JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

息子が2012年12月に結婚入籍しました。 と同時に、夫婦がお互いを保証人として、家を買う為のローンを組みました。

解決済みの質問:

息子が2012年12月に結婚入籍しました。
と同時に、夫婦がお互いを保証人として、家を買う為のローンを組みました。

ところが今離婚話が持ち上がっています。
息子はお金を稼ぐために転職もし、ダブルワークで夜中にも働いたりしていますが、足りないと言われています。給料は通帳ごと嫁に渡していますが、毎月実家からお金を借りるようになりました。
それに息子が耐えられなくなりつつあり、離婚を考えていま す。
と言うより、今までも喧嘩(お金が無い事を詰られるなど)するたび「別れる」と言われてもいました。
新しい家には嫁はまだ住んでいません。
嫁の子供が中学校へ入るまで転校させたくないので、もう1年別居すると言っているそうです。

離婚する場合、息子は家をキープしたいとは思っていません。ローンが無くなる方が望ましいです。
ローンは息子2千万強、嫁500万程度で、頭金無し、月々10万弱の支払いです。
嫁には2人の連れ子が居ますが、養子縁組はしていません。

どうしたら、家のローンを払い続けずに離婚出来るでしょうか?
なお、息子に貯金は有りません。

よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

>どうしたら、家のローンを払い続けずに離婚出来るでしょうか?

そういう約束のもとで離婚をする、しかありません。

まず、ローンの負担を妻との関係で外すことに同意してもらいます。
離婚条件の中で明確にしておきましょう。
これには妻の同意が必要です。妻が同意しない限り、ローン負担は免れません。


仮に妻の同意を得ることができたとして、債権者(おそらくは銀行でしょう。)の同意も必要です。
一方的に「ローンの支払はやめました。」と言っても銀行が同意しない限り、外してもらえないのです。銀行が「わかりました。」と同意し、ローン名義人から外してくれることが必要です。


話の持って行き方とありますが、難しく考える必要はありません。
銀行には単刀直入に「離婚することになったのでローンから外してほしい。」というほかないです。

妻にはローンの支払を免れる代わりに、何らかの譲歩が必要です。
家を手放す、預貯金の分与を妻に多めにするなどですね。
今まで良いようにやられてきているならば、しっかりと法的手続き(調停等)を踏んでください。
これからの行動は慎重に行う必要がありますよ。「よくわからなくて・・・」とは認められません。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答有難うございます。
少し質問させてください。


 


・「ローンの負担を妻との関係で外すことに同意してもらいます」


と言うのが良く判らないんですが?


 


また、息子は家を手放す(売る)事にそう未練は有りませんが、嫁は欲しくて買った家ですし、地元(実家に近い)でもあり、少ないとは言えローンの支払いもしていますので、手放したいとは思っていません。


なので、息子がローンの負担を止める=支払わない事に到底同意するとは思えません。


 


・「家を手放す、預貯金の分与を妻に多めにするなどですね」


この家を手放すと言うのは売ると解釈して良いのでしょうか?


物干し場を作る、エアコンを設置するなど、更にお金をかけましたが、実際に住み始めたのは1ヶ月ほどです。


売り方もどうするのか?


 


これから離婚を前提とした話し合いをしていくでしょうが、結果が出るのが長引くと、結局家のローンを支払っていく期間が長くなってしまいそうですね。


 


結婚していた期間が短いとは言え、何らかのメリットが嫁に無ければ応じるはずが無いですもんね。


 


また預貯金もゼロですので(家を買う頭金も全て実家から借りました)、最悪の場合、自己破産など事も視野に入れる必要があるでしょうか?


 


 


 

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
同意するはずがないのであれば、それはローンからは免れないということです。
一方的にローンを押しつけることなど、できないことは当然です。

ローンを支払うことが不可能なのであれば、破産も視野に入ってくるでしょう。

家を手放すというのは、妻に住ませるということで売るということではありません。
質問者: 返答済み 4 年 前.

一方的にローンを押し付ける事が出来ないのは判ります。そもそも嫁にそのローン全額(月々にしても)を払える力は有りません。


 


嫁が同意しない限り、ローンに関しては何も出来ないと考えるべきなのでしょうか?


 


また、息子が家を出て、嫁に住ませてしまったら売れませんよね。そしたらローンは無くならないですね。


離婚すれば一緒に住むはずだった家が不要になる訳ですから、ローンを払っていくより、売ってしまいたいと思うのですが、それも嫁の同意が必要ですね。


 


こういう条件の摺り合わせは調停や裁判になっていくのでしょうか?


 


 

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
そのとおりです。

離婚の条件は、お互いの話し合いで決めるべきことですから、
妻が同意しない限りは何もできません。

そして、同意を得るための手続きとして調停や裁判が用意されているのです。

家での話し合い→調停→裁判という流れです。
まとまった時点で終わればいいです。
質問者: 返答済み 4 年 前.


有難うございました。


結局、破産の他に何も出来る事は無いように思いました。


 


お手数かけてスミマセン。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
破産はどうしても払えない場合だけですからね。

家を妻に住ませるのであれば、それ相応の財産は譲り受けるべきですから、
破産しかないとは思えませんが・・・。
質問者: 返答済み 4 年 前.

「妻を家に住ませるのであれば、それ相応の財産は譲り受けるべき」としても、妻に「それ相応の財産」は無いのです。


それと、妻に住ませて、そこから家賃を貰うにしても(貰えたとして)、住んでも居ない家に対してのローンは35年なりがそのまま残る訳ですよね。


それは最も避けたい事です。


故に破産と思い至ったのですが・・・

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
これまで財産をさんざん譲り続けていたわけですよね。

妻が「財産がない」と言っているなら、それを真に受けるのは危険ですよ。

そういう危険を冒さないために調停等があるのです。

だからこそ慎重に・・・と最初に書いたわけです。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問