JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

カード会社から督促状が届きました。身に覚えが無くビックリして問い合わせすると、昨年12月31日に京王百貨店でカードが

質問者の質問

カード会社から督促状が届きました。身に覚えが無くビックリして問い合わせすると、昨年12月31日に京王百貨店でカードが使われたと。
私は奈良在住で、東京の百貨店で買い物はあり得ないと伝えると、裁判所に訴えると言われました。
納得が行かず、自署したレシートのコピーを送ってもらい、確認すると、母の名前がサインしてありました。
母は東京在住で、カード名義人は私です。名義が違うのに支払わなければならないのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.
回答のため、確認させてください。

お母様のサインがしてあったとのことですが、実際にお母様があなた名義のカードを使って買い物を行いサインをしたのでしょうか。
それともまったくの第三者があなた名義にカードを不正に使用し、お母様のサインをしたのでしょうか。

返信をよろしくお願いします。
質問者: 返答済み 4 年 前.


母の自署に間違いありません。

専門家:  AE 返答済み 4 年 前.
それでしたら、支払う以外の選択肢は無いですね。

法律的なことを言えば、あなたはカードを使っていないのですから支払う必要はありません。
しかしお母様が不正にカードを使用して買い物をしているのですから、お母様に支払う義務があることはもちろん、例え家族であっても他人名義のカードを使用することはカードの利用規約違反ですし、形式的なことを言えば詐欺罪にもあたり得る行為です。
実際にはそんな悪質な行為ではないのはもちろんですが、「いけないこと」だというのはお母様にも良く理解していただいて、今後はカードをご自身で適切に管理する必要があります。
質問者: 返答済み 4 年 前.

分かりました。ありがとうございました。


そのカードは割引率・金利が一般カードとは違い、京王グループに勤務する社員しか持てないかなり優遇されてまして、退職すると失効となると約款に書いてあったので、とっくに消失していると思ってました。


退職して15年後にこのような事が起きてびっくりしました。


 


カード名義と自署サインの名前が違っても決済可能なんですね。

専門家:  AE 返答済み 4 年 前.
なるほど。15年も前に退職されており、失効していると思っていたのですね。
その点については相手方のミスもあると思いますが、実際にカードで買い物をした以上は、その分の代金は支払わなければならないことに変わりはありませんので、やはり支払は必要です。
カードは返却するか破棄してしまいましょう。

カードのサインというのは名義人の名前でなくとも構わないものですので、カードの裏面に自署したサインと決済時のサインが一致していれば決済可能です。
カードの裏面にサインが無ければ照合もされないので、どのようなサインでも決済されてしまいますね。
質問者: 返答済み 4 年 前.


驚きました。カード名義人と自署サインが別人であっても、決済可能なんですか。知りませんでした。


カードって怖いですね。今回は母の買い物ですので、支払いに戸惑いはありませんが、第三者だったらと思うと。。。


むやみに便利だからと作るものではないですね。勉強になりました。


 

専門家:  AE 返答済み 4 年 前.
もしかしたら勘違いさせてしまったでしょうか。
別人がサインしてもいいということではなくて、名義人が自らのサインとして使うものは自分の名前でなくても構わないという意味です
例えば「田中太郎」という人が自分のサインとして「鈴木一郎」と書くことも禁止されてはいませんし、それで決済が可能です。もちろんご自分の名前を使うのが一番ですし、不正使用の恐れがあるので他人の名前を使う意味はないのですが。
サインはカードの名義人の名前かどうかを確認しているのではなくて、カードの裏面の署名と一致していることによりカードの持ち主かどうかを確認しています。だから名前以外の記号であったり、崩しすぎて判読のできない文字であっても良く、自分以外の名前もダメではないのです。

そのサインの照合のために、カードを受け取ったらまず裏面に署名してくださいとカード会社は案内をしていますし、署名がしていないと照合ができないので不正使用を防げないことがあり、不正使用がされた際に保証が受けられない場合がありますという注意喚起をしています。
現在のネットでのクレジット決済では署名なども無いですし、より不正使用の危険というのは高くなっています。
便利なものですが、その分リスクもあるのできちんと自分で管理することはとても大切ですね。
質問者: 返答済み 4 年 前.


ご丁寧にありがとうございました。


支払い義務があることは納得しましたし、カード会社にもその旨伝えました。


どうしても、販売店側に本人確認しなかったのかのかなと過失があるのでは?と腑に落ちなくて。


主人のカードを嫁の私が使えなかった経験あるので。カードに刻印してある人以外は使えないと思ってました。

専門家:  AE 返答済み 4 年 前.
いいえ、どういたしまして。
カードの規約上名義人本人以外に使うことはできませんし、販売店側に本人確認の甘さはあったのだと思います。
ただその過失を追求できるのは名義人であるあなたであって、結果的に不正使用してしまったお母様は相手の過失を理由に支払義務を免れることはできず、逆に他人のカードを使った責任を追及されてしまう立場ですので、全体としては使った分を払ってそれで解決するのが一番良いということになります。
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.
回答をお読みになり疑問は解消できましたでしょうか。
ご不明な点がございましたら、続けてご質問ください。
下記署名欄についてもご一読お願いいたします。
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

ご質問を放置されませんよう、お願いいたします。

法律 についての関連する質問