JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

mezasesakurasakuに今すぐ質問する

mezasesakurasaku
mezasesakurasaku, 平成25年6月末弁護士登録抹消確定
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 271
経験:  平成25年6月末まで弁護士業務(以降退会)
69318065
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
mezasesakurasakuがオンラインで質問受付中
法律

初めまして。 今、離婚と離縁について悩んでいる宮崎と申します。 私は37歳になる男です。 妻とは10年前に結婚

初めまして。
今、離婚と離縁について悩んでいる宮崎と申します。
私は37歳になる男です。
妻とは10年前に結婚して3年ほど前から別居しています。
10歳になる長女と8歳になる長男がいます。
結婚する時に長女ということで私が嫁方の親御さんに頼まれて養子縁組しました。
今回、離婚することになりそうなんですが、相手の親御さんに親権が欲しく離縁もして欲しいと言われました。
私としては親権にはこだわっていません。
ただ跡継ぎがいないので養子に来て欲しいと言っていたのに長男が出来たので離縁もして欲しいと言われたのに納得が行きません。
私なりに調べたら離縁するに至って何らかの名目でお金を渡すことが多いらしいので、その故を伝えたら、お金も払わないし親権も欲しいと言われました。
そして一方的に裁判すると言われました。
2年前に子供の扶養控除はこちらですると言われて、子供の扶養控除も嫁方の親が行っている状態です。
離婚の原因も嫁の浮気です。
こちらには非は無いです。
それでも離婚は仕方ないとしても、離縁についてこちらから何らかの請求は出来ない物なのでしょうか?
嫁方の親御さんは「子供の扶養控除もこっちでとっておいて良かった。裁判するからこちらまで来てください。」と言われました。
扶養控除をあちらに渡してしまったのは、私に不利になる条件ですか?
裁判するとしたら、相手方の方まで行かなければいけないのでしょうか?
嫁方の親御さんには離縁も離婚も裁判するので、子供とも会えないようにするとまで言われました。
私には弁護士を雇うお金もなく、法的知識も無く困っています。
どうかご教授お願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 法律
法律 に関する質問をする
mezasesakurasaku, 平成25年6月末弁護士登録抹消確定
満足したユーザー: 271
経験: 平成25年6月末まで弁護士業務(以降退会)
返答済み 3 年 前.

宮崎様、はじめまして。

 

弁護士をしておりますので、質問にお答えさせていただきますね。

 

 

まず、いわゆる婿養子の場合、
本来別個の関係である「結婚」と「養子」が、別個ではあるけれど密接に関連しているという関係になります。

 

養子を解消(離縁ですね)するには、協議か裁判しかありませんが、裁判の前には「調停」が必要となります(調停前置といいます)。
なお、結婚の解消(離婚)の場合も、同じです。

 

ですので、裁判、裁判と相手の親は言っているようですが、裁判ではなく、調停を申し立てられることになります。


なお、離婚のほうは、奥様があなたを相手方として調停を申立て
離縁のほうは、奥様の親があなたを相手方として調停を申立てます。
当事者でないと申立てはできませんので。

 

調停にしろ裁判にしろ原則として、人事関係の場合、申し立てたほうが相手のほうの近くの裁判所に行く必要があります。
相手の親が、調停をして、養子を解消したいのであれば、相手の親があなたのほうに行かなくてはならないわけで、貴男が行く必要はありません。

 

ただし、「原則」としてといいましたように、例外はあります。
今回ですと、「結婚」と「養子」が密接に関連し、離婚と離縁も密接に関連するのですが、

離婚調停の場合、まれに、お子さんがいるところの裁判所で調停が行われることになるケースがあります。
親権を争うことになると、お子さんと裁判所の教育関係のプロの人が面談をするなどすることがあり、お子さんを長距離移動させるわけにはいきませんので、そういう配慮をされることがあるのです。
そして、そうなると、離婚と離縁、同じ裁判所でしないと、困るでしょう、となることが、例外としてあるのです。


