JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4911
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

カリフォルニアに住む日本生まれの米国籍75歳の知人の問題です。2004年に日本に旅行にいき在日韓国籍の未亡人と知り合

解決済みの質問:

カリフォルニアに住む日本生まれの米国籍75歳の知人の問題です。2004年に日本に旅行にいき在日韓国籍の未 亡人と知り合い、結婚を約束、12月に其の彼女がロサンゼルスにきてで結婚届けを出し、それを持って日本に帰り、永住権を申請してこちらに来て一緒に住むはずが、亡夫の遺産の始末が出来る迄来られないといって来ず日本では永住権の申請も結婚届けもしていない。その間に日本で住んでいる家が競売にかかるからといって彼に競売になった家を買い戻すお金をださせそこに住んで現在にいたっている。その間に知人は2007年に肺ガンになり闘病生活に入り彼女を呼び寄せたが2週間で帰ってしまいそれ以降アメリカに来ない。2009年に癌が小康し日本に知人が行って話したが一緒に住む気はなく、かつ離婚も承知しなかったのでそのまま帰って来てきた。その後知人は癌再発以外に心臓その他の病気が出て記憶もおぼつかない状態で一人暮らしは出来ない状態となったが相変わらず此の女性は来る気がないし離婚は拒否している。
アメリカ人の弁護士にきいたら相手が日本に住んでいるし結婚して5年以上たっているので彼女が離婚届けにサインしないかぎり難しいといわれたが、此の結婚は彼女が遺棄している状態なのに彼女の同意がなくては離婚できないのか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お困りのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

相手の男性が、米国籍と言うことで、米国式の離婚手続きになると思います。

州によっても異なりますが、米国は裁判離婚が中心で日本のような協議離婚は無いので

最低でも日本で調停離婚をしないといけません。

その男性の余命にもよると思いますが

日本で、離婚調停を申立てて弁護士の先生に代理交渉していただくことです。

また、米国籍ですから、遺言が重視され、プロベート手続きも遺言執行人を指定して

してもらうよにして、相手の女性に相続財産が行かないようにすることも手かも

しれません。

米国では州によっては、1年程度の別居実績だけで、離婚ができることもありますので

とにかく、米国の弁護士の先生に離婚に向けて動いていただくことも大切です。

それと、単に財産目当てなら、離婚のための高額な慰謝料を提示してみるのも手です。

納得がいかないかもしれませんが、手切れ金と言うのも必要かもしれません。

頑張るようお伝えください。

質問者: 返答済み 4 年 前.

返答有り難うございました。要するに1。離婚はあきらめて其の女性に遺産がいかないようにする。2。充分なお金をあげることによって離婚に同意させる。という2つの方法しかないということでしょうか?


アメリカ人の弁護士には配偶者遺棄ということで一方的に離婚にならないかきいたのですが、相手が住所不明ならそうできるが住所がわかる場合はそれは出来ないといわれました。此の女性は在日韓国人で日本名も持っているのですが結婚届けには韓国名で書き入れているので韓国籍なのではと推察するのですが、日本人でない場合は離婚はもっと複雑になりますか?


 

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

在日韓国籍の方は、現在、日本においては微妙な立場ですが

ほぼ日本人として扱って問題ないと言えます。

仮に、ご相談者様の知人の方がアメリカにいなくとも

離婚問題においては、そう簡単には、双方に有責性が無ければ

離婚ができません。

離婚できずに悩んでいらっしゃる日本人の方も多くいます。

長い目で見ていく必要があります。

まずは、離婚前提として別居すると言う約束を取り付けて

婚姻費用だけ支払って、正式な別居実績を作ることです。

別居実績は、日本でも有効な離婚理由となります。

また、方向性が2つもあると考えた方が前向きでしょう。

日本では、遺言があっても遺留分の問題があり、遺産を完全に

渡さないことはできません。米国ならではです。

自分に遺産が行かないとなると馬鹿らしくなって、慰謝料で離婚に応じることも

ございます。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問