JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
mezasesakurasakuに今すぐ質問する
mezasesakurasaku
mezasesakurasaku, 平成25年6月末弁護士登録抹消確定
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 271
経験:  平成25年6月末まで弁護士業務(以降退会)
69318065
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
mezasesakurasakuがオンラインで質問受付中

はじめまして。三好と申します。72歳の母親の事でご相談したいことがあり、書き込みをさせて頂きます。 「成年後見

解決済みの質問:

はじめまして。三好と申します。72歳の母親の事でご相談したいことがあり、書き込みをさせて頂きます。

「成年後見人制度」についてお伺いします。


一人暮らしをしていた母親が、友人や兄弟からお金を借り、利息をつけて支払いをしていたり、
ねずみ講のようなものにお金を投棄して、振込まれないお金をひたすら待っていたりしていました。

数年前にパーキンソン病を患い、痴呆も少し入っていると診断されて、熱中症で病院に搬入された後、一人暮らしは無理との診断を受け、現在介護ホームに入ってい ます。

施設費等は厚生年金、個人年金、母の持ち家の賃借料で支払いをしていますが、足りない部分は長男が支払いをしています。

長男が母親の借金等の支払いを済ませ、介護ホームに入ってからは以前の交友関係とは連絡が取れないようにしていました。

が、最近また以前の人たちと連絡を取り、お金が入用だと言い、年金を使うので「成人後見人制度」の申請を考えています。


もし申請が通った後の後見人の義務ですが、

①母が友人や兄弟に勝手にお金を借りて使ってしまった場合、その借入金の支払い義務等はどうなるのでしょうか。

②痴呆が入っていると言っても、普段は健常者と変わりありません。母の日常生活の中の事象で、後見人が負う義務に大きなリスクは無いのでしょうか。


今現在、申請はしておりませんが

③母が持ち家を売るので、権利所と実印を返してほしいと言います。担保が入っているため実際は売却できないのですが、本人に権利所と実印を持たせておいても問題は無いでしょうか。


以上、お手数ですがよろしくお願い申し上げます。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

はじめまして弁護士をしております。

詳細度高なのですが、質問がとてもまとまっていてわかりやすいので、コンパクトにお答えさせていただきますね。

追加で不明な点等ございましたら、返信機能で、遠慮なく追加でご質問ください。

それは、そもそも成年後見制度利用されたほうがよいですよ。

まず、そのようなケースでは、借入金の返済義務は、だれにもありません。

誤解をまねくかもしれませんが、そのご友人たちは泣き寝入りということなります。

なぜかと言いますと、成年後見の制度を利用すると、後見をつけられたご本人は、一人で有効に法律行為ができません、ここでいう法律行為とは、売買契約とか金銭消費貸借契約とかそのようなことをいいます、で、ご本人おひとりで売買契約とか金銭消費貸借契約などを締結しても、それは「無効」となります。

無効ですから、本当はかえすべき義務というのも「効力を生じない」、よって返還する必要はないということになります。

なお、使ってしまっているので、返すものがありませんので、その意味でも、何も返還するひつようはありません。

そして、この場合、後見人が、その返済をすべき義務を負うことはありません。

後見人が負うリスクというのは、そういう意味ではありませんので、とくに問題はないと思います。

不動産の件ですが、

たとえ担保で実質的にうれなくても、法的には売却可能ですから、非常にまずいです。

実印も権利証もご本人にはまかさないほうがよいと思いますよ。

質問者: 返答済み 4 年 前.


ご回答をありがとうございます。よく分かりました。


返答が遅くなり、申し訳ありません。


 


満足評価をさせて頂こうと思ったのですが、追加の質問をお願いします。


 


 


「成年後見人」の申請をして受理されるまでの間の事について。


 


 


申請後、受理されるまでの期間に母親が友人たちにお金を借りた場合、その返済義務は母親にあるのでしょうか。


 


母親に支払い能力がなければ、長男が支払わなければならないのでしょうか。


 


以上、お手数ですがよろしくお願いします。

専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.
厳密にいいますと、まだら痴呆のばあいですと、
痴呆の症状がでているときに契約すると、お母様に返済義務はありません。
ただ、症状がでてないときは、普通の人と同じですから、
返済義務はあります。

いずれにしても、長男さんな どご親族には返済義務はありません。
お母様の配偶者には原則として返済義務はありますが。
法律では個人責任が原則ですから、親族だからという理由だけで責任を負わせられることはないのです。
ただ、ご夫婦のばあいは、生活費を一緒に負担することになるので、
債務も連帯して負担しましょう、という特別の規定があるので。

というわけですので、その点はご心配なさらなくて大丈夫ですよ。
mezasesakurasakuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問