いずれにせよ、原則は貴男が行く必要はありませんので、
例外として、貴男が行くようなことになれば、

裁判所に、
「原則通り、管轄を、私の住所地の家庭裁判所にしていただかないと困ります。
基本的に、離婚のほうは、親権自体は争うつもりはありませんので、申立人の住所地で行う必要性はないはずですし、私は、平日に仕事をしており、ぎりぎりしか休みもとれません。」と反論を申立てて下さい。

 

 

ところで、離縁調停のなかみの問題、つまり、手切れ金の問題なのですが、今回の場合、法的にはきびしいです。
たしかに、離縁自体から精神的損害が生じ、それに対して、慰謝料という名目で金銭の請求ができるのですが、
今回、そもそも離縁の原因は、「離婚」にあり、その離婚の原因は、奥様自身にあり、
決して奥様の親にはない、と、法的には言われてしまうのです。
そして、奥様の親が原因ではないから、奥様の親が、金銭の支払いをする必要はない、となるのです。


とはいえ、このままでは、しゃくですので、
こちらとしては、「離婚」のほうで、法的に正当な請求を行って交渉を有利にもっていき、
実質上(あくまで実質上で法的には奥様からもらうことなるでしょうが)、
離婚のほうで、相手の親からの慰謝料をもらうというのが、よいかと思います。

 

なお、離縁というのは、法定の離縁原因というのが認められなければ離縁できないのですが、
(もちろん協議離縁は別ですよ。)
今回のようなケースでは、簡単にいうと、離婚が認められれば、離縁も認められ、
離婚が認められなければ離縁も認められないということになるます。


ここからが正念場です、

離婚調停での話し合いのもっていきかたを説明しますね。

 

離婚調停(裁判でも同じですが)の場合、協議とことなり、法定の離婚原因がなくては離婚できません。
そして、仮に離婚原因があったとしても、有責配偶者からの離婚請求は認められない、というのが基本的な流れです。

 

今回は、既に別居されてそれなりの期間が経過しているようですので、離婚自体はできてしまうのですが、
ただし、そもそも奥様の浮気が根本にありますので、
「有責配偶者からの離婚請求は認められない。」とこっちは離婚には応じないぞという態度を見せつつ、
もしわかれるのであれば、奥様の浮気に対する「慰謝料を請求する」という態度をとってください。
親権については、
「年齢等から母親が親権にいくのが普通だと弁護士から聞いており、無駄に争うつもりはないが、
子に対する愛はあるので、その点は絶対に疑ってほしくないし、分かれたあとも、ずっと子に会いたい。」
と言っておいてください。


奥様の浮気に対する慰謝料の額は、慰謝料というのはそもそも精神的な損害、あなたのお気持ちを慰謝するものですから
あなたが満足する額を請求してください。
奥様に対して、慰謝料を請求する気はなくても、ここで、実質上離縁のほうの慰謝料をとらなくてはなりませんので
そのあたりもお考えになって、請求してくださいね。


このあたりの話は、弁護士を雇われないのであれば、調停では
調停委員(調停の場にでてくる方たちです)に、包み隠さず、話したほうがいいと思います。
調停委員というのは、法律のプロではありませんが、社会経験のプロですから、全て包み隠さず話をして貴男の味方になってもらったほうが、交渉は断然有利になりますから。
逆に、相手の味方になられてしまうと、非常に面倒なので。

 

 

なお、調停で、不利になりそうなら、いつでも、調停は蹴ってしまえばいいです。
離婚したいのも離縁したいのも相手方なのですから、こっちは、どっしり構えて自分が言いたいことを言えばいいんですよ。


裁判となれば、法律に従って、裁判官がたんたんとすすめますので、
奥様に対する慰謝料請求で、奥様の親に対する慰謝料請求を行なうなんてことは、言えませんが(言っても認められませんが)
実質上は、奥様の親が金銭を出されるでしょうから、奥様に対する慰謝料請求が認められば問題はないかと。

 

最後に、扶養控除のはなしや、奥様の親が言っている子に会えないようにするとか厳しい内容にするとかなのですが、気にしなくてよいですよ。


扶養控除は単純に税金のはなしで、離婚や離縁が認められるかとか親権の所在とかあと離婚後子に会えるかとは関係はありません。
親が子にあうというのは、未成年の子の発育にとって必要なことで、祖母や祖父が何を言おうが関係ありません。
離婚後も引き取ってないほうの親が子に会えなくなるのは、
子の発育にとって会うことが有害(たとえば常に暴力をふるうなど)と判断されたような特殊なケースだけです。

 

厳しい内容というのも、調停でも裁判でも法律にのっとったことしかできませんので、奥様の親がなんといおうが関係ありません。

 

 

回答は以上なのですが、少々文章がながくなってしまいました。
わかりにくい点、追加で質問したい点等ございましたら、遠慮なく、返信機能でそのままご質問くださいね。

質問者の返答 返答済み 3 年 前.

