JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
mezasesakurasakuに今すぐ質問する
mezasesakurasaku
mezasesakurasaku, 平成25年6月末弁護士登録抹消確定
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 271
経験:  平成25年6月末まで弁護士業務(以降退会)
69318065
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
mezasesakurasakuがオンラインで質問受付中

借地に家を建てて50年以上住んでいます。 土地は亡くなった祖父母の時に祖母の弟の伝で借りたそうです。 祖父母が借りて

質問者の質問

借地に家を建てて50年以上住んでいます。 土地は亡くなった祖父母の時に祖母の弟の伝で借りたそうです。 祖 父母が借りて、3軒の家を建てて一軒に祖父母あとは貸家、その後祖母の弟に借家の一軒を借金の返済の代わりに家をあてたそうです。  一軒に祖父母一軒に祖母の弟一家、残りの一軒に祖母の妹がくらしていました。  地代は、祖母の弟が、取りまとめて払っていたようです。 私たちは、祖父母と一緒に両親と住んでいます。祖父母が亡くなり、祖母の妹が亡くなり、祖母の妹の家は祖母の弟が納戸?代わりに使用し地代も2軒分祖母の弟が支払っていたようです。私たちの家の分は父が祖母の弟に預けて一緒に地主に払ってもらっていたとのことです。 昨年祖母の弟が、亡くなり祖母の弟の家族も独立をして誰も住まなくなっていましたので、地主に土地を更地にして返すと祖母の弟の家族が地主に話したそうです。 地主は3軒分の土地が返される物として地主の息子が自分の住む家の設計を頼んだところ、私たちが住んでいることを知り、年末に祖母の弟の家族から立ち退いてほしいとの電話がありました。私たちが住んでいる家の名義は祖父のまんまです。立ち退かなくては、いけませんか?立ち退き料は貰えませんか?両親は80才を超えててここで死にたいと言っています。インターネットカフェからなのでアドレス持ってませんごめんなさいもう、出る時間です アドレス取っ手からまた、相談します。


 

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

はじめまして、弁護士をしております。

 

ご高齢のご両親さんのお気持ちよくわかります。

 

結論としては、法的には出ていく必要はありません。

 

説明しますね。

 

借地契約にしろ、契約というのは、当事者でしか解約できません。

契約に無関係の赤の他人が、解約しますといっても、法的にはなんらの意味はありません。

その祖母の弟さんのご家族は、その祖母の弟さんの家に関する借地契約については、解約します、土地は返しますと、申し入れすることができます。

その家を相続され、借地契約もまた相続しているので、その意味で、当事者だからです。

しかし、その祖母の弟さんのご家族は、あなたのご両親が住んでいる家の借地契約からすれば、当事者ではなく、無関係の赤の他人です。

あなたのご両親が住んでいる家は、祖父母のお二人がなくなったときに、あなたのご両親のどちらかが法的には相続しており、その家の借地契約もまた相続しています。

(なお、名義が祖父であっても、また地代を祖母の弟さんが持って行っても、これは気にしなくてもけっこうです。相続するかどうかは、相続人が民法に従って相続しますので。)

つまり、祖母の弟さんのご家族は、大家さんに対して、あなたのご両親が住んでいる家の借地部分を返しますなどとは約束ができないのですね。

 

 

そもそも祖母の弟さんのご家族が、すべての部分を返しますなどと申し入れたがどうかもわかりませんし(案外、大家さんが、単純に思い込み、もしくは、これ幸いと全員にでていってもらおうともくろんでいるのかもしれません)。

 

ですので、大家さんにたいしては、

祖母の弟の家族からどうきいたかはしらないが、○○(ご両親のどちらか一方、祖父母と血がつながっている方です)としては、出ていくつもりはありません、ときっぱり言いましょう。

 

それでも出ていけということであれば、相手がなんらかの方法(立ち退き料を払って示談等)をしようとしてくるはずですので、その際にも、出ていく気はないときっぱり断り、あなたのご両親が高齢でその家から離れることは困るということをきちんと伝えてください。

 

なお、交渉の結果、ご自宅をでることになった場合ですが、もちろん立ち退き料は請求できますよ。

 

建物の評価、立地の問題等もありますので、立ち退き料がいくらかは、専門家でないと正直わかりませんので、ひとまず納得できる立ち退き料を請求し、交渉してくださいね。

 

 

もし、これらの話でもめるようでしたら、最寄りの簡易裁判所に調停を申し立てて、調停の場で、大家さんとお話合いをされるのもよいかと思います。

調停は費用が安いですし、申立書には、もめごとの内容をたんたんと記載すればよいうえ、調停の場には、専門家(今回でしたら不動産鑑定士など不動産のプロ)も話合いに参加してくれますので、妥当な結論におちつきますので。

 

 

回答は以上ですが、不明な点、追加で質問したい点等ございましたら、遠慮なくご質問くださいね。

法律 についての関連する質問