JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
rikonnsouzokuに今すぐ質問する
rikonnsouzoku
rikonnsouzoku, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 246
経験:  弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
67515089
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
rikonnsouzokuがオンラインで質問受付中

婚姻4年目、去年11月より別居、子供3歳1人、現在離婚調停中です。 主人、私の年収は共に360万ぐらいです。 離

解決済みの質問:

婚姻4年目、去年11月より別居、子供3歳1人、現在離婚調停中 です。
主人、私の年収は共に360万ぐらいです。
離婚の原因、DV(子供、犬に対する暴言暴力、私に対する精神的苦痛)、不貞(探偵報告書にて証拠有ります)、主人と私は性行為3年なしです。
一回目の調停では不貞の証拠を調査官の人には見てもらい、証拠がある事は伏せて旦那に事実があるのか聞いていただいた所旦那は認めず親権、養育費の要求をしてきました。
旦那は全く反省している様子はなく、強気な態度でした。

私の要求としては親権はもちろん、養育費は途中の一時金など信用がないの
で子供が社会人になるまで5万、慰謝料500万を請求したいと思っていますが
現実難しい額なのでしょうか?

また2回目の調停をどのようにのぞんだらいいのかアドバイスいただけましたら幸いです。
宜しくお願い致します。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして、ありがとうございます。

家族関係専門の行政書士のrikonnnsouzokuでございます。

よろしくお願いします。
 ご相談者様におかれましては、大変なご状況にあるようで、心中お察し申し上げます。

このサイトは、「一般的な」回答をするものなので、

個別的な回答ができないものですが、ご容赦ください。

「慰謝料500万円の請求は現実難しい額なのでしょうか?」というご質問ですね。

慰謝料というものは、精神的損害(苦痛)を金銭に換算したものです。
まず、不貞の場合の慰謝料ですが、

・不貞行為の回数

・夫婦間の仲

・結婚歴

・離婚の有無

・収入

などによって左右されます。

また、DVも、暴力の程度・回数に左右されます。

なので、確定的な額はお答えできません。

ただ、

これらが原因で離婚する場合は100万~300万程度が多いところかと存じます。

もっとも、調停は話し合いですので、

相手方に資力があり、

相手方が納得しそうであれば、

それ以上の金額を請求することも、まったく自由です。

ただ、調停調書を作成して、これをもとに強制執行などをする場合でも、

相手方に財産がなければ、

「ないそではふれない」ということで、

空振りに終わります。

生かさず殺さずというわけではありませんが、

やはり、相手方が支払えるという意味での、

現実的な金額を考えるべきでしょう。

以上が、一般的な回答になります。

次に、「養育費につき子供が社会人になるまで5万は現実難しい額なのでしょうか?」

という質問ですね。

これも、上記の慰謝料と同様、

相手方が支払える現実的な金額を考えるべき、ということになります。

ただ、算定表というのがありまして、

ご相談者さまと相手方の双方の年収を比較して、

養育費の金額の目安を知ることができるツールがあります。

調停委員の方は、この存在を当然知っていますから、

委員の方が誘導してくださるでしょう。

ともかく、委員の方の指示にしたがって、

きちんと話し合うことが肝要と思います。

最後に、「2回目の調停をどのようにのぞんだらいいのかアドバイスいただけましたら」とのことですが、ここでも、一般的な回答になりますが、ご容赦ください。

まず、相手の悪口は言わないことです。

ただ、ご相談者様がどんなに苦労したか、

どんなにつらいか、については、調停委員に話して、味方になってもらいましょう。

服装や言葉使いも整えて挑んでください。

一般論ですが、ご理解いただけましたか?

よければ、プラス評価をお願いいたします。

質問者: 返答済み 4 年 前.
迅速な対応有難うございます。
深く感謝致します。

2回目の調停で不貞の証拠は相手方に伝えるべきでしょうか?

それとも先生のような弁護士へ説得を依頼した方が良いのでしょうか?

追加の質問申し訳ありません。
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 4 年 前.

こちらこそありがとうございます。

「2回目の調停で不貞の証拠は相手方に伝えるべきか」

という質問ですね。

一般的な回答になりますが、ご容赦ください。

調停期日は、どの期日も同じ扱いですので、価値が変わるということは、ありません。

訴訟では、証拠が決め手になりますが、

調停では、あくまで話し合いになります。

その観点からは、どちらでもよいように思います。

ご相談者様としては、相手方の強気がきになるところのようなので、

先制攻撃として相手方に伝えたい、というならば、そのようにされて良いと思います。

次に、「弁護士に説得を依頼したほうが良いのでしょうか」というご質問ですね。

弁護士は法律のプロですから、心強い味方になってくれます。

ただ、仕事としてやっている以上、報酬が発生します。

ですので、ご相談者様の経済的な状況との兼ね合い、ということころにはなるでしょう。

なかなか難しい判断だとは思います。

良い方向へ向かうことを、お祈りします。

質問者: 返答済み 4 年 前.

重ね重ね申し訳ありません。


 


弁護士への成果報酬は相手方へ請求出来ると聞いた事がありますが可能なのでしょうか?


 


調停員の方は相手方へ説得をして下さる事はないのでしょうか?


 


 

専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 4 年 前.

「弁護士への成果報酬は相手方へ請求出来るのか」というご質問ですが、

調停は話し合いですので、

支払いを強制できるわけではありません。

訴訟でも、裁判費用を相手方に請求できる場合がありますが、

弁護士費用は、請求できないのが一般のようです。

次に、「調停委員は相手方を説得をしてくれるのか」というご質問ですが、

これは、ご相談者様の主張に分があれば、

説得してくれることはあると思います。

ですので、調停委員を味方につけることが肝要です。

一般的な戦略とされています。

そろそろ、まとめていたけると、幸いです。

rikonnsouzokuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問