お返事ありがとうございます。


大変参考になり勇気を頂きました。


嫁の浮気の証拠となる物は嫁に処分されて残っていない状況です。


証拠が残っていない状況では嫁の浮気が原因として、こちらが有利に離婚を進めることは出来ないのでしょうか?


 


ちなみに嫁は虚言癖があり、ばれている嘘でも平気で更に嘘を塗り重ねる癖があります。


例えば数年前に支給されることになっていた子供手当て?(子供が2人いたので10万円ほどが支給されるといったものでした)も 嫁が手続きを行ったと言いながら行っておらず、問いただしたら、もうすぐだと言うので待っていても支給されなかったので私が区役所?に問い合わせたら「手続きされていないので支給されない」と言われました。そのことを嫁に言ったら「個人情報なので、手続きした私にしか教えてくれない」と言いながら数日後に家の近所の名古屋銀行から入金がありました。私が名古屋銀行にどこからの入金か確認してもらったところ「記載されていた電話番号は電話しても現在使われていない番号でした」との返答を頂きました。区役所に聞いても「行政の行うことなので、そのようなことはことはありえない」と言われ再度、嫁に聞いても「知らない」と言うだけでした。


 


嫁方の親からは「あなたを一生、呪います。あなたが幸せにならないように、呪います」といったメールや嫌がらせと感じさせるようなメールが届きます。


はっきり言って精神的苦痛でしかありません。


これらはこちらの有利な状況として保管しておいた方が良いのでしょうか?


 


私としては嫁との離婚は致し方ないとしても、一人娘で跡取りがいないから養子に来てくれと言っておいて、跡取りとなる子供も出来たから出て行ってくれと言われては、何らかの形で金銭を請求出来ないと納得も出来ません。


親権が嫁の方になるのもしょうがないと考えています。


ただ今まで通り子供とは何の制限も無く会いたいし、子供の成人するまでの間の養育費についても嫁とは折り合いが付いています。


間に入って文句を言っているのは嫁方の親だけです。


嫁との離婚協議の場で私が「離婚する前に離縁の手続きが済んでから。離縁するにいたっては何らかの形でお金を払うことが通例となっていると聞いたので、考えてください」と言っただけで特に離縁の条件等は出していません。


それを嫁から聞いた親からメールで「弁護士に聞いたら払う必要はないらしいから払うつもりはない。離婚も離縁もしないなら裁判する。子供とも会えなくしてやる。どうするのが得なのか良く考えて」と一方的に言われました。


このようなことは脅迫にならないのでしょうか?


毎日のように来るこのようなメールで仕事も手に付かない精神状況に追い詰められています。


 

mezasesakurasaku, 平成25年6月末弁護士登録抹消確定 返答済み 3 年 前.

浮気の証拠が残っていない場合、それをもとに、不貞行為(およびそれに起因する離婚)から被る精神的損害についての慰謝料請求自体が認められることはないでしょうが、ただし、それを持ち出すことによって有利にすすめることは可能です。

なお、奥様が浮気を認めた場合には、証拠なんてなくても、奥様がいわば「自白」したことになりますので、これが証拠となり、慰謝料請求自体も認められます。

今回は、あくまで、このはなしを持ち出すことによって、離縁のほうを有利にすすめるというのが本来の目的ですから、その限りで機能すればいいんですよ。

ですので、証拠はなくても、調停委員に、「これは疑わしいな」とさえ思わせられるエピソードを「陳述書」のような題名で書面にしてだすのがいいかと思います。

(まあ題名は無題でもなんでもかまわないんのですが…)

 

