JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4965
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

現在自分で開発した「開運セラピー」を世の中に広めようと考えています。 その中で「奇跡を体験しよう」というキャッチフ

ユーザー評価:

現在自分で開発した「開運セラピー」を世の中に広めようと考えています。
その中で「奇跡を体験しよう」というキャッチフレーズを使おうと思っていますが、
そこで 質問です。
スピリチュアル的な開運セラピーの場合、
「奇跡が起きる」
「不思議なことがおきる」
「奇跡を体験する」
と断定的な言葉をつかった場合、法律に違反することがあるのでしょうか?
もし法律に違反するならば
「奇跡が起きるかもしれない」など言葉をぼかしたほうがよいのでしょうか?
あと「奇跡体験談」としてホームページにのせるのは違法でしょうか?

また、この開運セラピーを「心理療法」として扱おうかとも検討しています。
もし心理療法として扱った場合は、上記のような文言は違法になってしまうのでしょうか?
よろしくお願いします。

いつもご相談いただきまして誠にありがとうございます。

民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは、いろいろお悩みのことと思います。

基本的に、奇跡を体験したことを、ご自分でHP等に載せるのは問題ないと

思いますが、そのことで商売をはじめた場合

霊感商法や霊視商法等に該当しないかと言う問題がございます。

特に、心理療法と言うのは、医師法上は問題があると言えます。

よく、幸運のペンダントとかを買ったら、宝くじに当たったとか

雑誌の広告でありますが、あれも、下手をすれば詐欺のようなものです。

ただ、クーリングオフとかにも応じていますし、その手のお客様は

宗教的な信仰心が強く、騙されていることを信じなかったり

そもそも、日本の場合は、詐欺罪の立証が非常に難しいために

成り立っているとも言えます。

この手の参考になるのは、健康食品の広告です。

健康食品は大手でも、薬事法違反で警告を受けています。

その分、宣伝も巧みになっています。

奇跡を体験しようは良いと思いますが、体験できなかった時の

対応をどうするかです。

中には、インチキだとでも騒がれれば、商売は成り立たないでしょう。

前述の開運グッズの場合は、効果が無ければ返品に応じますとか

料金を返金しますと言う対応をしています。

その位の、予防策はしておかないと難しい商売だとは思います。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答ありがとうございます。


一点お聞きしたいのは


「心理療法が医師法上問題あると言えます」


とのことですが具体的に教えて頂けると助かります。


 


 

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

心理療法において、うつ病などの病名を特定して治療を施すことは

医師法に違反することになり、単に病院に行きなさい等のアドバイスや助言的なものぐらいしか

出来ないと言えます。

医学的なものではなく、心理学的な部分だけでの対応になるでしょう。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問