JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
mezasesakurasakuに今すぐ質問する
mezasesakurasaku
mezasesakurasaku, 平成25年6月末弁護士登録抹消確定
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 271
経験:  平成25年6月末まで弁護士業務(以降退会)
69318065
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
mezasesakurasakuがオンラインで質問受付中

初めまして、お世話になります。 すいません、教えて頂きたい事が有り連絡させて頂きました。 普通の会社員ですが

質問者の質問

初めまして、お世話になります。

すいません、教えて頂きたい事が有り連絡させて頂きました。
普通の会社員 ですが、一昨年にマイホームを購入しました。その際に会社の総務に手続きの仕方を聞きながら処理をし、又、税務署に対しての確定申告も問題無く済ませたと思っていたのですが、昨月に会社の総務より連絡が有り、会社の住宅補助解約の処理がなされていなかった為、それまでの分の支払いを言われました。確かにそれまでの給料明細を見返してみると住宅補助費が入ってましたので直ぐに支払ったのですが、総務からは会社の振込口座にいつまでに振込む様との振込先と、振込み手数料もこちらの負担との書類がまわって来ました。
あたかもこちらが不正に住宅購入の事実を隠蔽していたかの様な対応が理解出来ないのですが、おかしくないでしょうか?

誠に申し訳ありませんが、ご教授頂けないでしょうか。
宜しくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

はじめまして、弁護士をしております。

 

総務のほうをかばうわけではないのですが、決して、あなたに非があるから、そのような請求になっているわけではありませんよ。

 

なぜかといいますと、これは単なる不当利得返還請求でして、これは、不法行為にもとづく請求うとは異なり、あなたに非があるから請求をしているというものではないのです。

むしろ、あなたに非がある、つまり事実を隠ぺいして請求していたということであれば、さらに5%の遅延損害金を加えて請求してくるはずですし、「詐欺罪」ですから、当然「始末書」をきっちり書かせられるはずです。

 

 

根本的な非はむこうにあるのは確かなのですが、

給与明細にでていた場合、まったく見ていなかったというのは、通常の人としては、やや過失ありと言われかねませんので、

ここは、ぐっとこらえて、今後、もめごとにならないように、対策をしておきましょう。

 

自分は「住宅補助解約の手続きはしました」ということを総務にはっきり伝えておき(もし書面で受け取ってくれそうなら書面で、書面までは受け取ってくれなさそうであれば、録音しておけば問題ありません。)、

さらに、できれば、実際に解約の手続き対応をした総務の方にも話をきいて、その人に、あなたが手続きをしたということを発言してもらい、できればその発言をこっそり録音しておくほうがいいでしょう。

 

 

今は腹が立って仕方ないと思いますが、ここで必要なことをしておかなくては、あとで面倒なことになりかねませんので、ここはひとつこころを落ち着けてしておくべきことを冷静にしておいてくださいね。

 

 

回答は以上なのですが、不明な点、追加でききたい点等ございましたら、遠慮なく追加でご質問くださいね。

法律 についての関連する質問