ちなみに、奥様の虚言癖についても、調停委員に、できれば、「奥さん側が言っていることは疑わしいな」と思ってもらえるように、陳述書で、今回おしえてくださったようなエピソードを伝えればよいかと思います。

ただし、「虚言癖があります」というより、「自分に有利なように場当たり的な発言および行動をする傾向があります」と表現しておいてください。

 

お子さんとは、相手が会わせたくないといっても、「会うことは子どもの権利だと聞いています、私は、子どもが大切です、子どもに会いたい。」とはっきり伝えることが重要です。

何度でも言いますが、相手の親(祖父母)が会わせないというのは、子どもの権利を無視するとんでもない考え方ですから。

 

奥様の親だけが問題で、奥様とは争いたくないと思われても、

ここは心を鬼にして、がんばってください。

 

そのような発言(呪いますや、どうするのが得なのかよく考えてなど)は、確かに倫理的には問題なのですが、刑事上の脅迫という罪にまでは該当しません。

しかし、これまた、奥様の親のせいで、精神的損害を被っているということの証拠の一つにはなりえますので、有利な証拠として、メールなどは大切に保管しておいてください。

離縁調停では、それらのメールをだして、

「離婚と関係なく離縁されそうである、その原因は跡取りができたからだと考えられる、だから、離縁にともなう慰謝料を請求します。」と調停委員に申し立ててください。

 

仕事も手につかない、精神的に追いつめられる、とてもおつらい状況だと思います。

でも、そんな相手のために、貴男の貴重なお時間が奪われるのはだめだと思います。

それに、日本の法制度では調停をして裁判をしない限りは、離婚も離縁もできないのです。

相手の親は貴男を精神的に追いつめて、調停も裁判もせずに、自分たちの有利にすすめるようにと、メールをしているのだと思います。

ですから、調停のときだけ、そのことを考え、それ以外は、できるだけ、別のことに専念して忘れるようにしてください。

でないと相手のおもうつぼですよ。

 

ふんばりどころです、おつらいでしょうが、一緒にがんばりましょう。

質問者の返答 返答済み 3 年 前.

ご返答ありがとうございます。


嫁の親からは相変わらず、嫌がらせと思えるメールが着ていますが、「こちらとしては離縁してからでないと離婚しないし、離縁についての条件も聞いていないのでこれ以上、意味の無いメールに対しては返答しません」と伝えたら、「では離婚の裁判をします。離縁はしないからウチの苗字でいればいいわ」と言われました。


私は別に苗字に拘っていないので、どちらでも良いのですが、このまま離縁せずにいた場合、私にも遺産相続の権利はあるのでしょうか?


 


 


 

mezasesakurasaku, 平成25年6月末弁護士登録抹消確定 返答済み 3 年 前.

よかったですね、よい流れになってきましたね。

 

もちろん離縁しなければ、子ですから、その間ずっと相続の権利がありますよ。

 

もし、遺言がなくお亡くなりになれば法定相続分の権利があり、

遺言でたとえばすべてを貴男のお子さんに譲るという遺言があったとしても、遺留分とよばれる分の権利があります。

法定相続分は、配偶者が2分の1、子が2分の1(子が複数のときは子の人数で頭割りということになりますが)です。

遺留分というのは、それをさらに、2分の1することになります。

 

 

仮に、義理のお父様がなくなった場合で、資産が1200万、お子さんが貴男と奥様だとすると、

あなたの相続分300万円分、

あなたのお子さんに1200万すべてを譲るという遺言があったとすれば、

あなたの遺留分は150万円分

となります。

 

 

ちなみに蛇足ですが、離縁のときの手切れ金としては、想定される遺留分程度の額を請求してみるというのも一つの手ではあります。

請求しても法的に認められるものではないのですが、理屈としては、十分理にかなっていますからね(このまま離縁せずにいたら、どう考えてももらえるものだから、今無理やり離縁というのなら、その分先払いしてくださいよ、という話ですよね)。

 

とはいえ、このような請求をしますと、このような発言によって、なんだか守銭奴のように思われてしまい、そんなことを思われるのも癪ですから、単純に、これは金銭の問題じゃなくて、気持ちの問題です、というのは調停委員には念押ししておいたほうがいいとは思います。

質問者の返答 返答済み 3 年 前.


