったわけですよね。
そうすると、それを黙られていたからといって慰謝料をとれるわけではありません。
質問者: 返答済み 4 年 前.
ご回答ありがとうございます。

弱みに付け込むとは、具体的にどういった方法が効果的なのでしょうか?

付け込むことで慰謝料が取れるということでしょうか?

娘は多少なり好意を抱いていたようです。今回の場合どうやっても慰謝料が取れないのであれば、制裁を加えるため警察に行こうと思っています。
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
そういうことです。

条例違反の被害者には違いないわけです。

性行為自体は合意の上なのでしょうが、犯罪被害者であることには違いありませんので(ただし、県や市の条例をご確認ください。)、金銭的解決をもちかけるのです。
裁判外で金銭を受け取ることは、当事者が納得すれば自由ですからね。

法律 についての関連する質問