JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士事務所経営
64449363
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

今は普通になっていますが、雇用する前に3ヶ月のアルバイトの身分で採用して、その後、取締役会議で雇用するかどうかを決め

質問者の質問

今は普通になっていますが、雇用する前に3ヶ月のアルバイトの身分で採用して、その後、取締役会議で雇用するかどうかを決めるのは違法では無いでしょうか。普通は雇用した後3ヶ月は試用期間として、採用し、不適格者を排除するシステムだったように思いますが・・・。もしそれが合法だとすれば、さらに雇用した後、さらに3ヶ月試用期間があるように理解されますが、いかがでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

ご相談ありがとうございます。

 

>雇用する前に3ヶ月のアルバイトの身分で採用して

これが3ヵ月間の有期雇用であれば、その期間満了とともに労働契約は当然に終了します。

そして、そこで取締役会議などでその労働者を正社員として雇い入れるか否かを検討することは問題ありません。

しかし、過去の判例では、3ヶ月間のアルバイトのように雇用契約に期間を設けた場合、その設けた趣旨・目的が労働者の適性を評価・判断するためのものであるときは試用期間であると解されるのが相当であると判断されたケースもあります。

試用期間と判断されれば、取締役会議で雇用するかどうかを決めるということは解雇するかどうかを決めるということになりますので、その後雇用しないとするのは客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当と認められるものでなければ無効とされます。

一方、有期雇用の後の正社員採用にあたり、そこで新たに試用期間を設けることは問題ないとされています。

これは有期雇用と試用期間が前述の点で別物であることが前提となります。

専門家:  remember2012 返答済み 4 年 前.

こんにちは。

回答をご覧いただき、ありがとうございました。

まだ評価をしていただけていないようですが、回答内容にご不明な点、説明不足だと思われる点などありましたら、ご返信にてご指摘ください。

追加のご質問をしていただくには、回答を評価後、新たに投稿をしていただく必要があります。

サイトルールを守ってのご利用、何卒よろしくお願いいたします。

法律 についての関連する質問