この前は返答頂きありがとうございます。


嫁の親が弁護士に相談したらしく、


「1、慣例として離縁にお金を払うことは無い。


 2、法律でもお金を払う必要は無い。


 3、弁護士の考え方としても払う必要は無い。」


と言われたらしく、しかしそれでは私が離縁にも離婚にも応じないと伝えているので20万円が妥当な金額と聞いたらしく、私にも20万円を解決金として提示してきました。


そして「応じるなら弁護士に合意書を作ってもらっているので押し印してください。応じないなら調停、裁判を行い離縁金は払わない趣旨で戦います。」と、言われました。


 


私としては20万円では応じる気はないです。


嫁の実家は長野の田舎(木曽町開田高原)と言えども3万坪を超える畑で農業を営み、家も8年ほど前に7LDKに建て替えています。


私は結婚する時に、私も長男でしたが、産まれてくる子供と嫁のことを考えて婿養子に入ったのに跡取りが出来たから貴方は必要ない的な嫁方の親の対応に納得が行きません。離婚の原因が私にあるのでしたら別ですが、離婚の原因は嫁の浮気によるものですし。


 


前回に教えていただいた法定相続分の遺留分を楯にどっしりと構えていて良いものなのでしょうか?


それとも20万円は妥当な金額なのでしょうか?


私としては幾ら貰えることになっても全て子供のために作った子供の通帳に子供が必要なときに使えるように蓄えて行きたいと考えています。


 


いつもご丁寧な返答には感謝しております。


どうかご教授お願いします。

mezasesakurasaku, 平成25年6月末弁護士登録抹消確定 返答済み 3 年 前.

お久しぶりです。

なかなかよい方向に向かっているのは、たしかですね、本当によかったです。

金額の問題なのですが、

初めに申し上げましたとおり、今回のようなケースでは、離縁の手切れ金というのは、法的には、きつい、というのが実際のところです。

つまり奥様の両親が相談した弁護士のいうとおりというのが、基本なのです。

そして、20万円というのは、離縁にあたって仮に手切れ金が発生する場合であれば、ごく一般的な相場です。

ですので、結論から申し上げますと、20万円は妥当な金額ということになります。

法定相続分の遺留分というのは、理屈では楯にできるのですが、請求しても、これまた、法的には認められないというのも、前回申し上げましたとおりです。

とはいえ、離婚が成立した後でなければ、離縁も認められない、というのも法的な結論ではあります。

ですので、今後、とる方針としては、離婚が成立後には離縁が認められ手切れ金も0円になってしまう、というリスクを抱えつつも、とにかく、精神的に納得できないということであれば、徹底的に調停でこちらの主張を行う、

もしくは、20万円より高い金額を請求して、20万円よりは、もう少し高額をもらって、今回のことにけりをつける、

といったところでしょうか。

私はあなたの味方ですので、正直に、申し上げますが、

婿養子の場合に婚姻関係破たん後の離縁の場合の慰謝料としては、こちらにかなり有利です、

法的に0円のところを、20万円という一般的な離縁の場合の慰謝料を払ってくれるわけですから。

何度も申し上げますが、今回は、浮気をした奥様とその相手こそが、あなたに、慰謝料としてお金を払うべきであって、本当は、奥様の親が、あなたに慰謝料をはらう法的な義務はないのですよね。

あとは、交渉でどこまでとれるか、ですから、交渉の面倒さ、あなたのお気持ちとどのあたりでおりあいをつけるか、ではないかと、思います。

質問者の返答 返答済み 3 年 前.

いつも丁寧なご返答ありがとうございます。


私は別に名字に拘っていないし、再婚も考えていないので、このまま離婚にも離縁にも応じないというのも手段としてありますか?


その際、離婚と離縁も協議?調停になり、そこで納得行く折り合い点に達しない場合は裁判になると思いますが、費用は幾らほど掛かるものなのでしょうか?


裁判に負けて金銭をもらえないことになってもよいと考えています。


しかし、負けた場合は裁判費用等は払わなくてはいけないものなのでしょうか?


