JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
takatsukasaに今すぐ質問する
takatsukasa
takatsukasa, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 638
経験:  人事労務管理において18年間従事
61975128
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
takatsukasaがオンラインで質問受付中

タクシーの運転手ですが、不注意で車庫内で建てやぶつけて営業車を破損してしまいました。新車のだったので、社長が大変怒り

解決済みの質問:

タクシーの運転手ですが、不注意で車庫内で建てやぶつけて営業車を破損してしまいました。新車のだったので、社長が大変怒り、今後、車の修理代全額負担にすると運転手全員に書面で回覧しました。事故を起こした人は今までほとんど大きな事故を起こしてはいませんでした。修理代は20万円程度だそうです。修理代は全額負担となるのでしょうか。また、今まで、このようなことは無かったのに、急に全額負担を運転手全員に課すことが出来るのでしょうか。教えていただけますでしょうか。よろしくお願いいたします。高橋と申します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  takatsukasa 返答済み 4 年 前.
確かに社長からしてみると新車を破損したことは頭にくることだったのかも知れません。ですが結論か申し上げますと全額負担させることはできないでしょう。

理由としては、故意に事故を起こそうと考えているのであれば別ですが、通常は 不注意などの軽過失によるものです。これらは本人に不注意ではありますが、業務上において発生することが想定される例であり、想定される以上、使用者が対策を講ずるべきものだからです。

法律で定められているものではありませんので、最終的には裁判で白黒つけるしかありませんが、過去の裁判例をみても基本的な考え方としては、ある程度想定されるようなミスの損害は使用者が甘受するべき、仮に社員に重大な過失があっても、損害賠償額は制限される例が多いのが実態です。

このような話をしても納得してもらえないようであれば、行政などの第三者を挟んで話し合うことをお勧めします。

労働基準監督署に総合労働相談コーナーがありますので相談されたらよろしいでしょう。会社に対して都道府県労働局による助言・指導をしてもらうことができます。
takatsukasaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問