JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

私が建物を購入した人物が破産者になり、その破産者の破産管財人から書面で通知がきました。 内容は、私が購入した不動産

質問者の質問

私が建物を購入した人物が破産者になり、その破産者の破産管財人から書面で通知がきました。
内容は、私が購入した不動産は破産者名義なので破産管財人が管理すること、そして登記上私の名義になっていないので明け渡しをし なさいとのことでした。
私が購入した建物に対しての支払を証明できるものは、建物の売買契約書・銀行口座への振込み証明・固定資産税納付証明書(領収書)です。登記名義を変更する前に破産者となってしまい、登記変更はできていません。
このような場合はどのように対応したらよいのでしょうか。弁護士をたてて対応すべきでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

本件は、弁護士なしに対応できる案件ではないと思います。
破産管財人は、破産者の財産を増やす義務を負っていますから、
明渡しをしなければ訴訟を提起してくると思います。

登記名義と実際の所有者が異なることをもって破産管財人に対抗する必要がありますが、
単に「ほら、買ったんですよ。」だけでは難しいところがあると思います。

また、登記名義を質問者様に変更しなかった理由次第では、
いくら本当に売買契約を締結したといっても、
破産管財人にそのことを対抗することはできず、
建物の所有権を維持することはできません。

総じて、本件は複雑な事情がからみ、法律的にも難易度が高い事項ですから、
弁護士に依頼することをおすすめいたします。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
このまま質問を放置しても、質問者様には料金がかかります。

回答をお読みになったのであれば、適切な措置をとってください。

放置されても回答者は何もできません。
質問者: 返答済み 4 年 前.

実際、 管財弁護人に問い合わせたところ、購入事実はその金銭履歴と譲渡契約書にて信用性は高いとされましたが、その名義変更を含めて約100万円で手を打つようなことを言われました。はたしてこれは妥当性がある金額なのでしょうか?破産者とは、実際破産前に、こちらも司法書士を立て登記変更の依頼をしており、必要書類をすべて渡しており、捺印したのを頂くのみのところまでいっていたのですが、突然連絡が取れなくなり、今の状態に至った経緯があります。その時に変更していれば、50万くらいかかるとうかがっていたので、出来ればその額あたりでなんとか決着したいのですが、どうなんでしょうか?

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
破産管財人とすれば、高い金額を請求したいところでしょうから、いきなりそこで手を打たなくてもいいかもしれませんね。

額の妥当性は判断できません。
不動産価値や破産者の状況などによりますから、ネットで回答できる質問ではありません。

ただ、少なくとも「もっと安くなりませんか。」などと交渉してみる価値はあるということです。

法律 についての関連する質問