嫁とは別居して4年ほど経つので離婚はしかたないにしろ、離縁まで成立してしまうものなのでしょうか?


離縁が成立しないならこのまま相手方が痺れを切らすまで、このままでいようと思うのは間違った考え方でしょうか?


 


いつも色々とご教授いただいて嬉しく思います。


 

mezasesakurasaku, 平成25年6月末弁護士登録抹消確定 返答済み 3 年 前.

いえいえ、あなたのお役にたつのが私の仕事なんですから。

 

まず、離婚と離縁ですが、

はじめに申し上げましたが、別居期間が長いと、法的に夫婦関係が破綻していると評価され、法定離婚原因ありとされ、そのため、裁判では離婚が成立する可能性が高いです。

もちろん裁判官が判断することですから、確実ではありませんが。

他方、離縁は、離婚が成立していると、婿養子のばあい、離縁が成立する可能性がとても高いです。

これまた確実ではありませんが、かなり高いです。

 

このような状況から考えますと、このまま離婚にも離縁にも応じない、というのは、調停ではできますが、裁判となりますと、なかなかきびしく。

 

そして、離婚成立後を考えますと、

相手がしびれをきらすまでまつ離縁しないというのは、間違った考えではありませんが、現実的ではないということになります。

離婚成立前ですと、あり、な考えなのですが。

 

 

で、費用のことですが、調停の場合は、払った方が負担します、ようは、申し立てたほうが訴訟費用を負担するということですね。

裁判のほうはですね、貴男が危惧されているように、敗訴したほうが、負担することになります。

離婚も離縁もそれぞれ2万円程度ではありますが。

なお、訴訟費用という言葉には、弁護士費用は含まれていません。

相手が、私は弁護士をつけて裁判をして私が勝って貴男が負けたのだから、弁護士費用も負担してくれ、とはいえません。

 

こちらが弁護士をつけた場合、調停、裁判、離婚、離縁、それぞれ20万から30万円といったところでしょうか。

もし、離婚調停、離縁調停、離婚裁判、離縁裁判、すべてを弁護士にまかせて、応訴してもらうと、80万から120万かかるという計算になりますね…

なお、あえて弁護士をつけて応訴をする必要はありませんが、調停はともかく、裁判で、徹底的に争いたいということであれば、精神的に、また時間的にも(平日昼間に出廷しなくてはいけませんから)裁判は、弁護士にまかせたほうがよいのでしょうね…

 

このあたりも考慮しつつ、どこまで、いつまで、徹底的にまつのか、争うのか、考えなくては行けませんね。

質問者の返答 返答済み 3 年 前.

いつも貴重な時間を頂きありがとうございます。


 


今日、嫁の親から電話があり、3人の弁護士に相談したところ、20万円と言う解決金も弁護士が言うには払わなくてよいとのことで無かったことにしてくれと言われました。


 


それとは別に「弁護士に聞いたら離婚の裁判にも口出し出来るみたいなので、離婚はしてもらいますが、離縁は長生きする家系だから私たちは長生きするから、そのまま死ぬまでこちらの姓でいればいいわ。」と言われました。


 


このまま養子縁組をしたままで離婚したとして、私に法定相続分の遺留分は何があっても入ってくるものなのでしょうか?


 


たとえ離婚・離縁でお金を取ることが出来なくても何の問題も無いのですが、嫁方の親は離婚した婿養子に遺産を渡したくないという思いで色々と言って来るように思えるのですが、法的にはどのようになるのでしょうか?


 


それと嫁の親が私の借りているアパートに子供に渡してある鍵を使って無断で入り、写真を撮ったと言っていました。


男の一人暮らしなので子供が来る日以外は散らかっているのですが、女性を連れ込んでいる訳ではないので特に怪しい物は一切ありませんが「離婚も秒読みで親子関係もない状態なので買っていに入らないでください。入るようなら不法侵入で訴えます。と伝えました。


このような場合も訴えることは可能なのでしょうか?


 


私の求める離婚・離縁の条件は、


1、解決金100万円(全て子供名義で作った口座に振り込んでもらい子供が必要な時に使うので、見たいならいつでもみせます)


2、子供は今まで通り集の半分はこちらで生活する。


3、再婚する場合は親権は私に譲渡する。


この3点ですが可能でしょうか?


