JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

7年間付き合い、婚約した彼女がいました。 互いに結婚の準備をし、式場も予約してました。顔合わせ直前の家族会議で自分

解決済みの質問:

7年間付き合い、婚約した彼女がいました。
互いに結婚の準備をし、式場も予約してました。顔合わせ直前の家族会議で自分の父親の借金問題、祖母の高額医療費、同居している叔父が無職、と想像以上に問題をかかえていることを知り、本来なら顔合わせのはずだったんですが、この席で僕から、結婚を無かったことにしてくださいと言いました。もちろん、結婚したかったのですが、僕が長男なので彼女を自分の家の金の問題に巻き込みたくなかったからです。ただ、僕の両親は自分たちのことを切り離してでも結婚してくれと言ってくれました、が僕は長男ですし、簡単に切り離すことはできないと考え、相手の母親からもう 一度家族で話し合ってくださいと言われてましたが、再度、結婚を白紙に戻したいと僕のほうから伝えました。そのことから、彼女から結婚破棄の慰謝料請求をするという連絡があり、最初に22万5千円を彼女の口座に振り込むように言われましたが、家の抱えているお金の問題があり、拒みました。その後、態度が豹変し、裁判やったら、こっちが勝つんだよとか、5倍払うことになるだとか、法的処置をとるとかいろいろ言われました。僕は家のことでいっぱいいっぱいなのに、なぜそんなに金金言うのかと思い、裁判やればらいいじゃんと言ってしまい、その後、相手の父親と電話し、娘の要求に男らしく応えろと言われ、会社を休んで今週土曜日に慰謝料を持ってこいと昨日、言われました。それと、僕がてんかんの病気を持っていて会社に内緒にしていることも知っているので、来ないんだったら、会社にてんかんのことバラしたら、お前の家族バラバラになるなとか、慰謝料を楽しみにしてますだとか言われて、突然でどうしたらいいのか分からなかったのですが、分かりました、慰謝料を持っていきます。と答えました。僕の場合、結婚はしたかったのですが、家の事情を考えたときに、彼女に苦労をかけることが目に見えていたので、仕方なく結婚を断ったのですが、この場合、相手にとって慰謝料を取る正当な理由になるのでしょうか?それと心配なことがあり、この場合、僕の家族も結婚できない理由にあたり、結婚の邪魔をした第三者ということで慰謝料請求することができるのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして、ありがとうございます。

家族関係専門の行政書士のrikonnnsouzokuでございます。よろしくお願いします。
 ご相談者様におかれましては、大変なご状況にあるようで、心中お察し申し上げます。

「相手にとって慰謝料を取る正当な理由になるのでしょうか?それと心配なことがあり、この場合、僕の家族も結婚できない理由にあたり、結婚の邪魔をした第三者ということで慰謝料請求することができるのでしょうか?」

ということですが、

このサイトは「一般的な」回答をすることになっておりますので、

「どのような場合に婚約破棄が正当と認められるのか」という質問と考えさせていただき、

回答させていただきます。

これは、離婚が認められる場合の「婚姻を継続しがたい重大な事由」の判断とほぼ重なるのですが,

離婚がそれまでの結婚生活の積み重ねを前提とするのに対して,

婚約破棄はそれまでの生活の積み重なりが無いため,

比較的離婚よりも認められやすいとされています。

具体的には,婚約成立後の不貞行為,暴力や暴言、経済的状態の急変等により,今後婚姻をすることが社会通念上困難な状態となることが認められれば、

婚約を破棄する正当な理由があると認められます。

このように、一般的には、経済的状況の急変が正当理由になっていますから、経済的状況が良くないことを知った、ということも、正当な理由に認められる可能性はあると存じます。

もちろん、断言はできませんが。

また、慰謝料は不法行為、つまり、故意や過失が必要です。故意・過失があって結婚を邪魔したものでなければ、慰謝料の責任は発生しないといえるでしょう。

あくまで一般論ですが、参考にされてください。

納得いただけましたら、

プラス評価でお願いいたします。

質問者: 返答済み 4 年 前.
経済状況が急変とありますが、僕の場合、家族がもともと話す機会がなく、食事も家族みんなで食べたのも10年以上も昔のこと です。結婚するのに、それはいけないと思いましたし、祖母の医療費を孫である僕らにまで親が助けを求めてきたので、今の家の状況が気になったのもあって、家族会議を僕がやろうと声をかけ、実現しました。そこでその状況だったので、急変というのか僕が知ったのが遅かったというのか。それと、彼女からは家族会議を早くやって欲しいと以前から言われていたのですが、結局、顔合わせ直前になってしまったのもあるので、こちらに過失があることになってしまうのかが気になります。
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 4 年 前.

了解いたしました。

具体的なことにはお答えできませんので、回答権を放棄します。

弁護士の先生の回答をお待ちください。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

彼女からの慰謝料請求に応じなければならない可能性はあります。

質問者様が金銭の心配をして婚約を断ったということですが、これは彼女側には全く責任がないことです。
にもかかわらず、婚約が成立しているのを一方的に破棄したのであり、
彼女の慰謝料請求は認められる可能性は否定できません。

家族の金銭問題で結婚を諦めることが正当だとしてしまうと、
質問者様は家族の金銭問題が解決するまで一生結婚をしてはいけないということです。
そんなわけありませんよね。
ということは、婚約破棄に正当な理由があるとは言い切れません。


>この場合、僕の家族も結婚できない理由にあたり、結婚の邪魔をした第三者ということで慰謝料請求することができるのでしょうか?

慰謝料請求はされません。
もともと生じていた問題であり、彼女の結婚を積極的に妨害したわけではありません。


本件の場合、いくら長男とはいえ、質問者様が金銭問題を負担する義務はないのですから、彼女に愛があるのでしたら結婚することをおすすめします。
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験: 慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問