JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
gyoenlegalに今すぐ質問する
gyoenlegal
gyoenlegal, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 485
経験:  中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
70015703
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
gyoenlegalがオンラインで質問受付中

友人T氏に勧誘され儲け話に約940万円投資しましたが、結局投資先のM社が自己破産してしまいました。T氏はM社の正規代

質問者の質問

友人T氏に勧誘され儲け話に約940万円投資しましたが、結局投資先のM社が自己破産してしまいました。T氏はM社の正規代理店である、JK企画という会社を運営しており、既に報酬を受け取っているようで、今回の自己破産にもあまり困った様子がありません。退職金が入ったばかりの私を勧誘し、長い間の友人としての信頼関係をも裏切りました。私に対して一言も詫びの言葉もありません。 金銭消費貸借契約書は私とJK企画で交わしていますし、お金もT氏の指定する口座にT氏の名前で振込みました。M社からは回収出来ない事は理解できますが、T氏に返金を請求することは可能でしょうか?
ただし金銭消費貸借契約書は100万と400万の2通はありますが、17万5千と400万の振込分は作成してくれませんでした。銀行からの振込受付書は全部保管しています。
よろしくお願い致します
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
当方は司法書士です。

>M社からは回収出来ない事は理解できますが、T氏に返金を請求することは可能でしょうか?
→返金することは可能かと思われます。
JK企画との間で金銭消費貸借契約を結ばれているとのことですが、JK企画がT氏1人の会社など実質的にT氏個人に貸し付けたとも見ることができれば、裁判になったとしてもT氏に対して判決をとれる可能性はあります。
銀行からの振込みの受付書や一部ではありますが金銭消費貸借契約書もあるとのことで、証拠もありますので、T氏と完全に連絡が取れ なくなる前に、弁護士に依頼をして早々に動いてもらうことをお勧めいたします。

なお、相談された弁護士さんが信頼できないのであれば、他の先生に頼まれてもよろしいかと思います。
専門家に依頼する基準として信頼関係が構築できるか否かが重要です。
お金をかけて依頼するわけですから、納得できる先生に依頼されてください。
現在、弁護士報酬は事務所によって異なりますので、着手金についてももっと安く引き受けてくれるところはありますよ。

わからない点がありましたら、返信機能を使ってご返信ください。
gyoenlegalをはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

早速のご回答ありがとうございました。T氏は私のそばに住んでいます。家族もいますし、JK企画の他に仕事もしています。逃げられる状況ではありませんので連絡が取れなくなることはないと思います。ただ、JK企画はWebでの商品販売の会社です、資本金100万円とのことで、資産はあまりないと思います。


T氏個人としては土地、家屋、外車、マンションを所有しているはずですが、本当のことはわかりません。訴訟を起こしても返金できる財産がないなんてことにはならないでしょうか?私にももう金銭的に余裕がありません。訴訟をする以上は確実に取り戻したいのですが(もちろん全部とは思っていません)


取り戻せるのでしょうか?

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
>T氏個人としては土地、家屋、外車、マンションを所有しているはずですが、本当のことはわかりません。訴訟を起こしても返金できる財産がないなんてことにはならないでしょうか?私にももう金銭的に余裕がありません。訴訟をする以上は確実に取り戻したいのですが(もちろん全部とは思っていません)
→当然このような詐欺を働く方ですから返金できる財産がない可能性はあります。
ただ、T氏はそばに住んでいるとのことですので、住んでい る物件の登記簿を見れば、その家がT氏の所有であるかまた担保などついているかはご自身でも調べることができますので、まず確認されたらよろしいかと思います。
また、外車やマンションも所有している可能性があるとのことですが、マンションであれば場所さえ分かれば、同様に登記簿で判断することができます。
そういった財産状況を調べたうえで、ご判断されてもよろしいかと存じます。
法務局で登記事項証明書(登記簿謄本)をとるくらいであれば数千円で取得することができます。
T氏個人の資産から取り戻せるか否かは裁判所が判断しますので、絶対とは言えませんが、ただT氏個人も訴えて、勝訴判決をもらわなければ、そもそも強制執行ができませんので、その点はご理解ください。


質問者: 返答済み 4 年 前.

再度のご回答ありがとうございました。


できる限りの情報を収集して行動したいと思います。


お世話になりました。

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
ありがたいお言葉ありがとうございます。
また何かございましたら、お気軽にご質問ください。

法律 についての関連する質問