 


これらを相手が認めた場合は公正証書として素人の私が作成出来る物なのでしょうか?


 

mezasesakurasaku, 平成25年6月末弁護士登録抹消確定 返答済み 3 年 前.

なるほど。

 

大丈夫ですよ、離婚に相手の親が口出しはできません、当事者ではないですからね。

陳述書のような形で、自分の娘は離婚していないという証言をするかもしれませんが。

 

で、離縁しない限り、遺留分は法定の権利ですから、絶対にもらえますよ。

こちらもご心配なく。

 

そうですね、警告しておいて、それでも侵入するなら、不法侵入罪で訴えることはできますね。

ただ、鍵をお子さん経由とはいえむこうが使っていますので、

不法侵入罪で訴える前に、鍵を変えておいたほうがいいですよ。

でないと、おそらく警察が真剣に対応してくれませんから。

 

離婚・離縁の条件、相手がのめば、十分可能です。

離婚とあわせて考えるなら、非常にまっとうな条件かと、思います。

浮気の証拠があれば、まっとうであることが客観的にも主張でき、相手の弁護士も説得できるんですけどね…残念です…

 

公正証書はもちろん作成できますよ、

なぜかといいますと、文書を作成するのは、公証人ですから。

公証人役場に電話して、このような契約で公正証書を作成してほしいとお願いし、で文案を作ってもらって、それでオッケーなら正式に公正証書にするという過程をふむんです。

 

文案の作成にはそれなりに時間がかかりますし、

正式な公正証書にする際には、当事者全員が公証人役場にあつまらなくてはいけません、そのため、日時を予約しないといけませんから、もう、公証人役場に電話しておいて、具体的な手順を考えておいたほうがいいかもしれません。

質問者の返答 返答済み 3 年 前.

いつもお時間頂きありがとうございます。


 


嫁の親に20万円の解決金を再度、言われたので、


「その金額では応じれない」


と返答したところ、


「そちらの要望金額を示してください。」


と返事が着ました(やりとりは全てメールです)


 


私としては離婚には応じても離縁は私に遺留分の法廷権利で貰える物があるのなら、このまま養子縁組をしたままでも良いと思っています。


 


ですので嫁の親には、


A:「貴方たちは離縁をしたいのですか?


離縁を望むのなら、私が本来相続する財産の50%に相当する額を望みます。財産目録があるみたいなので、算出してください。


私は別に離縁しなくても良いと考えています。


離婚には離縁しなくても応じる考えです。」


 


と返答するか、


 


B:「貴方たちは離縁をしたいのですか?


離縁を望むなら離婚と一緒に考えてます。


その条件は、


1、解決金100万円(全て子供名義の口座に振り込んでください。子供が必要になった時に使用するので要望があればいつでも見せます。


2、子供は今まで通り週の半分はこちらで生活する。


3、養育費は今まで通り折半する。


4、親権は譲りますが、再婚する場合は親権は私に譲るものとする。」


 


A、Bどちらかの案を条件に交渉していきたいと思います。


私としてはどちらになってもBの2、3、4は離婚もしくは離縁の条件としてしていきたいと思います。


 


A、Bどちらの条件でも私は構いませんが、どちらがこちらに有利になるものなのでしょうか?


また、このような条件で、もし裁判になっても戦えるものなのでしょうか?


 


よろしくお願いします。


 

mezasesakurasaku, 平成25年6月末弁護士登録抹消確定 返答済み 3 年 前.

いえいえ、お気になさらず。

でも交渉がすすんでいて本当に良かったです。

 

そうですね、正直なところ、Bのほうが、より良いかなと考えますよ。

 

なぜかといいますと、B案のほうは、離婚の条件もきちんと書いていますよね、ですので、離婚と離縁を一体化させたような形で交渉できているからです。

 

これまで申し上げましたように、相手が言ってきている離縁の手切れ金の金額は相場ですし、今回のケースですと離婚すると離縁の手切れ金は一切もらえなくても裁判上は離縁できてしまうというのが法的な落ち着きどころとなってしまっています。

 

ですから、あくまで裁判で戦うとしたら、離婚しない、離婚しない、ですすめて、で、それと同時並行で離縁の手切れ金なりを請求することになるわけですよね、となりますと、B案のほうがよりこちらの進め方にあっているかなと考えます。

 

再度申し上げますが、遺留分の請求はもちろん理論的には妥当ですし、相手を牽制といいますか驚かすことはできますが、裁判では(相手が言っているぐらいの金額が相場である以上)通りませんからね…

 

もちろん、ここらで一度相手を牽制するぞ、ということであれば、A案でしょうが…

質問者の返答 返答済み 3 年 前.


いつもありがとうございます。


 


B案を嫁の親に伝えようと思うのですが、裁判になると私が拒んでも離縁出来てしまうものなのでしょうか?


そして離縁となると1円も取れないまま終わってしまうということもあるのでしょうか?


嫁方の親が言うには「親子関係は破綻しているから20万円の手切れ金で合意しないなら1円も払わない方向で裁判までします」と言っています。


 


そして「裁判の時はこっちまで来てもらいます」と言っていますが、私が相手の方まで行かなければいけない状況になることはあるのでしょうか?


 


私としては裁判になっても私が拒めば離縁出来ないのなら、B案でとことんまで戦いたいと思いますが、裁判で嫁方の親が言っているように1円も取れないまま離縁となるようなら、裁判費用や時間のことを考えると20万円の手切れ金の話を受けるのが妥当なのかと悩んでしまいます。


 


しかし、私は長男で実親も私に跡を継がせるためにそれなりの用意をしてくれていたのを、一人娘を嫁にもらうために今までの全てを捨ててでも一緒になりたいと思い、養子縁組をしたのに、孫が出来たので、あなたは要らないというような形で放り出されるように離縁するのはどうしても納得が行きません。


 


 

mezasesakurasaku, 平成25年6月末弁護士登録抹消確定 返答済み 3 年 前.

こちらこそいつも長文で読みにくい回答を読んで下さってありがとうございます。

 

 

ところで、回答の内容が重複する箇所がありますが許して下さいね。

 

これまで申し上げましたとおり、離婚後であれば、離縁原因も認められてしまいますし、1円ももらえずに離縁されてしまうのが一般的です。

あくまで婿養子だからです。

 

ですので、どうしても手切れ金がなくては納得できないのであれば、何度も申し上げていますとおり、離婚してはいけないのですよ。

 

あくまで離婚と平行して交渉することによって法的にもらえる以上の慰謝料をもらうことで、せめて少しでもお気持ちを納得させようということですよね。

 

裁判の場所の話ですが、
原則として、人事関係の場合、申し立てたほうが相手のほうの近くの裁判所に行く必要があります。
ですから原則として貴男が行く必要はありません。

 

ただし、例外があります。
今回ですと、「結婚」と「養子」が密接に関連し、離婚と離縁も密接に関連するのですが、

離婚調停の場合、まれに、お子さんがいるところの裁判所で調停が行われることになるケースがあります。
親権を争うことになると、お子さんと裁判所の教育関係のプロの人が面談をするなどすることがあり、お子さんを長距離移動させるわけにはいきませんので、そういう配慮をされることがあるのです。
そして、そうなると、離婚と離縁、同じ裁判所でしないと、困るでしょう、となることが、例外としてあり、

この例外にあたるとして、こちらから行かなくてはならない、という状況も考えられないわけではありません。

ただし、可能性は低いですが。

 

精神的に納得がいかないのであれば、やはり調停と裁判で争うべきだと、私は思いますが…

とはいえ、調停にしても裁判にしても、弁護士を雇う費用と、遠方の場合ですと交通費がかかりますから、このあたりはもちろん考慮にいれなくてはなりませんよね…

 

弁護士費用は、調停でも裁判でも数十万はかかりますから…

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    2336
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    2336
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    388
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RE/remember2012/2012-6-21_145655_IMG088111.64x64.jpg remember2012 さんのアバター

    remember2012

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    80
    社会保険労務士事務所経営
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    25
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee7208 さんのアバター

    srlee7208

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    1
    早稲田大学卒業。 1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -
 
 
 

法律 についての関連する質問